フィンテック

ブロックチェーンによる新技術が保険業界に革新をもたらす

いざという時に役立たない保険業界に

私たちは、将来の不安や家庭のことを考え「保険」という火災や交通事故などの事象に備えていますが、ほとんどの人は必要な時にアクセスすることが出来ていません。

担当者との連絡やり取りや、契約において不備が生じるなど、スムーズに進行しなくて苦い経験をした人も多かったのではないでしょうか?

どうしても対面での取引ですとアクセス上で問題が生じてきますが、ここにスマートコントラクトやブロックチェーンを利用することで問題解決しようと取り組みがあります。

Etheriscをはじめとするブロックチェーンで画期的な保険商品を提供したり、取引所や感想通貨関連企業に保険を提供する大手のAONなど、今保険業界では仮想通貨ブームが到来してます。

保険業界における伝統的な問題とは

現在市場に出回っている保険商品は、配給主導型と呼ばれるものであり、保険会社は顧客の選択を制限することで保険契約の設計やマーケティング、管理におけるコストを削減して大衆市場に合わせた販売を行なっています。

しかし、保険が発祥した産業時代からの典型的な販売方法はもはや通用しません。

専門保険と呼ばれる、それぞれのニーズに合わせた保険は実用的な選択が広がりますが、より高い手数料と、保険料を支払わなければいけず、専門分野である「特許」や、会社関連になってくると高価であり排他的になります。

ほとんどの保険形態が災害保険(洪水、地震保険)や、病気(ガン)など含まれます。

しかし、洪水の場合ですと賃借人は保険対象となるもの全てを把握するのに、費用がかかり、一帯が巻き込まれていた場合は不可能に近いです。

保険会社はそれらの標準化されていないリスクを考慮し、ブローカーの手数料や管理コストを追加するため、支払う側からすれば考えられない保険料になるわけです。

大衆市場の政策と、専門保険との間に大きなリスク

保険はそれぞれのニーズに合わせて多様多種になりましたが、いまだに途上国・先進国の下層においては保険に未加入で、適切なリスク対策へのアクセス不足が深刻化しています。

自然災害のような致命的リスクの場合、2兆9000億ドルの損失が予想されており、経済的損失の30%を超えており、自然災害のリスクが高い国ほどカバー率が極端に低くなっています。

スイスにおける保険専門の研究者によれな、平均80〜100%の経済的損失は保険でカバーできない結果、気候変動や災害によるに病気・絶望・暴動が生まれ大規模な崩壊に繋がるかもしれません。

いくら将来の不安要素を消せず、災害発生後の保険会社ばかりを責めるのは不適切なのかもしれません。

現在のシステムにおいて、十分なインセンティブがなく、リスクと保険を解決方法をモデル化できず、グローバル市場規模が大きいことから主に保険商品は大企業や富裕層のみ利用されていました。

Etheriscが保険業界に革命を起こす

これらの保険問題を解決するためには、人々の多様なニーズを満たせるカスタマイズ化できる保険になります。

ブロックチェーンと呼ばれる技術により、伝統的な保険業界は根本的な移行が行われようとしており、これは保険の仕組みを改善するチャンスです。

Etheriscでは

  • 飛行機遅滞
  • ハリケーン被害
  • 仮想通貨ウォレット

などカスタマイズされた製品を簡単に作成できます。

今年に入り、Etheriscがオープンソースインフラストラクチャに基づいた世界初となるブロックチェーン型Hurricane insurance(ハリケーン被害を対象とした保険)を発表しました。

暴風雨は突発的なものあり、発電機・水・医薬品・必需品の不足がより多くの死を招き、保険加入者は被害に遭った家屋やアパートを数ヶ月間掲示して保険の支払いを待っている状況が続き、養うための収入源が途絶えることは珍しいことではありません。

Etheriscなら、数ヶ月間待たなくても、数日もしくは数時間で済ませれます。

オープンソーススマートコントラクトテンプレートを使用することで、HurricaneGuardと呼ばれる新製品を開発し、高速ハリケーン風力を正確に測定し、正しい保険代を支払う、独自の保険を構築しカスタマイズに成功しました。

これは、被害を調査して支払い保険額を決める高額な人件費を削り、スマートコントラクトでサービス運営していく為に衛星が役立ってきます。

引用:https://blog.etherisc.com/how-we-can-rebuild-insurance-together-to-make-it-more-accessible-and-fair-a89345a21273

