仮想通貨

HTC社のブロックチェーンスマホがライトコイン(LTC)のサポートを表明

ライトコイン(LTC)創設者、チャーリー・リー(Charlie Lee)氏は、自身のTwitterで重大なつぶやきをしました。

彼がHTC社の開発チームに会ったこと、そして同社が開発するブロックチェーンスマートフォン “Exodus” がライトコイン普及をバックアップすこと、HTC社の開発アドバイザーとして彼がこのプロジェクトへ参加することなどを表明したのです。

Charlie Leeとは誰か?人物像やライトコインの将来性を紐解く仮想通貨界で注目を集める元Googleのエンジニアチャーリー・リーという人物をご存知でしょうか。 リー氏は、ライトコインの生み...
HTC社が世界初ブロックチェーンスマートフォン「Exodus」をリリース世界初のブロックチェーンスマートフォン スマートフォンの製造の大手であるHTCは、仮想通貨とブロックチェーン業界の中で大きな飛躍を遂げ...

以下がチャーリー氏のTweetです。

” 先週HTC Exodusの開発チームにあったんですが、HTC Exodusのスマホがライトコインとライトニングネットワークを特別にサポートしてくれるって聞いて本当に感激しましたね!私もアドバイザーになることを決心しました!セキュリティーの高いスマホってライトニングネットワークには必須ですからね!”

これに対して、HTC社ExodusのTwitter公式アカウントはリー氏のつぶやきを確認して対して以下のようにコメントしています。


”@SatoshiLiteさん(チャーリー氏のアカウント名)にとってはベイビーステップですが、これはブロックチェーン業界にとっては大ジャンプです。エクソダスチームはチャーリー氏が決心してくださったことを光栄に思っています”

7月初め頃に出されたResearch and Marketsのレポートによると、ブロックチェーン技術によって、世界の通信技術産業には、5年以内に約10億米ドル(約1119億円)相当の資金が追加で流れることになるそうです。

ブロックチェーンスマートフォンを今年中にリリースする企業はHTC社だけではありません。Sirin Labs社が開発する “Finney” も2018年の11月にリリースが期待されている。

スマホをブロックチェーン化するSIRIN LABS Token(SRN)とは?仮想通貨SIRIN LABS Token(SRN)とは?引用:SIRIN LABS公式サイト 仮想通貨SRIN LABS ...

スイスに拠点を置くこの新興企業はICOによって1億5700万8000米ドルもの資金を調達しています。これは当時、これまで行われてきたICOの中で4番目に大きな規模と話題となっていました。

また、世界第3の通信機器メーカーHuawei Technologies社もこの事業への参入に意欲的であることも、3月の報道で話題となったばかりです。同社はSirin社と会合を開き、SIRIN OSのオペレーティングシステムのライセンス権について話あったようです。

ブロックチェーンスマホが発売か。そのプロダクトや発売企業を徹底解説ブロックチェーン化するスマートフォンデバイス私達が現在当たり前に使用しているスマートフォンはここ10年の間で急激に成長し、世...
関連記事