仮想通貨

仮想通貨初心者が失敗しないために知っておくべきことを徹底解説

目次

仮想通貨を始める前に知っておくべき5つのこと

仮想通貨の認知度が高まっていく中、「時代の波に乗り遅れないように仮想通貨を始めよう」と、これから仮想通貨への投資を考える方もいらっしゃることでしょう。

ただ、直感任せや他力本願な考え方では、思わぬ落とし穴に落ちてしまうかもしれません。

そこで、初心者が仮想通貨を始める際に知っておくべき最低限のことを解説していきます。

  1. 仮想通貨のやり方
  2. 初心者が知っておきたい仮想通貨の銘柄
  3. 仮想通貨に関する情報収集の方法
  4. 初心者におすすめの仮想通貨取引所
  5. 初心者が失敗してしまいがちなこと

この記事では、上記の5つについて紐解いていきたいと思います。

仮想通貨の始め方は、こちらの記事でさらに詳しく解説されています。

仮想通貨の始め方。初心者におすすめの取引所や購入方法を解説仮想通貨を始めたいあなたへ昨今、非常に大きな盛り上がりを見せている仮想通貨業界。ニュースなどをきっかけに、仮想通貨に興味を持...

仮想通貨とはどうやって稼ぐのか?

仮想通貨を始める目的として、

「なるべくリスクをかけずに稼ぎたい」

という方が多いのではないでしょうか。しかし、仮想通貨で稼ぐには少なからず、リスクは付き物です。

さらに、どのように稼ぐのか、投資の手法を理解しておかなければ、利益を出すことなど難しいといえるでしょう。

そこで、まずは「仮想通貨とはどのように稼ぐのか?」について、ご説明します。

仮想通貨での稼ぎ方①仮想通貨取引所を活用する

一般的な稼ぎ方として挙げられるのは、仮想通貨取引所を活用して売買取引を行う方法です。取引所に登録することで、比較的簡単に仮想通貨の売買を行うことができます。

取引所では最小購入単位が設定されており、少額から取引することが可能です。例として、国内の主要取引所のビットコインの最小購入単位をご紹介します。

  • bitFlyer(ビットフライヤー) 0.001BTC
  • Zaif(ザイフ) 0.001BTC
  • bitbank(ビットバンク) 0.0001BTC
  • DMM Bitcoin 0.001BTC
  • GMOコイン 0.0001BTC

仮に、ビットコインが90万円であれば、90円~900円からビットコインの売買が可能だということです。

ただ、仮想通貨の売買では送金手数料や取引手数料がかかるため、利用する取引所で手数料にどれくらいかかるのかを確認しておきましょう。

仮想通貨のチャートの見方や分析、予測方法は、こちらの記事でさらに詳しく解説されています。

【図解】仮想通貨チャートの見方や分析、予測方法を初心者向けに徹底解説「買えば儲かる」というフェーズの終焉2017年に空前の盛り上がりを魅せた仮想通貨ですが、その状況は日々変化しており、あらゆる投資...

仮想通貨での稼ぎ方②ICOに投資する

仮想通貨投資の中でも注目を集めているのがICOで、企業や団体などが資金調達を行う見返りとして、独自トークンを発行することを指しています。

投資家は将来が見込めるトークンに投資する目的で、トークン発行元に対してビットコインなどの仮想通貨で投資を行います。

トークンが取引所に上場して価値が高まれば、ビットコインで億り人が誕生したように、トークンで大きな利益が得られる可能性が高まります。

ただ、中には詐欺と呼ばれるICOも多数報告されており、ICOを正しく見極めるスキルが必須となることでしょう。

仮想通貨での稼ぎ方③アービトラージ(裁定取引)

仮想通貨での稼ぎ方として、アービトラージ(裁定取引)という手法があります。アービトラージとは、買値と売値の価格差で利益を得る方法を指します。

例えば、世界中には多数の取引所が存在し、ビットコインだけでも数多くの取引所で売買されており、取引所によって売買価格が異なっています。

要は、取引所ごとの価格変動で生じている価格差を利用した取引をすることで、短期間での利確(利益確定)が可能なのです。

アービトラージについては、こちらの記事で、詳細に解説されていますので、興味がある方は参考にご覧ください。

仮想通貨のアービトラージとは?グローバルな展開を支える自動ツールの存在アービトラージ『さや取り』の本質アービトラージとは、直訳すると裁定取引、さや取りといわれています。 単純に言い換えれば、買値と...

