ニュース・速報

クラウドマイニングのハッシュフレアがサービス中止

仮想通貨クラウドマイニングサービスのハッシュフレアは20日にマイニングサービスを中止したことが明らかになりました。

サービス中止の理由はマイニングによる収益を生み出すことが困難なためであり、現在のSHA-256契約のハードウェアをシャットダウンしているとアナウンスしました。

ハッシュフレアは、2013年にエストニアで創設された仮想通貨クラウドマイニング プラットフォームです。クラウドマイニングは、クラウドマイニング サービスプロバイダーが所有及びホスティングするハードウェアのマイニングパワーの一部を、ユーザーが購入するシステムです。サービスプロバイダーはハードウェアの設定、稼働時間の維持、及び最も効率的で信頼性の高いプールの選択を行います。統計がスマホアプリで詳しくわかったり、少額から投資可能なことから、初心向けのサービスとして人気がありました。

HashFlare(ハッシュフレア)のメリットは複利効果にある? 引用:https://hashflare.io/ ハッシュフレアはエストニアに拠点を置く大手クラウドマイニング企業です。そもそ...

マイニングのメンテナンス中止を決めた理由は、市場の価格変動が低迷する中で、同社が利益を上げるのが難しくなったためということです。ハッシュフレアの声明によれば、過去1ヶ月にわたり契約の支払い額がサービス手数料を下回ったため、ユーザーの残高に収益を計上することができなかったようです。7月18日現在、28日連続で支払額がメンテナンスコストを下回っています。

以下が同社の公式声明になります。

生じている問題を解決するため、考えうるあらゆる努力をしてきました。例えば、メンテナンスや電力に関する経費を引き下げることのできる、さまざまな技術的ソリューションを検討を続けてきました。ビットコインマイニングで収益を上げられない状況が続く中、当社は18年7月18日にSHA仕様の機器を停止し始め、本日7月20日、アクティブなSHA-256契約に対するマイニングサービスを保留せざるを得なくなったことをお知らせさせていただきます。

ハッシュフレアは19日、KYC(顧客確認)及び反マネーロンダリング基準に確実に従うため、ユーザーは「本人確認手続きを受ける」必要があると発表し、確認を受けたユーザーは、1日及び1ヶ月あたりの引出し上限額を増やすことができるとしていました。

今年の3月には、手数料が30%OFFとなり、黒字化の目処が立ったと言われていたサービスだけに今回のニュースは残念でなりません。


ハッシュレートを購入できないとか、マイニングした仮想通貨を引き出せないなど不満の声もあったので、運営が順調であるのかも不安視されていました。

また、大手がこのようにマイニング事業から撤退する中で、Gincoのように果敢にもマイニング事業をスタートする事業もあることから、ビットコインを筆頭する仮想通貨の価格が低迷したことが、サービス停止の直接の理由とは限らないとも考えられます。