このように、ハリケーンがどこを通って、どれほどの家屋が崩壊したのか緻密に計算する為、迅速に対応できます。

また仮想通貨専門にカスタマイズされた新たな保険商品のラインアップを今年中に発表する予定で、主要な仮想通貨貸し手を集め、リスクの高い部分を共有し利益を妨げるボトルネックを排除するものになります。

創立メンバーには、

などこれからの時代を担うICOプロジェクトメンバーが名を連ねています。

保険商品の裏で流れてる資金の流通

引用:https://blog.etherisc.com/

上の図をご覧ください

まずInsureds(被保険者)は、遅滞による飛行を保証してもらうために、$1,000の保険料を支払います。

Sovereign Workers(労働者)は、開発者からデータ科学者、起業家など共同で保険商品を開発し、流通させて収益を上げています。

その対価として自身のEthereumアドレスへ報酬を送金してもらっています。

Sovereign Investors(投資家)はこのモデルの中で、様々なリスクのあるリスクプールトークンを購入して、災害リスクを背負う代わりとした利息を獲得します。

Etheriscが優れている点

改めて従来の保険会社とEtheriscの相違について確認しましょう。

Etheriscは、高額な保険料の元凶である仲介人や間接費を必要とせず、レントシーキング(rent-seeking)と呼ばれる政府や官僚へ自らが都合の良いように配慮してもらったり、利益相反を減らしています。

もちろんブロックチェーンベースのスマート契約を使用している点は重要です。

わざわざブロックチェーンを活用するのはリスクを排除するのではなく、保険数理や、統計によるリスクエクスポージャー(リスクに晒されている額)を明確にするためです。

そのため、新製品の保険を市場に投入時間を短縮し、多くの人がリスクを共有するリスクプーリングの取引コストを削減します。またオープンソースのため人々は保険制約の発行や請求管理するために、自由に変更することができます。

これによりニッチで経済的ではないと考えられたリスクに対し確実に対処できるため、地域を問わずに保険による救済を得れます。

保険業界が仮想通貨業界に参入予定か

スマート契約を利用し、新製品の市場投入時間を短縮することで、リスクを共有する取引コストを大幅に削減できる利点をこれまで述べてきました。

これらの取り組みが典型的なリスクと、専門的なリスクにおける

  • 信頼性
  • コンプライアンス
  • 顧客満足度

を大幅に提供することにつながり、一部の人間が受ける保険が不適切な問題が解決され、起業家や個人が保険商品のデザインを可能にし、平等な環境を提供します。

また保険業界において、複数の大手保険会社が仮想通貨企業の保険を大変興味深く調査してます。

保険会社、特に保険引受は大体的に宣伝されていないが、かなり大きい業界であることに間違いありません。

現在、仮想通貨業界は無法状態といっても良いほどで、取引所による混乱やICO詐欺が蔓延しており、今年の仮想通貨取引所のハッキング事件の件数は、既に今までの年間件数を上回っています。

そんな問題をチャンスとして捉えている保険会社が名乗り上げています。

仮想通貨の保険を引き受けする際、最大で一般企業の5倍の保険料が請求できる場合もあり、収益に悩む企業にとっては願ってもないチャンスだといえるでしょう。

既に上場済みである米国保険会社のMarsh and McLennanはICOの間、又はICOが済んでる仮想通貨スタートアップのサポートを開始しています。

同じく大手保険企業であるAONは、仮想通貨関連の保険市場の50%のシェアを占めたことを発表しました。

損害保険を提供するAIGもカストディアン・サービスや取引所と取引を進めていますが、保険会社はどの企業と提携しているかは明確にしていない為、具体的なサービスは明確化されてません。

おそらく、2018年にハッキング事件が多発しており、ICO企業の保険に関する過剰宣伝がブランディングに悪影響を及ぼすのでしょう。

金融業界はすでに仮想通貨よりもブロックチェーン技術の方が可能性を見出しており、現在の仮想通貨領域で保険が不足している状況を大きなビジネスチャンスととらえています。

デジタル資産は今後さらに普及し、この分野で新しい保険商品や補償特約を提供していき、Allianz’s社は昨年から、仮想資産が盗まれた際の個別補償を提供し始めています。

保険会社が仮想通貨に関わる事業を展開していけば、仮想通貨に信頼性が増し世の中からの信頼性を獲得できることに間違いありません。

私たちが使ってる日本円も、保証されているから気軽に使えるのであり、仮想通貨にも保証されれば当然利用頻度は高まります。

保険会社が今後どのように仮想通貨企業向けの保険を用意していくかは注目する必要があるでしょう。