仮想通貨での稼ぎ方④AIトレード

仮想通貨の新たな投資方法として注目されているのが、「AIトレード」で、AI(人工知能)ロボットによって自動売買する方法です。

具体的には、AIロボットが自動売買や自動アービトラージ、マイニングなどを行ってくれるため、売買のタイミングやチャートを見つめる時間を減らせるメリットがあります。

ただ、AIロボットにおまかせになってしまうため、自らの投資の経験にならない点や100%リスクがないというデメリットもあります。

仮想通貨での稼ぎ方⑤マイニング

仮想通貨を売買する以外の稼ぐ方法として挙げられるのは、マイニングです。マイニングとは、簡単に言うと、仮想通貨の取引データを承認する作業のことを指します。

この承認作業をすることで、報酬として仮想通貨を得ることができます。

ただ、マイニングには個人以外にも大手企業が参入してきており、個人が参入してもマイニングへの投資額の差から、報酬が得られにくくなってきています。

そのため、個人での参入はあまりおすすめできません。もっとマイニングを詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

マイニングとは?仮想通貨に欠かせないマイニングの意味を解説仮想通貨を語る上で専門用語の理解は必須ビットコインを始めとする仮想通貨を語る上で、欠かせない専門用語は数多く存在します。例えば、...

ちなみに、仮想通貨で稼ぐ前に「仮想通貨の仕組み」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事を参考にご覧ください。

仮想通貨の仕組みとは?初心者にもわかりやすく図解で解説仮想通貨の仕組みを知れば広い視野が持てる仮想通貨を始めたものの、どんな仕組みなのかよく分からない人も多いのではないでしょうか? ...

このように、取引所の活用方法や投資先、取引方法など幅広い視野を考慮することで、短期間でも稼ぐことが可能になるのです。

これだけ知っておけば仮想通貨が語れる銘柄10

仮想通貨で稼ぐ方法が分かったところで、どんな仮想通貨に投資をすればいいのか分からないという方もいらっしゃることと思います。

そこで、この仮想通貨だけ理解していれば、仮想通貨について語れるという仮想通貨の10銘柄を解説します。

また、10銘柄の仮想通貨を詳しく解説している当サイトの記事も一緒にご紹介しています。

知っておくべき仮想通貨①BTC(ビットコイン)

ビットコインの名前は知っているけれど、どのような仕組みになっているのか知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、以下の記事です。世界で初めて誕生した仮想通貨ビットコインを理解することで、その他の仮想通貨の仕組みを理解しやすくなっていくはずです。

参考記事①:「ビットコインと仮想通貨って何?いまさら聞けない違いと仕組み

ビットコインと仮想通貨って何?いまさら聞けない違いと仕組みビットコインとは近年、話題となっている仮想通貨ですが、何の知識もなく買おうとしていませんか? 知識もなく始めてしまうと、大事な...

参考記事②:「ビットコインの仕組みとは?仕組み図を使ってわかりやすく解説

ビットコインの仕組みとは?仕組み図を使ってわかりやすく解説ビットコインの仕組みを理解しよう仮想通貨投資を始める人が増えている中、「仮想通貨は怖い」「怪しい」という一方的な印象だけを鵜...

