多くの人は、趣味や娯楽としてギャンブルを楽しんでいます。しかし、ギャンブルは産業であり、カジノでは毎日何人もの人が働き、その全員が様々な責任や仕事を抱えています。

もし数字に強く、ファイナンス全般が好きなら、カジノに関連した職種に就いて高額な給料をもらえるかもしれません。まずは、最も基本的な仕事をご紹介します。

会計スタッフ

このポジションには、カジノやゲーム会社の一般的な会計業務を行うため、会計の一般的な知識が必要です。従業員はインターンとして働き始めて、その後正規の会計スタッフとなり、将来的には上級会計士のポジションを目指します。

業務内容は、毎週の会計情報の収集から、収益向上計画の実行・開発まで様々です。基本的には、プレイヤーによる資金の出し入れの管理を担当しています。

会計スタッフとしての就職を検討する際には、このポジション自体はルーチンワークであり、あまり挑戦する機会がないという実情をよく理解しておく必要があります。

会計マネジャー

次にご紹介するのは、会計マネジャーです。会計に興味がありつつ、人との関わりたいという人には、会計マネジャーはぴったりのポジションでしょう。戦略の策定、作業の委任、新しい人材の採用などをサポートします。

また、会計マネージャーは、会計スタッフのメンターやコーチとしての役割を果たし、年次業績評価を監督します。ただし、カジノ業界で働くためには、ゲームと会計に関する知識が必要です。日常業務の大部分は、事業戦略と人間関係が中心になります。

調達スペシャリスト

会計マネジャーとは逆に、統計やデータを主に扱うのが調達スペシャリストです。数字を扱うのが好きな人、ゲームやカジノが好きな人にぴったりのポジションです。会計スタッフが提供した情報をもとに、購買や注文書の作成などを行います。

基本的には、企業などの請求書の処理を全て担当します。このような仕事に興味がある人は、ぜひ調達スペシャリストを検討してみてください。

会計アナリスト

調達スペシャリスト作成する請求書や予算、会計スタッフが収集する実績やプロジェクト計画、会計マネジャーが収集する個人データなど、全て分析は会計アナリストが担当します。

あらゆるデータを扱うため、統計学やギャンブル業界での専門性が必要です。会計アナリストがどう動くかで、個々のカジノや企業の経営が大きく変わってきます。

コントローラー(管理者)

ポリシーや規制、ルールの実行・規定が好きな人は、コントローラーのポジションが適しています。このポジションは、他の会計スタッフが行う全作業を監督・監視します。また、特定企業や機関、大型ゲーム施設やカジノのポリシーや規制、ルールを自ら検討して更新していきます。

コンプライアンスの観点から業績を評価し、不足分野について改善する責任を負っています。その名の通り、このポジションの大半はコントロールする仕事なので、向き不向きのある職種だと言えます。