ニュース・速報

今週の高騰アルトコイン特集(7/30〜8/5)下落相場でも上昇を魅せた通貨は?

今週の仮想通貨市場は全体で2,500億ドル台へ転落。

今週(7/30〜8/5)の仮想通貨市場は、ここ数週間底上げを続けてきた市場とは異なり大きく下落しています。


引用:coinmarketcap

先週は3,000億ドルのラインを寄り添う推移でしたが、そのパワーも力尽き、7月30日から8月5日にかけておよそ17%の下落となってしまったのです。

なお、ビットコインも8,000ドルの水準を下回り、現在は7,000ドルも割ろうかといった動きを魅せています。
今週はビットコインの下落もありアルトコインも全体的に下げ相場となりましたが、果たしてその中でも高騰を魅せた通貨はあったのでしょうか?

では、以下より今週(7/30〜8/5)のアルトコインについて、時価総額2位から100位までで目立った動きを魅せた通貨をピックアップしていきます。

【時価総額2位〜100位】今週の注目アルトコイン上昇ランキング

今週は2位〜60位といった上位のアルトコインに特段の高騰はありませんでしたが、対して比較的下位のアルトコインに大きな動きが見られました。
その高騰アルトコインは以下の3つです。

  1. Empowr Coin(EMPR) +125%
  2. Metaverse ETP(ETP) +39%
  3. ODEM(ODE) +12%

1位 Empowr Coin(EMPR)【73位】

現在時価総額73位の仮想通貨「Empowr Coin(EMPR)」は、今週125%の上昇を魅せました。


引用:coinmarketcap

Empowr Coinとは、SNSコンテンツを作成するユーザーに報酬を与えるシステムを構築する仮想通貨であり、投げ銭のようにコンテンツを投稿するユーザーへ仮想通貨を与える事が出来ます。

このEmpowr Coinは2018年の7月末にCoinMarketCapに掲載され、その取引高が急増しました。
Empowr Coinが購入出来るのはToken Storeと呼ばれる取引所に限っており、対ETH建てで購入出来ます。

そのチャートを見ると取引ボリュームは7月中旬から増え始め右肩上がりで価格が上昇しており、8月2日と3日の2日間でおよそ130%と大きく高騰しています。

なお、このEmpowr Coinはプロジェクトの近況をYoutubeにてライブストリーミング形式で配信しているのが特徴です。

2位 Metaverse ETP(ETP)【65位】

現在時価総額65位の「Metaverse ETP(ETP)」は今週39%の高騰を魅せました。


引用:coinmarketcap

Metaverse ETPとは2016年に始まった中国発の仮想通貨であり、企業や個人にブロックチェーンのフレームワークを提供します。
これによって、デジタルアセットやデジタルアイデンティティーなどを作成する事が可能になります。

なお、このETPが取引されている市場は以下の通り主に「TOPBTC」「Bitfinex」「Bit-Z」といった取引所です。


引用:coinmarketcap

ここで注目なのがTOPBTCと呼ばれる取引所であり、同取引所ではETPが対人民元(CNY)で取引されており、それが全体のおよそ43%にも及んでいる点です。

TOPBTCではビットコインやイーサリアム、イオスといった主要通貨が対CNYで取引されており、一日におよそ100億円を超える取引ボリュームがあります。

ETPはそんなTOPBTCでの対CNY(厳密にはQQCであり、中国国内での決済に用いられる仮想通貨との事)ペアでの取引が多くのシェアを占めていることから、今後チャイナマネーの流入の影響を大きく受けるのではないかと考えられます。

その価格は2018年7月以降綺麗な右肩上がりを魅せており、今後期待出来る通貨の一つだと言えるでしょう。


引用:TOPBTC

3位 ODEM(ODE)【85位】


現在時価総額85位のODEM(ODE)は今週12%の上昇を魅せました。


引用:coinmarketcap

ODEMとは、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトを利用して学生と教授とを直接マッチングさせてオンデマンド教育市場を形成するプロジェクトです。

このODEMは上記のチャートの通り、4月に上場以降ほぼ右肩上がりで価格を伸ばしているのが特徴の仮想通貨であり、今週もその勢いを一段と上げて来ました。

更にODEMは8月1日に非営利組織のInternetBar.org Institute(IBO)と提携し、難民にブロックチェーンを利用したデジタルの教育記録を提供する事が発表されています。

ODEMのブロックチェーン技術を用いて分散型アプリケーションDappsでの教育コンテンツを展開すれば、災害によって難民となった人でも物理的に学校へ行かずに教育が出来るようになり、教育の在り方が変わるかもしれません。

この提携を受けてODEMの価格は7月末に大きく動きました。


引用:coinmarketcap

今後の動向にも要注目です。

今週のアルトコインまとめ

今週は上位アルトコインが盛り上がりに欠ける進捗でしたが、一方で下位通貨の底上げが見られる市況でした。

ビットコインドミナンスを見ると、今週もBTCの市場シェアはわずかながらも上昇しています。


引用:coinmarketcap

来週はアルトコイン全体的に価格が回復される事を期待したいですね。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。