ビットコイン

ビットコインのメリット・デメリットとは。仮想通貨は決済の常識を変える?

ビットコインの「メリット」と「デメリット」

ビットコインの存在は既に多くの人々に認知されていますが、「なぜビットコインを利用する事が良いと言われているのか?」を正確に理解されていない方も多いでしょう。

ビットコインは価格変動による利益を狙うという投機的な側面だけではなく、技術的な部分でも将来が期待されています。仮想通貨を支えるブロックチェーンを中心としたシステムが素晴らしいのも大きな特徴です。

ビットコインにはメリットもあればデメリットもある訳ですが、日頃のニュースでは、取引所の破綻や仮想通貨流出など、デメリットばかりが大きく取りあげられる傾向にあります。

そもそも仮想通貨が私達の生活にどの様に役立つのか。将来どのような期待が持てるのか。今回はビットコインを中心に、仮想通貨のメリットとデメリットを解説します。

ビットコインの4つのメリット

それでは早速、ビットコインを利用するメリットから解説していきます。以下のメリットは、ビットコインが世界中で話題となり、急速に広まった理由にも繋がっています。

メリット1:世界共通の通貨として利用できる

私達が普段使用している通貨は「円」ですが、国が変わればその国の法定通貨に両替しなければ使用することはできません。しかも、為替のレートには変動がありますし、両替にも手数料がかかります。

一方で、ビットコインは国境などの概念もなく、世界共通の通貨として取引ができます。ビジネスの展開もしやすくなり、海外との取引にも有効な決済方法です。

また、国際送金よりも格安な手数料で送金することができますし、銀行のように土日、祝日など関係なく24時間送金できるのもビットコインのメリットです。

信用調査などにかかる時間もありませんから、送金スピードも速く迅速な取引をすることが可能で、あらゆる側面から見てもビットコインは有望な決済手段と言えるでしょう。

メリット2:安全な支払いができる

世界中で使用できる決済方法としてクレジットカードを例にしてみましょう。

オンライン上でクレジットカード決済する場合には、相手にカード情報を渡す必要があり、便利な側面もありますが同時に危険な側面も持っています。セキュリティーの甘いネットショップやそもそも不正が目的の怪しいお店で決済した場合にはカード情報を抜き取られてしまう可能性もあるでしょう。

しかし、ビットコインの場合にはカード番号やパスワードなどの秘密情報を相手側に教える必要がありません。取引をする時には「公開鍵と秘密鍵」を用いりますが、秘密鍵は自分だけが知っている暗号ですので教えない限りは個人情報が漏れることはありません。

今では当たり前のようにクレジットカードを使用する人達が多いですが、ビットコインの方がより安全に決済ができるということはビットコインの将来性にも期待ができるということです。

メリット3:リスク分散として資産を守ることができる

ビットコインの発行上限枚数は2100万枚と限りがあります。この性質から金と同じような考え方ができます。金も埋蔵量は限られていますよね。

発行枚数に上限があるということはインフレになる可能性も低く、ビットコインに資産の一部を分けておくことで、自国の通貨がハイパーインフレに陥った場合でもダメージを回避することができます。

実際にベネズエラではハイパーインフレにより国民の多くが食料や医薬品の入手に苦しんでいて、ビットコインを安全資産として保有する動きが強まっています。日本も物価上昇により円の価値は下がっていくと見込まれます。将来ビットコインが円の代わりとなる時代がやってくるかもしれません。

メリット4:マイニングによって自分で生み出せる

少々難易度が高い話ではありますが、ビットコインはコンピューターを使用し、個人でも生み出すことができます。これをマイニング(採掘)と言います。

しかし、ビットコインは仮想通貨取引所・販売所で購入することが一般的ですし、コンピューターを使用するとなると設備や電気代などのコストがかかりますので収益を出すには難しい現状となっています。

ただ、「クラウドマイニング」というサービスもあり、投資した額に応じた配当が得られるなどコストをかけずに参加することもできますので、初心者の方はこちらを検討するのもいいでしょう。

ビットコインの4つのデメリット

続いてデメリットについて解説していきます。ビットコインの画期的なシステムにどのようなデメリットがあるのでしょうか。

デメリット1:価格変動が大きく投機的側面がある

ビットコインの価格変動は激しく動き、あっという間に数十万単位で値動きを見せる投機的な側面があります。現在ビットコインの取引をする人達も投機が目的で取引をしている方がほとんどではないでしょうか。

短期間で思いがけない損失を出し絶望する人もいれば、急激な価格の高騰により利益を出す人もいます。今後どうなるかは定かではありませんが、高騰や暴落を繰り返している現状を考えると価値の保存には向いていないでしょう。

デメリット2:取引の取り消しができない

ビットコインを送金する際に最も注意して頂きたいのが「誤送金」です。送金時に必要なビットコインアドレスを間違って入力し、送金した場合には、その取引を取り消すことができません。

これはビットコインのシステムが強固である反面リスクとなるでしょう。実際には、間違ったアドレスを入力しても「無効なアドレス」として検知してくれますので、誤送金をしてしまう可能性は低いのですが、間違って入力したアドレスを使用している人が居た場合には送金されてしまうため、あり得ない話ではありません。

現状、対策としてはアドレスをコピー&ペースやQRコードの読み取りで行い、手入力は避けて誤送金のないように心がける必要があります。

デメリット3:マネーロンダリングの可能性も否定できない

マネーロンダリングとは、「不正で得た汚い資金をあたかも正当に手に入れたように綺麗に見せかける」という犯罪で資金洗浄の事を意味しています。マネーロンダリングの手法は様々で、麻薬の売買やテロリストの資金、企業の脱税などがあり、身元を特定されないことが最重要としている犯罪手法です。

ビットコインは「非中央集権通貨」であるため、銀行口座のように管理者がいません。匿名性に優れている点はビットコインのメリットなのですが、匿名性があるが故にマネーロンダリングの標的とされてしまう可能性も否定できない現状があるのです。

デメリット4:利用できる店舗数がまだ少ない

ビットコインが世界共通で利用できるのは非常にメリットですが、日本ではまだまだビットコイン決済に対応している店舗が少ないです。

しかし、ビックカメラやヤマダ電機など大手家電量販店や大手旅行代理店エイチ・アイ・エス(H.I.S.)がビットコイン決済に対応するなど、着実にビットコイン決済に対応する店舗は増えています。

このままこの流れが広がれば、決済で気軽にビットコインを利用する時代が来るのも時間の問題と言えます。

ビットコインは今後どうなる?将来性に期待

ビットコインは値動きも激しく安定していない側面はありますが、仕組みや利便性を理解すると、とても画期的かつ可能性に満ち溢れていることが分かります。

改善しなくてはならない問題があるのは事実ですが、決済ができる店舗や導入を進める企業が着実に増えていくと予測できますので、今後は更に発展していくことでしょう。

恐らく今回の記事を最後までご覧になっている方は、ビットコインに興味はあるけどまだ保有していない方が多いのではないでしょうか。

まずはビットコインをより理解する為に少額からでも保有してみることをおすすめします。

関連記事