ニュース・速報

Bibox(ビボックス/BIX)とHuobi(フオビ/HT)が独自トークンを相互上場へ

ついに取引所同士でトークン通貨同盟か?

仮想通貨取引所Bibox(ビボックス)と、Huobi(フオビ)は7月24日に双方の取引所トークンの預け入れ、引き出しに提携をし、7月26日16時より以下の取り扱いペアを公表しました。

Huobi

  • BIX/BTC(ビットコイン)
  • BIX/ETH(イーサリアム)
  • BIX/USDT(テザー)

Huobi公式発表ページはこちら

Bibox

  • HT/BTC(ビットコイン)
  • HT/ETH(イーサリアム)
  • HT/USDT(テザー)

Bibox公式発表ページはこちら

 

主要な仮想通貨取引所のほとんどが、自社ユーザーへのインセンティブとして自社トークンを発行していますが、別の仮想通貨取引所へ上場するのは初めてになります。

つまり取引所独自のトークンが別取引所でも購入ができて、仮想通貨取引所間の障壁が無くなりつつあります。

取引所という小さな経済圏が、各取引所間でのシナジー効果により爆発的に拡大するため、仮想通貨の流通量・発展に大いに貢献できる画期的な出来事になるでしょう。

日本語対応の仮想通貨取引所Huobi(フォビ)とは?その特徴や登録方法大手仮想通貨取引所「Huobi」とは? 引用:Huobi公式サイト Huobi(フォビ)とは、香港に本社を置く2013年設立...

業界最安の取引所Bibox(ビボックス)とは?

Bitboxは2017年11月から世界で初めてAI(人工知能)を用いたサービス提供する仮想通貨取引所になり、専門家やユーザーから好評を得ています。

またTOP画面のUI(ユーザーインターフェース)はどこか大手仮想通貨取引所を思い出させるような印象があります。

取り扱い通貨数56種類
通貨ペアETH建て:56種類
BTC建て:56種類
USDT建て:10種類
DAI建て:2種類
取引手数料メイカー・テイカー:一律0.1%
※Biboxトークン(BIX)での支払いで0.05%
入出金手数料入金:無料
出金:通貨により異なる
通貨ごとの出金手数料一覧はこちら
トレードの種類現物取引
信用取引(最大レバレッジ3倍)
C2C取引プラットフォーム(LinkCoin)
アプリスマホ:iOS、Android
デスクトップ:Windows、Mac
API×:現在は動作していないようです。
https://api.bibox.com/APIリファレンス
https://github.com/Biboxcom
公式アカウントFacebook
Twitter
Reddit
Instagram
Telegram

Biboxの取引量は世界トップ10に

  • エストニア
  • アメリカ
  • カナダ
  • 中国

など10カ国以上の地域に業務センターの設置も行っており、取引所の出来高は中国の中堅取引所レベルといったところでしょう。

BINANCE(バイナンス)や、Kucoin(クーコイン)にはない独自な銘柄を数多く扱っており、スマートフォン用アプリによりスマホからのトレードが出来るのも大きな特徴です。

Bibox iPhone App

Bibox Android App

Bibox 独自トークン「BIX」

Biboxの取引所で発行されてる「BIX」はEthereum ERC20をベースに発行されており、保有するユーザーは

  • Biboxの取引手数料
  • 主催イベント参加費
  • ICOトークン購入代金の支払い

などの支払いに用いる事が出来ます。

利用における5つのメリット

  1. 利便性に優れており、日本の取引所に近い感覚で利用しやすいインターフェース
  2. 手数料が0.1%と安く独自通貨保有で半分の0.05%になる
  3. 取扱通貨の種類は56種類という豊富さ
  4. 専門チームがICOを厳選する「Bibox365」サービスにより判断の指針に
  5. 紹介報酬制度により招待した人の手数料の50%が永久的に支払われる

注意点

残念なことに、現時点では日本からはアクセス不可になっています。

Huobiが発行するHTトークンとは

引用:https://www.huobi.com/en-us/

Huobiの詳細についてはこちらの記事を参照してください。

日本語対応の仮想通貨取引所Huobi(フォビ)とは?その特徴や登録方法大手仮想通貨取引所「Huobi」とは? 引用:Huobi公式サイト Huobi(フォビ)とは、香港に本社を置く2013年設立...

Huobiが発行するトークン「HT」は取引所の運営において必要不可欠であり

  • 取扱銘柄のリスティング投票権
  • ICO主催者の取引所に対する保証金
  • プロジェクト収益の一部配当を受けとる権利

と、保有によるメリットが大きいことが分かります。

HuobiではBIXトークンのペアは以下の通りになります。

  • BTC
  • ETH
  • USDT

仮想通貨取引所の今後歩むべきものとは?

今回のBiboxとHuobi間におけるトークン相互取扱は仮想通貨取引所および、ブロックチェーン業界全体に大きな影響を及ぼすでしょう。

つまり取引所の一極化を防ぎ、業界全体の強調や連携の強化だけではなく、両トークンの流動性が高まれば価格と信頼性の向上により両取引所のイメージアップにつながります。

しかしトークンを発行した取引所上で保有しているからこそのメリットがあったことから、他の取引所でも同じくメリットがない限り、ユーザーは購買意欲が高まることはないでしょう。

また取引所同士は今後連携サービスを取ることにより繋がりが強くなる一方で、集権化による不正も否定できません。

これからは、オリジナルトークンを発行している仮想通貨取引所の行く末に注目が集まります。