アルトコイン/altcoin

モナコインの今後の価格推移を予想。その経済圏と将来性とは

オタクが億を作り出したモナコイン

「モナコイン」とは、日本の巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」のキャラクターである「モナー」をモチーフにデザインされた日本産の仮想通貨です。

モナコインは良いコンテンツを提供したクリエイターに「投げ銭」をする為の送金をする事が可能であり、主に2ちゃんねるやニコニコ動画が経済圏となっています。

モナコインは現時点で日本の「Zaif」や「bitFlyer」が上場して取り扱いを始めていますが、海外の取引所「Bittrex」でも取り扱われており、日本発の仮想通貨が海外の取引所での上場も果たしています。

そして、モナコインという仮想通貨は一気にその価格を上げ、当初の1ケタだった価格からスポットで1000倍近く跳ね上がり、2ちゃんねるが大好きなモナコイン・ホルダーを一時的に億り人にしました。

サラリーマンが汗水流して日中働いて安月給を受け取るのに対して、モナコインを初期に保有していた人達は、一気に富を得たのです。

さて、以下ではそんなモナコインでさらに億り人が輩出されるのかどうか、そして未来の経済の在り方について述べて行きたいと思います。

モナコインの現在のチャート

モナコインの価格の進捗を大まかに見ると、2017年の年末までに高騰しましたが、年を跨いで年初以降、引き続き下落が続いています。

〈モナコインの価格推移2017/1~2018/2〉

引用:https://zaif.jp/chart_mona_jpy

2017年の12月月初は一気に価格が高騰し、「億り人になった」と報告する人も続出するほどモナコインの活況は賑わっていました。

2018年1月時点で日本の取引所Zaifが半分以上の取引シェアを持っていますが、高騰を見せた当時は取引所がサーバーダウンしてしまう程だったのです。

しかし、上のチャートの通り、ピーク時は2,000円を超える価格であったものの現在はそこから約70%下落した600円前後で推移しています。

では、仮想通貨全体の市場や上位の主要通貨とチャートを見比べてみます。

以下全画像引用先:https://coinmarketcap.com/

〈仮想通貨全体の時価総額〉

上記の仮想通貨全体の時価総額とモナコインの価格推移を比較すると、概ね上昇や下落のタイミングは同じです。全体の時価総額ベースだと、BTCの影響がかなり強いかとは思いますが、強いて言うとモナコインの方が下落が強まっている進捗だと言えます。

では、更に細かく主要通貨の価格推移と比較してみます。

〈BTCの直近1年の価格推移〉

〈ETHの直近1年の価格推移〉

〈XRPの直近1年の価格推移〉

以上の図の通り、BTC、ETH、XRPと比較すると、やはりそれぞれが必ずしも同じ動きをしていません。少なからずBTCと概ね全体的な需給トレンドは連動している点は見受けられますが、モナコインの日本円での取引ボリュームが多いことから、必ずしもマッチした動きとはなっていないのが特徴ではないでしょうか。

下記図の通り、モナコインは日本円ペアでの取引が60%を占めています。

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/monacoin/#markets

この点から、モナコインは他の通貨よりもBTCとの相関性が相対的に弱いと推測できます。

モナコインの今後の価格予想

モナコインの今後の価格予想に関しては、少なくとも直近の2018年はやはり主要のBTCのトレンドに寄り添った動きを見せるのではないかと筆者は予測しています。

今後は取引所の対日本円とのペア取引のシェアが弱まり、対BTCでの取引が進んでいく傾向も予想できます。理由としては、まだまだ未開拓の海外取引所によるモナコインの上場が考えられるからです。

海外の「Bitrex」ではMONA/BTCでのペアが全体の10%程ありますが、それ以上に日本円での取引が80%程あるのが現状です。しかし、今回コインチェックでNEMのハッキング事件があったことから、新規にできる取引所でも安易にマイナーな通貨を上場させないでしょう。

一方、世界ベースで見ると「リスクをとっても良い」と考えてポンポンと上場させる取引所もあります。リスクをどう取るかは国や各取引所によって違うでしょうし、それらの理由で日本以外での取引所の上場が期待できると考えるのです。それによって対BTCでの取引シェアが今より広がるのではないかと考えるのです。

また、肝心な価格ですが、筆者は高騰を見せた2,000円台の水準に戻るのではないかという見解です。短期的には乱高下を見せていますが、まともな需要のあるコミュニティや経済圏があれば、それが通貨として今よりも更に流通する余地は十分にあると考えているからです。

ただ「急に上がり過ぎた」と言う要素が強いのですが、実需が徐々に伴えば、緩やかに価格は回復してくるのではないでしょうか。

イベントによって今後の価格上昇も期待できる?

