仮想通貨

Zaif(ザイフ )トークンとは?その将来性と今後の展開

巷で話題のトークンとは

仮想通貨関連のニュースでは、「トークン」という単語がよく登場します。代表的な仮想通貨にはビットコインやイーサリアムなどがありますが、トークンもまたこれら仮想通貨の一種です。

他の仮想通貨と同じように売買することができ、日本国内の取引所でも数種類のトークンが購入可能です。しかし、システムによって発行・管理されているビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨とは異なり、トークンには特定の管理者が存在し、管理者によって発行量の管理や運営が行われています。

現在国内で購入できる最も有名なトークンは、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ )を運営するテックビューロ株式会社が発行しているZaifトークンです。本記事では、現在注目を集めているZaifトークンについて、その概要や将来性などを解説します。

ザイフトークンとは一体何か

ここでは、まずトークンの仕組みや特徴について詳しく解説します。

そもそもトークンとは?

元々トークンには代替貨幣という意味があり、広義では全ての仮想通貨がトークンということになります。しかし現在仮想通貨界では、代表的な通貨であるビットコインやイーサリアムなどと区別して、ある特定の通貨に対しトークンという呼び方をしています。

トークンが一般的な仮想通貨と異なるのは、「既存のブロックチェーン技術を利用して作られた」という点です。例えば、ビットコインやイーサリアムはそれぞれ独自のブロックチェーン技術によって作られ、プラットフォームを形成しています。

一方トークンは、すでに存在するブロックチェーン技術を利用して作られており、独自のプラットフォームを持ちません。既存の技術を利用して作ることができるため、新たにオリジナルの技術を生み出す必要がなく、企業や個人でも比較的容易にトークンを発行することができます。

トークンを発行する企業が増えている

仮想通貨への関心が高まると同時に、独自のトークンを発行する企業も増えています。最も一般的な発行例として、新規事業の資金集めにトークンを利用するICOがあります。株式をイメージするとわかりやすいでしょう。

企業は新規事業を立ち上げるため、オリジナルのトークンを発行します。その事業に魅力を感じた出資者が、ビットコインなどの仮想通貨とトークンを交換し、企業側は交換で手に入れた仮想通貨を売却して資金を得ます。

株式に比べて制約が少なく、発行や購入手続きも簡易であるため、新たな資金集めの方法として注目されています。また、出資する側にとっても、出資した新規事業が伸びれば、将来的にトークンの価値上昇が見込めるというメリットがあります。

この他、トークン購入者だけに何らかの特権や配当金が与えられるなど、トークンの使い道は多岐に渡ります。

Zaifトークンについて

現在、日本国内でトークンを取り扱っているのは仮想通貨取引所Zaifのみになります。Zaifを運営するテックビューロ株式会社が発行したZaifトークンのほか、数種類のトークンを購入できます。

Zaifトークンは、カウンターパーティーというブロックチェーンを利用して作られています。マイニングによって新規発行されるビットコインとは異なり、Zaifトークンはテックビューロ株式会社が一元的に管理運営しています。

ビットコインはシステムにより発行枚数があらかじめ決められていますが、Zaifトークンについては運営者が発行量を操ることが可能です。なお、Zaifトークンは略称で「Zaft(ザフト)」と呼ばれることもあります。

ザイフで購入できるトークンの種類

ここではZaifで購入できるトークンの種類について解説します。

ZAIF

上述の通り、Zaifトークンはテックビューロ株式会社によって発行されています。Zaifのイベントなどで使用することが可能です。過去には、後述するCOMSAのトークンセールでZaifトークンを使用すると、2%のボーナスが付くというイベントがありました。

現在、具体的な使い道はまだ明らかにされていませんが、トークン市場を盛り上げたいZaifによって、今後新たな機能が追加される可能性があります。

XCP

XCPはカウンターパーティーによって発行されるトークンです。カウンターパーティーとは、ビットコインのブロックチェーン上に展開されている金融プラットフォームのことを指します。

XCPには独自の通貨発行機能があり、XCPを消費することでオリジナルのトークンを発行することができます。

BCY

BCY(ビットクリスタル)は、Spells of Genesisというオンラインゲーム上で使用できるゲーム内通貨です。Spells of Genesisは世界で初めてブロックチェーン技術を利用して作られたトレーディングゲームです。

使用できるのはゲーム内のみに限られているため、投資対象としてはリスクが高いですが、ブロックチェーンを活用した新しいゲームに挑戦してみるのは面白いかもしれません。

SJCX

SJCXはStorjというクラウドストレージサービス上で利用されていたトークンですが、現在はSTORJというトークンへ移行したためその役目を終えました。

ブロックチェーン上にデータを保管する際の対価として支払ったり、ストレージを他のネットワーク参加者に貸し出すことで報酬を受け取る際にトークンが使用されます。

SJCXは前述の通り、すでに移行のために使用用途がなくなりましたが、引き続きZaifでは購入可能になっています。STORJを購入しようとして、誤ってSJCXを購入してしまわないように注意してください。

FSCC

FSCCは投資支援サービスを提供する株式会社FISCOの発行するトークンです。現在、同社の株を保有している人に株主優待として配布されています。FISCOが提供する投資情報(スマートショップレポート)をFSCCで購入することができます。

PEPECASH

海外匿名掲示板の4chanから生まれたトークンです。日本のネット文化から生まれたモナコインと成り立ちが似ているため、海外版モナコインとも言われています。

ブロックチェーン上で取引されている「レアぺぺ」というデジタルカードの購入にPEPECASHを使用します。

CICC

CICCは株式会社FISCOの子会社であるカイカが発行するトークンです。カイカ株の保有者に優待として配布され、CICCを使ってカイカの提供するIT関連の情報教材を購入することができます。

