仮想通貨

仮想通貨プロキシウス(PROXEUS)とは?その特徴と将来性

プロキシウス(PROXEUS)とは

引用元:https://proxeus.com/ja/tech/

ビットコインはじめ仮想通貨が世の中に認知されるにつれ、ブロックチェーン3.0という言葉も広まりつつあります。

ブロックチェーンはビットコインを支える基盤技術(ブロックチェーン1.0)として生まれましたが、

  • 改ざんが不可能
  • 中央管理者が不要
  • 運用コスト削減が可能

などの特徴が認められ、

  • 仮想通貨以外の金融分野への応用(ブロックチェーン2.0
  • 金融分野以外への応用(ブロックチェーン3.0

に関する研究開発が盛んに進められています。

ブロックチェーンあるいは分散台帳技術(DLT)などの新技術を、応用分野のアプリケーションがいきなり使うのは非効率的です。

 

例えば、ウェブサイト構築も最初はHTML言語で直接記述するしかなかったのですが、WordPressなどの優れたツールが開発され、誰もが簡単に構築や運営ができるようになりました。

ブロックチェーンについても、これに類似したミドルウェアやツールといったものが研究開発されています。

プロキシウス(PROXEUS)は、こうしたブロックチェーン3.0を支える基盤となることを目指して構築が進められているプロジェクトです。

本記事では、プロキシウス(PROXEUS)の基本情報、特徴、将来性について見て行きます。

分かったようなを無くすために。 『ブロックチェーン』を徹底解説!!はじめに『ブロックチェーン』というキーワードを耳にするようになってどれくらい経つでしょうか? 半年? 一年? それともつい最近...

プロキシウス(PROXEUS)の目的

引用元:https://proxeus.com/ja/tech/

プロキシウス(PROXEUS)は、各企業がブロックチェーンベースのビジネスモデルへの対応を円滑に行えるよう、ブロックチェーンベースのアプリケーションを効率的に開発・運用するためのツールの提供を目指しています。

キャッチフレーズは、

「ブロックチェーンにおけるWordPressと同じサービスの提供」

です。

具体的には、ブロックチェーン及びスマートコントラクトを基盤として、ビジネス文書の作成エンジン及びライフサイクルを管理するためのワークフロー管理ツールなどのアプリ開発の基盤を提供するというものです。

これにより、ユーザーは、確立されたブロックチェーン技術をベースに、自分のビジネスアプリケーションの開発及び運用に集中できます。

プロキシウス(PROXEUS)のシステム構成

プロキシウス(PROXEUS)はイーサリアムのスマートコントラクト抽象化レイヤーを使用し、ハイパーレジャーベースの契約管理を可能としています。

プロキシウス(PROXEUS)はブロックチェーン上の以下の3つのレイヤーで構成されています。

<レイヤー1:ProxeousCore

 オブジェクト指向のワークフロー管理、文書作成ツール、Webベースのポータルで実行可能なテンプレートなどの基盤要素を提供します。

要素としては以下のものがあります。

要素名

説明

フォームジェネレータ

入力フォームの作成を行う。複数のワークフローでフォームを共有して、複数の当事者間での文書の共有を可能としている。

ワークフロービルダー

ワークフローの評価方法を定義する。

ワークフローマネージャ

フォーム、ブロックチェーン、ユーザー入力などを組み合わせて、フローやロジックを定義する。

ドキュメントジェネレータ

userデータやブロックチェーンから表示可能な文書を作成・編集する。

ブロックチェーン登録

ドキュメントのブロックチェーンでの操作を定義する。

<レイヤー2:Modules

 コア機能をベースに種々のビジネスに必要な機能を定義しており、これらを部品として組み合わせることでアプリケーションを作成することができます。

今後も随時、追加開発される予定です。コアモジュールとしては以下のものがあります。

モジュール名

説明

ブロックチェーンエージェント

様々なサブモジュールの実行を司る。トランザクションからドキュメントの作成や送信を行う。

API経由ドキュメント

APIサービスにデータを送る。

バリエーションエンジン

異なる取引所からバリエーション(査定)を受理し、種々のサービスに提供する。

モバイル

カスタマイズ可能なモバイルアプリ。

イベントエンジン

Eメールや通知の送信などを行う。

<レイヤー3:Dapps

 最上位層にあたり、分散アプリケーションを、コアやモジュールを使って構築する。

 例えば、

「ドキュメントジェネレータで契約文書を作成し、これを契約相手と共有することで、契約内容の確定及び署名を済ませて、契約手続きを完了させる」

といったことが、ブロックチェーンを利用して簡単に実現できるようになります。

Dappsとは?仮想通貨を活用した分散型アプリケーションの未来分散型となったアプリケーション「Dapps」ビットコインを始め、あらゆる組織や機能は「分散型」へとシフトしています。 イーサリ...

