ニュース・速報

マイイーサウォレット(MEW)再びハッキングに

crhome拡張機能ユーザーは要注意

マイイーサウォレット(MEW)で再びハッキング被害が確認されたようです。

Finte-Xでもお伝えしたように、マイイーサウォレット(MEW)は今年の5月に、DNSサーバがハッキングされ、MyEtherWallet.comにアクセスしようとしたユーザーがフィッシングサイトに誘導されるという事件が起きたばかりでした。

MyEtherWalletでDNSハッキングによるETH盗難MyEtherWallet,公式ツイッターでハッキングを認める https://twitter.com/myetherwallet/s...

今回はwebブラウザのクローム(Google chrome)拡張機能の(Hola)へのハッキングにより、マイイーサウォレット(MEW)が不正ログインされたようです。

マイイーサウォレット(MEW)の公式Twitterが以下のような注意勧告をツイートしています。

 緊急連絡!もしクローム拡張機能のHolaをインストールした上で、24時間以内にMEWを使っている場合、速やかに資産を別アカウントに移してください!

 

 


 Holaは約5時間ほどの間ハッキング攻撃を受けたという報告があり、その対象はアクティブユーザーに限定されるようです。

マイイーサウォレット(MEW)ユーザーの対策は?

拡張機能のHolaがクローム(Chrome)にインストールしている状態で、過去24時間内でマイイーサウォレット(MEW)を使った場合、保有しているトークンを即座に新しい口座に移してください。

前述のツイートの通り、クローム(Chrome)の拡張機能(Hola)は約5時間に渡りハッキングされているようです。

クローム(Chrome)の拡張機能(Hola)がプラグインされた状態で、マイイーサウォレット(MEW)へのログインはしないようにしてください。

マイイーサウォレット(MEW)への不正ログインにより資産を抜かれる恐れがあります。

また、Holaに限らず、無料VPN拡張機能を使用している場合も、同じく慎重な対応をすべきでしょう。