ニュース・速報

GoogleがChromeウェブストアからMetaMaskを削除騒動

イーサリアムユーザーにとっては混乱の1日でした。

GoogleがMetaMaskをChromeウェブストアから突然削除しました。

事前にgoogleから、なんの警告も連絡も無く、ユーザーも運営側も大混乱に陥りました。

このDappブラウザの拡張機能アプリは、AndroidとChromeのマーケットプレイスから、削除理由や、普及させるための条件、またいつ頃普及させられかなど、一切の連絡はないそうです。

今回の事件を順を追って見ていきましょう!

MetaMask(メタマスク)の使い方。今後、必須になり得るWEBウォレットイーサリアムトークンを保管できるメタマスクとは 引用:https://metamask.io/ メタマスク(MetaMask...

MetaMaskは7月25日(水)のTwitter上で次のようにツイートしました。


”MetaMaskはChromeウェブストアから削除されました。なぜこのような状態になったのかは不明で、私たちはより多くの情報を得られるように全ユーザーの情報を更新します。Chrome以外のブラウザは影響を受けていません。”

現在、MetaMaskは従来のウェブブラウザと分散型ネットワークとの間のインターフェイスを提供するため、イーサリアムのメインストリーム化において非常に重要な役割を果たしています。MetaMaskを使う場合、フルスペックのブロックチェーンノードを実行せずにユーザーはブラウザ内のDApps(イーサリアムの)にアクセスできます。

イーサリアムやその他の分散型フレームワークが普及するまでは、MetaMaskのようなインターフェース最も重要な役割を果たすことになるでしょう。

Google Chromeウェブストアによる突然の不可解なデリートにより、拡張機能がインストールされていないクロムユーザーは、イーサリアムのDappsにアクセスすることがさらに難しくなり、イーサリアムを使い続けることが難しくなっています。

Mozilla Firefox、Opera、Braveを含むMetaMaskを実行できる他のブラウザは当面、今回のGoogleによる独裁的な”粛清”の影響を受けません。

Twitterにて、MetaMaskは事態を楽観論に捉えているものの、現状を迅速に解決に努めていることと、既存のMetaMaskユーザーは当面はサービスを正常に利用できることを公表しています。


”今回の影響は、登録期間が比較的浅いユーザーにのみ発生しているようです。MetaMaskのアップデート期間前に(アップデートするにはCrhomeストアで再登録が必要なため)今回の問題が解決されることを願っています。

事態が今後もどのようになるかはっきりはしませんが、MetaMaskは、Google側が手を差し伸べルことにより、問題をすばやく解決できることを期待しているようです。

”GoogleがクロムストアからMetaMaskを除外している間に関しては、お手数ですが次のガイドにしたがって、手動でダウンロードをお願いします:次のブラウザユーザーの方は大丈夫です@[email protected]@bravehttps://t.co/11ElxRgjDL

この間に、MetaMaskユーザーは、この不可解な状況に戸惑い、不満を打ちまけるためにTwitterにやってきました。

ユーザーの中には、今回の削除騒動の原因は、キーワードの検閲が高機能過ぎて(現在はGoogleは仮想通貨、特にICO系のワード検閲を強化している)単純に勘違いをしているだけのではないかと推測している人もいます。


”クロームって仮想通貨系の特にマイニングアプリ禁止してるよね?自動検閲やってるから似たようなマイニング禁止ワードと間違えて反応してbanしただけじゃないかな”

Googleがついに仮想通貨広告も条件付きで容認かコインベース社が、広告第1号として認定 Googleが仮想通貨の広告を禁止してきましたが、24日に米国大手取引所、Coinba...

一方で、この状況がChromeからBraveなどの他のブラウザに移行する絶好の機会だと、Googleに対する怒りを露わにするユーザーもいました。


”さよならCrhome、こんにちはBrave。さよならグーグル、こんにちはPresearch。さよならインスタ(Google傘下)、こんにちはLit。”

この中で、MetaMaskとAugurの運営サイドは、ハッカーがこの混乱に乗じて、MetaMaskを偽装するフィッシング詐欺アプリをAndroidストアに置いて、さらなる混乱を招くのではないかと心配しています。

”現在グーグルストアにあるMetaMaskのアプリはスキャムです。本当のMetaMaskはGoogleに原因不明の削除をされているのでご注意を!”

問題の終結は突然訪れました。


26日、午前4時46分にMetaMaskからTwitterにて上記のように報告があり、Chromeウェブストアに無事MetaMaskが復旧したことを告げました。今回の経緯については、後日正式にMetaMaskより報告するとのことです。

こうして、様々な憶測を呼んだ削除騒動は幕を閉じています。