当時、ビットフライヤーへの上場で盛り上がりを見せていたモナコインは、その後にオタクの聖地「秋葉原」で一大広告プロジェクトが行われました。秋葉原の巨大ディスプレイでモナコインのプロモーション動画を流したり、期間中にオリジナルステッカーを配ったりしたのです。

このようなイベントはモナコイン・ホルダーとして、とてもメリットのある話なのです。なぜならプロモーションをすることによって、モナコインを保有する人はその価格の値上がりが期待できるというインセンティブがあるからです。

今後もモナコインのコミュニティによるイベントは開催されるのでしょうが、発表が価格に影響する可能性もあり、コミュニティによるイベントなどの情報はアンテナを貼っておくべきでしょう。

イベントにも注目ですが、モナコインの「投げ銭」機能にも注目です。モナコインのコミュニティ内では、MONAを少額から投げることができ、ソーシャルメディアの「いいね!」のような機能の代わりに1円や2円単位でMONAを送ることができるのです。

今までは数円単位のお金を迅速に移動することは困難でしたが、「投げ銭」によって価値の移動が最適化されます。これらの機能は、ユーザーが少額で投げ銭出来ることで、従来の「いいね!」機能よりも面白い投稿をするインセンティブが上がるでしょう。

「遊びが経済として成り立つ」

そんな時代はすぐそこに来ているかもしれませんね。

2018年のモナコインはどうなるのか。今後の考察

モナコインの今後の楽しみな点は、「オタクで形成されたコミュニティの未来」です。それは今まで2ちゃんねるで発信するだけで、経済まで作ることができなかった人達が「モナコイン」によって経済圏を創出していく未来です。

日本の「秋葉原」「オタク」「2ちゃんねる」と言う様々なフレーズから考えられるマーケットに、今後モナコインが流通するようになると考えると今後の展開は楽しみでしょう。

さらに、前述した「投げ銭」機能の今後にもやはり注目です。モナコイン以外にもこのような少額送金の機能は様々なものに応用が効くでしょう。

例えば、Q&Aサイトで質問者が回答者に対してミリ単位で投げ銭したり、WEBサイトで広告を貼る代わりにユーザーに投げ銭してもらうなど、マネタイズが出来そうな方法は数多く見つかります。

筆者の見解としては、チップ文化がある海外などで、このような投げ銭システムが主流になれば非常に便利だと考えています。

しかし、モナコインには懸念材料ももちろんあります。このモナコインのマーケットは良くも悪くも規模の拡大に、ある程度限界があるようにも思えるのです。2ちゃんねるやニコニコ動画等、特定のコミュニティに特化しているようにも思えるので、広く汎用的に拡大していくことが考え難いのです。

全体的に期待値先行の仮想通貨市場ですが、その経済圏(コミュニティ)がどこまで続くのでしょうか?オタク達が世界を牛耳るようになれば話は別ですが、広く汎用的に扱われる通貨になるというのは考え難く、限定的なマーケットとなるでしょう。

もちろん、今後その経済圏をモナコインが独り占めするというのは考えられませんし、巷では「オタクコイン」と言うフレーズも耳にするくらいなのが現状です。

モナコインは億り人を多く輩出するコミュニティを創れるか

このモナコインの現在の価格が割高なのか割安なのか、つまりバブルなのかどうかは現時点では分かりませんが、モナコインに筆者が個人的に注目したいのは「2ちゃんねる」から生まれたコミュニティが独自の経済圏を作り出し、0から1を作り出したという点です。

モナコインという仮想通貨は、どこかの会社が収益化する為に作った中央集権的な通貨ではありません。分散型の通貨であり、「プルーフオブワーク」によって中央集権を持たない仕組みを作り上げています。

繰り返しますが、これらの経済活動は大きなオフィスを構える法人ではなく、ブロックチェーンのインフラと仮想通貨をベースとしたネット空間での「コミュニティ」なのです。

まさに、次世代の経済の在り方を示した仮想通貨だと筆者は考えており、今後も仮想通貨を使った「独自の経済圏」は無数に誕生するだろうと読んでいます。

このように、ブロックチェーンをベースとする仮想通貨を使って、既存のコミュニティが経済圏を作っていく未来は近いのかもしれません。