知っておくべき仮想通貨②BCH(ビットコインキャッシュ)

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードウォーク(分裂)した仮想通貨です。

ハードウォークしたきっかけは、ビットコインの課題の1つでもある取引記録を保存するブロックの容量を大きくすることでした。

これにより、ビットコインキャッシュは8倍の容量を確保することに成功し、ビットコインよりも8倍速く取引承認をすることを実現しました。

ビットコインキャッシュについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

参考記事:「ビットコインキャッシュの将来性は?コインの特徴と今後の見通し

ビットコインキャッシュの将来性は?コインの特徴と今後の見通しビットコインから派生した「ビットコインキャッシュ」仮想通貨の中でもよく目にするものの一つに「ビットコインキャッシュ」があります。...

知っておくべき仮想通貨③LTC(ライトコイン)

数多くの仮想通貨は、「ビットコインに追いつけ、追い越せ」を1つの目標としている中、ライトコインは他とは異なる立場を貫いています。

なぜなら、ライトコインの開発は、ビットコインの課題を解決するために行われているからです。

参考記事①:「ライトコインの将来性は?LTC入手可能な取引所やマイニングの今後

ライトコインの将来性は?LTC入手可能な取引所やマイニングの今後ビットコインの機能性を超えた仮想通貨の登場仮想通貨の中でトップに君臨し続けるビットコインですが、51%攻撃やスケーラビリティ問題...

また、ビットコインを尊敬して止まないライトコインの開発者Charlie Lee氏は、自身が保有するライトコインをすべて手放したことでも世界を驚愕させました。

詳しいことは、こちらの記事をご覧ください。

参考記事②:「Charlie Leeとは誰か?人物像やライトコインの将来性を紐解く

Charlie Leeとは誰か?人物像やライトコインの将来性を紐解く仮想通貨界で注目を集める元Googleのエンジニアチャーリー・リーという人物をご存知でしょうか。 リー氏は、ライトコインの生み...

知っておくべき仮想通貨④ETH(イーサリアム)

ビットコインに次いで時価総額2位の仮想通貨がイーサリアムです。

イーサリアムはプラットフォームの分散化を目的に開発された仮想通貨で、スマートコントラクト(契約の自動化)を実現させました。

このシステムにより、仲介者を介さずに取引の遂行が可能になったのです。

参考記事:「イーサリアムの今後は?その価格推移と通貨の特徴・将来性

イーサリアムの今後は?その価格推移と通貨の特徴・将来性ポテンシャルが高いイーサリアム現在の仮想通貨市場で時価総額2位となっているのがイーサリアムです。 イーサリアムの時価総額は20...

知っておくべき仮想通貨⑤XRP(リップル)

リップルは既存の国際送金の問題点である割高な手数料や送金時間の遅さを解決するためのシステム構築に成功した仮想通貨です。

仮想通貨の時価総額ランキングではイーサリアムに次いで3位につけています。

参考記事:「仮想通貨リップル(XRP)がもたらす価値のインターネット化と金融革命

仮想通貨リップル(XRP)がもたらす価値のインターネット化と金融革命国際送金に革命を起こすリップル(XRP)とは?リップル(Ripple)とは、ブロックチェーンを使って国際送金に革命を起こそうとし...

知っておくべき仮想通貨⑥MONA(モナコイン)

日本で初めて誕生した仮想通貨こそ、モナコインです。モナコインは2ちゃんねるのキャラクターとして知られる「モナー」をモチーフにしています。

モナコインのマイニングには主に3つの方法があり、個人でもマイニングが可能な仮想通貨として知られています。

参考記事①:「モナコインの今後の価格推移を予想。その経済圏と将来性とは

モナコインの今後の価格推移を予想。その経済圏と将来性とはオタクが億を作り出したモナコイン「モナコイン」とは、日本の巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」のキャラクターである「モナー」をモチー...

参考記事②:「モナコインをマイニングする方法とは?CPUGPUASICの違いも解説

モナコインをマイニングする方法とは?CPU・GPU・ASICの違いも解説国産第1号の仮想通貨「モナコイン」引用:https://monacoin.org/「仮想通貨は外国産のものしかない」と思...