NCXC

NCXCは同じく株式会社FISCOの子会社であるネクスグループが発行しているトークンです。株主優待として配布され、ネクスグループのサービス購入に使えます。ネクスグループは旅行、農業、介護支援など幅広い事業を手がけており、現在はNCXCを使って野菜を購入することができます。

JPYZ

JPYZは一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)により、対日本円為替レートを安定させるために発行されたトークンです。単位はZenです。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は価格変動が激しく、このままでは実用化へ課題が残ります。そこで、常に1Zen=1円となるように価格が管理されているJPYZを導入することにより、価格変動に影響されない安定した取引が可能になるという仮説のもとスタートしたプロジェクトです。

価格が動く可能性が極めて低いため投資対象にはなりませんが、仮想通貨の実用化を目指す実験としては今後も注目していきたいトークンです。

COMSA

Zaifを運営するテックビューロ株式会社によるICOプラットフォーム「COMSA」で使用できるトークンです。ICOとは、前述の通り企業が新規事業のためにトークンを発行して資金調達をすることを指します。

COMSAでは、CMSを利用してICOに参加し、各種トークンを購入することができます。CMSでトークンを購入すると5%のボーナスが付与されることになっています。

注目すべきおすすめのトークン

トークン自体が未だ新しい技術であり、今後あらゆる企業がトークンを発行して盛り上がっていくのではないかと予測されています。しかしながら、発展途上の技術であるが故にその未来は不確定要素が多く、どのトークンを購入するのが将来的に得かを見極めるのは困難です。

ZaifトークンやCMSはZaif運営元のテックビューロが発行していることから、新機能追加やICO人気によるCMSの価値上昇などが見込まれています。特に発行元も信頼でき、その使用用途も明確であるCMSトークンは初心者でも購入しやすいトークンであると言えます。

ザイフトークンの今後。2018年の展開や将来性を予測

Zaifトークンについては、過去にCOMSAのトークンセールでの支払いに利用でき、且つ2%のボーナスが付与されるというイベントが開かれました。しかし、現時点では明確な使用用途がない状態です。

但し、今後価値上昇が見込める要素はいくつかあります。一つ目が、Zaifトークンのロックアップです。テックビューロ株式会社は、発行総数の25%に相当する量のZaifトークンを2018年末までロックアップすると発表しています。

ロックアップとは、一定期間通貨を凍結し、売却できないようにすることです。これにより、一度に大量のトークンが流通して、価値が暴落するのを防ぐという効果があります。Zaifトークンのロックアップが発表されたことで、希少価値が高まり価値が上がっていくのではと期待されています。

また、ZaifトークンはこれまでCounterparty(カウンターパーティー)プロトコルで発行されていましたが、テックビューロは今後ZaifトークンをNEMプロトコルへ移行すると発表しています。これにより、新しい機能が追加されるのではないかという見方もあり、Zaifトークンの価値上昇の好材料となっています。

いずれにせよ、運営元のテックビューロにとってZaifトークンの価値が上がることは直接利益につながります。ICOプラットフォームであるCOMSAと共に、今後様々な展開を用意してZaifトークンを盛り上げていきたいと考えているのは間違いないでしょう。

ザイフトークンの発行数や価格の推移

Zaifトークンの総発行枚数は90億枚です。Zaifトークンの取引は2017年7月より開始されました。価格は当初5円程度で取引されていましたが、その後徐々に下落し、 2016年12月には1円を割りました。

年が明けてからも価格は少しずつ下がっていき、2017年7月には0.1円台まで下落しました。しかしその後、2017年後半にかけて仮想通貨投資への関心が高まり、 アルトコイン全般の価格が上昇しました。Zaifトークンも例外ではなく、2017年12月には一時4円を超える上昇を見せました。

年明けにかけて価格は落ち着きを取り戻し、2018年2月現在では再び1円を割っています。 12月の価格上昇は一時的なものとなりましたが、Zaifトークンの新たな展開にはこれからも期待ができるため、再度の価格上昇を待ちたいところです。

ザイフでトークンを購入するには?買い方を解説

Zaifトークンを購入できるのは現在、Zaif取引所だけです。また、Zaifトークンは日本円、若しくはビットコインで購入可能です。 具体的な購入手順は以下の通りです。

  1. Zaif取引所に口座を開設する
  2. Zaif口座へ日本円かビットコインを入金する
  3. 「取引」をクリック
  4. 「BTC/JPY」プルダウンバーをクリックし、「トークン」を選ぶ
  5. 「ZAIF/JPY」か「ZAIF/BTC」を選択
  6. 希望の数量と価格を入力し、買い注文を出す

他の仮想通貨と同様に、注文板を見て価格や数量を決めればZaifトークンを購入できます。

ザイフトークンのCOMSA(コムサ)以外の使い道は?

前述の通り、Zaifトークンは現在明確な使用用途が発表されていない状態です。この現状に、「今後、本当にZaifトークンに価値が付くのか」と疑問視する声もあるのが現実です。

しかし、テックビューロが自社の看板サービスの名前をつけて発行しているトークンである以上、ブランドイメージに悪印象を持たれないよう何らかの付加価値を発表していくのではないかという意見も少なくありません。

現状、1円以下で購入できるトークンですので、購入へのハードルは非常に低いです。今後の値上がりに期待して、いくらか投資しておくというのも一つの手ではないでしょうか。

さらに盛り上がりを見せるトークン

2018年以降、国内でもICOが盛り上がっていけば、トークンへの注目もますます高まっていくと考えられます。もちろん、発展途上の技術である以上リスクを考慮する必要はあります。

しかし、不確定要素やリスクが大きいからこそ、あえてチャレンジする面白さもあります。資金に余裕がある場合はトークンへの期待を込めて、少額から投資してみるのも良いかもしれません。

関連記事