プロキシウス(PROXEUS)の特徴

プロキシウス(PROXEUS)は、2015年にスイスで発足し、貿易金融、資産のトークン化、法務やコンプライアンス分野でビジネスプロセスへのブロックチェーン導入の実証を進めています。

特に、スイスでの法人登記では、現状では10日以上かかるプロセスを、2時間以内に短縮するという実績を有しています。

20183月には、スイスのフィンテックに関する賞「Swiss Fintech Awards 2018」を受賞しています。

プロキシウス(PROXEUS)の仮想通貨XESは上場済み

引用元:

https://docs.google.com/document/d/1R3r2ZglmGHwjTfxKRy5omBge5fwjk8iF8euMhdlf1yY/edit#

仮想通貨XESの概要

プロキシウス(PROXEUS)で使用される仮想通貨がXESです。

発行上限は3XESです。その内訳は、

  • プレセール(36.3%
  • 運用プール(6.8%
  • メインセール(28.1%
  • リザーブプール(28.8%

となっています。

運用プールは開発・運用のための資金として使用され、リザーブプールはプロキシウス(PROXEUS)普及・啓蒙のための資金となります。

XESはプロキシウス(PROXEUS)内では、以下のような使い方を想定されています。

  • プロキシウス(PROXEUS)の各種モジュールの使用料
  • プロキシウス(PROXEUS)で作成されたDappsの使用料
  • プロキシウス(PROXEUS)で作成された各種文書に関わる決済用通貨

仮想通貨XESTGE案件としてICOを実施

プロキシウス(PROXEUS)はセールの方法として、ICOではなくTGEで実施しています。

TGEとは「TGEToken Generating Event」の略で、スイスに本社を置くCTIAという企業が実施している資金調達の方法です。

TGE情報を知れば、誰よりも先に儲かるICOを獲得できるのかTGEとは何か。引用:http://www.ctia-ch.com/japanese/index.php 仮想通貨で投資を...

ICOではプロジェクト実施者の判断で資金調達を進めますが、TGEでは、CTIAがデューデリジェンス(調査・査定)を通して技術・金融・法務それぞれの観点からプロジェクトを精査して問題ないと判断したうえでICOを実施するというものです。

カジノゲームのプラットフォームで使用されるADAコイン(カルダノ)や分散アプリケーションのプラットフォームとなるCentrality(セントラリティ)などもTGEを実施しています。


なお、投資するためにTGO案件に参加するには、BLOCKHAUS(ブロックハウス)にあらかじめ登録しておく必要があります。

登録では本人確認が行われるため、パスポートあるいは免許証の準備が必要です。

そして、支払用の通貨を保管するためのウォレットとしてメタマスクの使用が指定されています。

メタマスクをインストールしてメタマスクのアドレスを用意しておきましょう。

MetaMask(メタマスク)の使い方。今後、必須になり得るWEBウォレットイーサリアムトークンを保管できるメタマスクとは引用:https://metamask.io/ メタマスク(MetaMask...

プロキシウス(PROXEUS)をチャートから分析

引用元:https://coinmarketcap.com/currencies/proxeus/

TGEにおける販売価格は0.19USD/XESでした。

2018420XESQryptosに上場し、これを受けて価格は0.3USD/XESあたりまで上昇しました。

以後は、仮想通貨市場のトレンドに準じて変動しており、05USD/XES前後で推移しています。

また、時価総額は1000USD、順位は400位前後となっており、仮想通貨市場の認知度はまだ低いようです。

qryptos(クリプトス)の特徴を解説!日本では取引できない理由とは?qryptos(クリプトス)とは?基本情報をご紹介引用:https://www.qryptos.com/ 決して大規模な取...

プロキシウス(PROXEUS)を扱う仮想通貨取引所

プロキシウス(PROXEUS)は、現在、日本の仮想通貨取引所では扱っていません。

海外の仮想通貨取引所であるQryptosIDEXなどで取り扱っています。

Qryptosは、日本国内で仮想通貨取引所Quoine(コインエクスチェンジ)を運営するQuoine社が運営する仮想通貨の交換所です。

法定通貨での取引は行っていません。XESについてはBCDとの通貨ペアのみを扱っています

なお、残念ながら、日本人は口座を開設することができません。

IDEX201710月に開設されたイーサリアムベースの分散型の仮想通貨取引所です。ERC-20準拠の仮想通貨を扱っています。

また、テレグラムでのアナウンスによると、20184月の時点では、

  • Binance
  • Swiss crypto Exchange
  • Bittrex
  • Huobi
  • Kucoin
  • GoPax

などの大手の仮想通貨取引所と上場の協議を行っているとのことでした。こうした大手の仮想使取引所に上場して流動性が高まれば人気も出てくるものと考えられます。

プロキシウス(PROXEUS)の将来性

引用元:https://proxeus.com/ja/about/

Proxeus(プロキシウス)CEOAntoine Verdon氏は、グローバルネットワークSandboxの創設者です。

2010年と2013年には「L’Hebdo」と「Bilan」という雑誌で、スイスのトップ100人に選ばれています。

スイスには、約200社以上のプロックチェーン関連会社が集まるクリプトバレーがあります。

仮想通貨やブロックチェーン技術に積極的なスイスでフィンテックに関する賞を受賞しており技術的にはしっかりしていると考えられます。

ブロックチェーン3.0では、ERPベンダー大手のSAPを始め多くの有力な既存のビジネスアプリベンダーなどもブロックチェーン技術の取り込みを図っており、仮想通貨業界を超えた競争の中で以下に優位性を確保するかが課題となります。

2015年から実施している実証実験の結果などをもとに、先行者としてシェアを確保できれば、急成長が期待できると考えられます。

関連記事