知っておくべき仮想通貨⑦NEO(ネオ)

ネオは中国で誕生した仮想通貨で、イーサリアムと同様に分散型のプラットフォームやアプリケーションを展開していることから、中国版イーサリアムとも呼ばれています。

時価総額ランキングでは、常にTOP20位以内の上位に入っています。

参考記事:「仮想通貨ネオ(NEO)とは?その特徴と今後の可能性を考察

仮想通貨ネオ(NEO)とは?その特徴と今後の可能性を考察仮想通貨NEO(ネオ)とは?仮想通貨NEO(ネオ)とは、中国で生まれた仮想通貨であり中国版イーサリアムと言われています。 この...

知っておくべき仮想通貨⑧LSK(リスク)

一見、リスク(Risk)という意味なのかと勘違いしてしまいそうな仮想通貨ですが、Liskの本来の意味は、「確実性が高い」を指しています。

リスクはその名の通り、「誰もが使いやすくて簡単に利用できるプラットフォーム」を目標としており、ICOのプラットフォームとしての役割を担っています。

参考記事:「ビットフライヤー上場のリスク(Lisk)とはどんな仮想通貨なのか?

ビットフライヤー上場のリスク(Lisk)とはどんな仮想通貨なのか?ビットフライヤーがついに動く2018年1月31日、ビットフライヤー社は仮想通貨「Lisk」の取り扱いを開始することを発表しました...

知っておくべき仮想通貨⑨NEM / XEM(ネム)

ネムはビットコインやモナコインなどの仮想通貨と異なり、マイニングがありません。その代わり、ハーベスティングというシステムによって報酬が支払われています。

ネムが採用したPoIProof of Importance)というシステムによって、ビットコインやイーサリアムなどが課題とする「お金持ちにお金が入る仕組み」を改善したのです。

参考記事:「ネム(NEM)コインとは?マイニングに変わるハーベストの仕組み

ネム(NEM)コインとは?マイニングに変わるハーベストの仕組み次々と生み出される仮想通貨仮想通貨はビットコインをベースに様々なコインが生み出されています。スマートコントラクトを売りにした...

知っておくべき仮想通貨⑩ADA(エイダコイン)

最後にご紹介する仮想通貨は、時価総額ランキングでも上位10位に入っているエイダコインです。

元々はオンラインカジノやオンラインゲームで活用するために開発された仮想通貨でしたが、不動産が購入できるようになったことで近年注目を集めています。

参考記事:「エイダコイン(ADA)は再燃するのか。今後やその将来性を徹底検証

エイダコイン(ADA)は再燃するのか。今後やその将来性を徹底検証注目を集めるエイダコイン(ADA)注目の仮想通貨『ADA(エイダ)コイン』 そのADAは、2017年11月に上場して、翌年の1...

どの仮想通貨に投資をすればいいのか分からないという場合は、ここで挙げた仮想通貨のように知名度が高く、詐欺コインの可能性が低い銘柄を選ぶことをおすすめします。

仮想通貨に関する情報収集

①おすすめのブログやTwitter

仮想通貨ブログでの情報収集におすすめのブログをいくつかご紹介します。

・大石哲之氏が運営する「ビットコイン研究所ブログ」:http://doublehash.me/

・「丸の内OL玲奈の仮想通貨投資日記」:https://bitcoin-yoro.com/

・「いますぐ始める仮想通貨投資」:https://seiyablog.com/

Twitterによる情報収集でチェックしておきたいのは、仮想通貨業界で大きな影響力のある方々のつぶやきです。

・「ビットコインの神」と呼ばれるロジャー・バー氏:

・セキュリティソフト会社「McAfee」のジョン・マカフィー氏:

日本語で分かりやすい情報を提供してくれるTwitterは、こちらがおすすめです。

・ビッグストーン Bigstone

・玲奈@仮想通貨:

②おすすめ仮想通貨

ここでは、初心者におすすめの本をご紹介します。

・「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

本書は国内仮想通貨取引所の共同創業者である大塚雄介氏の著書で、ビットコインやブロックチェーンに関する基礎的な知識を学ぶことができます。

詳しくはこちらの記事で解説しています。他にも初心者におすすめの本を解説しているので、参考にご覧ください。

仮想通貨のおすすめ本・書籍BEST10。腰を据えて知識の習得を仮想通貨のおすすめ本・書籍ランキングBEST10日本国内のみならず、仮想通貨への注目度はますます高まっています。 ビットフライ...

