ビットコイン

ビットコイン(BTC)がトルコリラに変わる国民通貨となるのだろうか

仮想通貨相場における負の連鎖は、仕組まれたシナリオなのか

ブロックチェーン

ビットコイン(以下、BTC)相場は14日、先週末から今週初めに6400ドルの水準を超えて固定したように思われた後に著しく弱まっており、現在は6000ドル周辺で取り引きされています。

「コインマーケットキャップ」の情報によると、日本時間16時18分の時点で、BTCは6.35%値下がりし6013ドルの値をつけています。

仮想通貨の取引量で最大の取引所「Binance」では、BTCは6.93%下落し5966ドルとなっており、最近の1週間で、価格のおよそ14%に当たるほぼ1000ドル値下がりしました。

eToroのアナリストは

「トルコリラ下落はあらゆる市場に急拡大し、今や仮想通貨にも波及しているようだ」

と述べております。

トルコリラ下落による仮想通貨相場への影響とは

米国とトルコの関係悪化に伴い、トルコ通貨の“リラ”が急落、世界の金融市場は揺れています。

トルコの法定通貨であるリラですが現在安値を更新し続けている状況にあり、10日にトルコの仮想通貨取引所の取引高が急増していることが確認され、

仮想通貨の取引に走る国民が増える

という正常とは言えない現象がおきています。

CoinMarketCapによれば、トルコの仮想通貨取引所である

  • Paribu
  • BTCTurk
  • Koinim

は過去24時間でその取引高は100%以上の上昇を見せておりますが、国としての仮想通貨取引全体のボリュームとしては、トルコ最大のBTCTurkにおいても1172万USDとそこまで大きくはありません。

トルコの法定通貨であるリラは現在過去最安値を更新しており、これは大統領であるErdoğan氏の経済政策に対する世界中の不安などによるものだとされています。

トルコは現在経済恐慌の状態にあり、メディアの報道によれば大統領はトルコ市民に対し、米ドルやユーロ、金などを自国の通貨であるリラに交換するように呼び掛けていたようです。

Bitmov氏によると、トルコの銀行は間もなく、米ドル預金を持つ顧客へのサポートを中止するのではないかという噂が(イスタンブールで)飛び交っているといます。

同氏は

「自国通貨や銀行が信頼できなくなれば、どうすればいいのか?」

と悲観的に話し、トルコ国民が自国の通貨への信頼を失った場合、ハイパーインフレ下のベネズエラで起きたBTCや仮想通貨の高騰が、トルコでも再現される可能性があると予言しています。

ビットコイン(Bitcoin)はテザーによるUSDTトークン発行で相場が一服かビットコイン価格がようやく落ち着きを取り戻す引用:https://jp.tradingview.com/chart/%E3%...

仮想通貨は画期的な革命であるという盲信

仮想通貨が、国民の通過しれ認知される一方で、米決済サービス大手ペイパルの元CEOであるビル・ハリス氏は14日、CNBCの番組内

BTCの価値はかなりゼロに近くなります

と発言しました。

同じく米決済サービスのスクエアは、BTC取引を全米で解禁するなど仮想通貨の普及を見越したサービスを展開しており、同じ業界内でも仮想通貨の未来について見方は別れています。

金融市場の暴落とビットコイン台頭を予言するロバート・キヨサキ氏の考察とは世界発行部数3200万部を誇る著者が語るこれからの金融市場とは 世界発行部数3200万部を誇る『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者として...

同氏は、BTCやリップル(XRP)が好きな人がよく話すように現状の国際送金システムは遅くて高いが

「国際送金システムの問題を解決するのに必要なのは、ビットコインやリップルではなく、より速いネットワークの構築です。」

と指摘し、BTCなどの仮想通貨の存在を否定しました。

また、仮想通貨は、送金スピードが速い、自由、スケールできる、効率的である、セキュリティー面が強い、世界中で受け入れられて使いやすいなどと、信じられていますが、全て間違ってると主張します。

なぜならBTCの取引時間は遅く、スケール化には問題があり、ボラティリティも高いです。
ボラティリティの問題は、それだけでも決済手段としてビットコインを使えなくするものであり、価値保存手段としてはありえないとし、以下のように結論づけました。
我々は、デジタル通貨をすでに持っており、もっと安定して幅広く受け入れられて
いるじゃないですか。
それは、ドルや円と呼ばれている通貨です。

仮想通貨市場は、ICOプロジェクトの売却懸念が先行し、Ethereum(イーサリアム)が下落したことにより、アルトコイン相場全体的に普及し、一気に下落相場に転じました。

Ripple(リップル )が、過去最高値から90%を超えたほか、時価総額100以内の通貨の半数弱が過去最高値から90%安となっていることから、仮想通貨市場の終焉の到来を告げているのでしょうか。

今週のBitcoin(ビットコイン / BTC)の価格変動(8/4~8/10)ビットコイン一時60万円台に下落出典:https://www.coingecko.com/ja先週は一時90万円台を保持...
関連記事