・「いちばんやさしいブロックチェーンの教本

本書はカレンシーポート代表取締役兼一般社団法人ブロックチェーン推進協会で副代表理事を務める杉井靖典氏の著書です。

図解も豊富に活用されていて、初心者にも分かりやすい解説書になっています。詳しくはこちらをご覧ください。

理解度別にブロックチェーンを学ぶためのおすすめ本5選ブロックチェーンの知識を高める本選びのコツ仮想通貨を理解する上で、ブロックチェーン技術に関する知識は必須です。 とは言え、初心...

情報によって価格は影響を受ける場合が多いため、仮想通貨の投資には情報は欠かせません。これらのブログやTwitter、書籍などで最新の情報と最低限の知識を得ましょう。

おすすめの仮想通貨取引所や保管方法について

ここでは、初心者が利用しやすいおすすめの取引所や短期間で利確するための取引所の活用方法などについて解説します。

初心者が利用しやすいおすすめ取引所

仮想通貨取引所は世界中に数多く存在しますが、初心者におすすめなのは国内の取引所です。

なぜなら、海外の取引所の多くは日本語のサポートが充実していないためです。また、日本円での取引ができないことが挙げられます。

そこで最もおすすめなのが、bitFlyer(ビットフライヤー)です。

おすすめする理由は、国内大手である点やsqreen社が発表するセキュリティランキングで、米のコインベースと共に1位の評価を得ているためです。

取引所選びのポイントとして、セキュリティが高いことは非常に重要なポイントです。

ビットフライヤーで短期間に利確するためには、レバレッジ取引やアービトラージ(裁定取引)といった活用方法があります。

ビットフライヤーでは、最大で15倍のレバレッジがかけられます。

そして、ビットフライヤーの次におすすめなのがbitbank(ビットバンク)です。

ビットフライヤーより知名度は落ちるものの、サイトやアプリの利便性が高く、何よりユーザーから高い評価を受けている点からもおすすめです。

これらの取引所以外にも国内外のおすすめの取引所を知りたい方は、こちら

の記事を参考にご覧ください。

ビットコイン取引所のおすすめは?特徴やセキュリティを徹底比較ビットコインの取引所を徹底比較!これからビットコインの投資を始めようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 とは言...

ビットバンクでもレバレッジ取引ができ、最大で20倍のレバレッジがかけられます。1万円程度のBTCから取引が可能です。

仮想通貨やトークンの保管方法

保有する仮想通貨やトークンは取引所に預けることも可能ですが、なるべくならご自身でウォレットを用意して保管することをおすすめします。

その理由は、国内大手の取引所コインチェックで起きた仮想通貨流出事件が挙げられます。

取引所はハッキングされる可能性が高く、高いセキュリティを誇る取引所であっても100%安全だとは言い切れません。

なぜなら、ホットウォレットと呼ばれるインターネット上に保管する「ウェブウォレット」が活用されているからです。

一方、オフラインで保管するウォレットのことを「コールドウォレット」と呼びます。

コインチェックの事件を機に、国内取引所でもホットウォレットからコールドウォレットへと移行しつつありますが、利便性の面から両方を活用する取引所もあります。

コールドウォレットの中でもおすすめなのは、ペーパーウォレットとハードウェアウォレットです。

ペーパーウォレットやハードウェアウォレットについての詳細は、こちらの記事で解説しています。

参考記事①:「仮想通貨はペーパーウォレットに?ペーパーウォレットが最強なワケ

仮想通貨はペーパーウォレットに?ペーパーウォレットが最強なワケウォレットの選び方で保有する仮想通貨を失うことも現在、保有する仮想通貨の保管場所として5種類のウォレットが存在します。...

参考記事②:「ハードウェアウォレットは仮想通貨を安全に管理するための必需品

ハードウェアウォレットは仮想通貨を安全に管理するための必需品ハードウェアウォレットとは、外部の端末機器を利用した仮想通貨ウォレットです。外部の端末を利用することで、インターネットから切り離した状態...

このように、どの取引所を利用するのか、保有する通貨やトークンをどこで保管するのかも自身の資産を守るために非常に重要なことなのです。

セキュリティが高い、利用しやすいなど様々な利点から取引所やウォレットを選ばれると思いますが、自分の資産は自分で守るということだけは忘れないようにしておきましょう。

仮想通貨の初心者が失敗談から学ぶべきこと

初心者が仮想通貨でなるべくリスクを最小限に抑えるためにも、経験者の失敗談から学ぶべきことがあります。

ここでは、経験者が初心者の頃にやってしまった失敗談をいくつかご紹介します。

失敗その1. イナゴに飛びつく

仮想通貨についてネットで調べていると必ず目にする言葉が「イナゴ」で、「イナゴタワー」や「イナゴ投資家」、「イナゴトレーダー」などのように使われています。

このイナゴとは、短期間に特定の仮想通貨に個人投資家が集中し、値が上昇している間に一斉に去って行く投資家のことを指しています。

その様子が収穫間近の稲穂に群がるイナゴに似ていることから、そう呼ばれています。イナゴは9種類に分類されており、それぞれの特徴が投資方法を物語っています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

仮想通貨に群がるイナゴとは?殿様イナゴとイナゴタワーの関係性株式投資と仮想通貨の「イナゴ」ビットコインやアルトコイン、そして草コインと一部の仮想通貨は、次々と「億り人」を誕生させています。...

また、投資の世界では情報によって価格が上下する可能性が非常に高いため、いかに正しい情報を得て、誤った情報を見極められるかが失敗しない重要なポイントになるのです。

失敗その2.手数料を考慮せずに売買

初心者にありがちな失敗として、仮想通貨の価格だけに注視して手数料を考えておらず、結果的にマイナスになってしまったということがあります。

取引の際には、手数料がいくら必要なのかを考慮した上で行うようにしましょう。

また、手数料は取引所や銘柄によって異なる場合があるので、取引前に取引所の公式サイトで必ずチェックしておくようにしましょう。

失敗その3. 損切りのラインを決めていない

初心者にありがちな失敗として、下がり続けている仮想通貨に対し、「今は一時的に下がっているだけで、ここから上がっていくはずだ」と根拠のない自信を抱いてしまいがちです。

その結果として、大損してしまうという失敗が多いのです。この失敗談から学ぶべきことは、損失を最小限に食い止めるために損切りラインを決めておくということです。

損切りとは、

「ここまで下がったら損を確定させよう」

と自身であらかじめ損の確定ラインを決めておくことを指します。

損切りラインを決めておくことで、それ以上の損失のリスクから自身の資産を守ることができるのです。

優秀な投資家は、誰でも自身で手を引くタイミングをしっかり理解しているものです。初心者もこれに倣い、自身の損切りラインを決めてから投資を行うようにしましょう。

これらの失敗談のように目先の利益だけに捉われず、常に冷静に現状や情報を分析しながら取引を行うようにしましょう。

そして、身を引くラインを事前に決めておき、自らの感情や根拠のない閃きだけで行動しないよう注意しましょう。

情報に惑わされずに投資をしよう

仮想通貨の初心者がなるべくリスクを最小限に抑えるためには、様々なことを学んでおく必要があることがお分かりいただけたことでしょう。

何の準備もなく、直感や誤った情報に踊らされて行動してしまうと、利益を得るどころか損失を出してしまう可能性があります。

ここで解説してきた内容を踏まえた上で、正しい知識を学び、正しい情報を得た上で小さくテストしていきながら、投資手法を会得していってくださいね。

関連記事