ビットコイン

ビットコインの今後を予想。2018年のビットコインの行く末は?

2017年に一躍有名になったビットコイン

新しい投資として注目を集めた仮想通貨取引の代表格といえばビットコインです。国家が発行する通貨の代わりに、取引の決済を担うことを目標として発展中です。ビットコインが実際の通貨と同じように決済取引での使用が増えて行くと、ビットコインの価値はそれに比例して上昇します

同じ通貨の取引であるFXも人気ですが、実際に取引されているレートがほぼ確定しており、通貨の価値が僅かで何十倍にもなることは難しいです。ビットコインの潜在能力は非常に高いと見込まれており、実際の通貨に取って変わる時代になれば、現在の価値が数十倍になる可能性もあります。

2017年はビットコインを購入することができる取引所の認知度が高まった年です。有名人のテレビコマーシャルはお馴染みになりました。また、会社員であってもビットコインの取引に参加することが一般的になりました。

インターネット環境が益々発展していく未来の時代に合わせ、進歩を続けるビットコインの今後はどうなるでしょう。

ビットコインの今後につながるトレンド

2017年は、ビットコインを代表格とする仮想通貨に投資する人が多くなりました。仮想通貨の潜在能力にも注目が集まり、著名な個人投資家のブログでもビットコインの取引を推奨する流れとなり、投資熱もどんどん高まって行きました。

ビットコインは、実際の通貨とは異なり、為替の取引レートは適用されません。発展すれば世界中の取引で利用できる魅力があります。加えて、スマートフォンやパソコンの電子決済を必要とする世間からの関心も高まっています。

一方、仮想通貨取引所への不正アクセスが2018年1月頃に発生したことで、仮想通貨取引に対する信頼が揺らぎ、仮想通貨の取引に投資した人が大きな損失を被りました。その影響もあり、今後、ビットコインへの信用度は課題となりそうです。

しかし、時価総額10兆円を超えるビットコインに対する認知度はさらに高まっています。企業がビットコインに出資するケースも増えており、ビットコインに代表される仮想通貨取引が個人投資家にも広がっていくと、さらに取引が活発になる可能性があります。

我々は仮想通貨取引がスタートした時代に生まれています。せっかくのチャンスに恵まれているのですから無駄にしないように、少しの勇気を持って、少額からでもビットコインを保有してみましょう。

ビットコインの今後の展望

ビットコインを利用した取引が活発になると、ビットコインを所有している人は驚くような利益を得る可能性があります。億万長者になる可能性も少なくないので、とても夢がある投資であることは疑いようがありません。

ここでは今後ビットコインの需要が高まっていくか、その展望を考えて行きます。

現代ではインターネットを通して、世界中の人たちとコンタクトが取れるのは常識となりました。インターネットで情報のやり取りをする技術が発展する限り、仮想通貨の魅力は失われることは無く、投資の対象として様々な人達からの出資が集まることでしょう。

また、ビットコインを使える店舗は世界中にあり、仮想通貨取引のパイオニアとして開発されたビットコインの認知度は日に日に高まっています。今後、ビットコインを利用した実際の取引が広がっていく可能性も十分にあるでしょう。

加えて、ビットコインは仮想通貨の”基軸通貨”の役割を果たし、業界を牽引していますが、その他の仮想通貨にも投資を行う人達が急激に増加しています。この”アルトコイン”と呼ばれる仮想通貨の時価総額はビットコインのそれに比例して増え続けています。

広がる仮想通貨市場の中で、ビットコインが仮想通貨の代表格として発展し続ける可能性は極めて高いでしょう。

【2018年】ビットコインの今後の予想

2018年、ビットコインは日本の仮想通貨大手取引所で発生した不正アクセス問題から脱却する必要があります。この問題の影響もあり、ビットコインなどの仮想通貨取引ではセキュリティ面が疑問視されています。

今後、この問題を解決すべく、各取引所も対応を行っていくでしょうし、個人投資家の間でもより慎重なセキュリティ対策が行われていくことでしょう。

仮想通貨のセキュリティ対策が浸透していくと、それに応じて仮想通貨全体の信頼も回復。仮想通貨の代表格であるビットコインの価格も上昇することが予想されます。

ビットコインの信用が揺らいでいる2018年の年初は、長期的な観点で見ると保有するチャンスなのかもしれません。

【2020年】ビットコインが予想を超えて上昇?

ビットコインは2017年12月に記録した最高価格の200万円を超えられるのかが、一番のポイントとなります。チャートでは上ヒゲのローソクを形成して、その後、価格は下落しています。

ビットコインが記録した200万円という価格は長期的な抵抗線として意識されることになるでしょう。日足でトリプルトップの形を形成しており、ビットコインのセキュリティ機能が充実していく中でのハードルなると予想します。

また、2020年は、東京オリンピックの開催が予定されており、クールジャパンを推し進める日本政府は、アニメーションの配信などで利益が見込まれる、ゲームによる仮想通貨取引を容認していく可能性があります。

インターネット事業の発展に伴った仮想通貨の取引は拡大する見込みであり、2020年のビットコインの価格が、抵抗線の200万円を超えると、ラインブレイクによる価格の急上昇が多いに期待できます。

ビットコインの今後の価格予想

  

2018年からの当面のターゲットは、ヘッド&ショルダーが形成されている160万円を突破できるかが注目です。ビットコインのセキュリティに関する不安が市場から取り除かれれば早々に達成する可能性は十分です。

更に長期的な抵抗線となっている200万円を突破するには、ビットコインだけでは無くアルトコインの投資額も影響します。ビットコインがある程度の価格に到達後には、ベンチャー的に他の仮想通貨へ投資する流れが出てきます。

今後はビットコインへの信用度が高まり、他のアルトコインへの投資が落ち着いて行きつつ、ゆっくりとビットコインの価格は上昇を描いていくと考えます。長期的には下落しているビットコインは買い時と考えるのが妥当でしょう。

さらに長期的な展望では、少子高齢化の影響により日本円の価値よりも、ビットコインの価値が高まる可能性が高いと予想します。手持ちの資産を全てビットコインに投資するのは躊躇するかもしれませんが、数年後の大きなリターンを手に入れることができるチャンスになるでしょう。

2018年もビットコイン購入の大チャンス

一般の人でも気軽に仮想通貨を購入することができるようになり、さらに人気が高まることが予想されるビットコイン。仮想通貨のトレンドは始まったばかりですが、今後も人気は継続すると思います。

世界中の様々な店舗でビットコインが使用できる時代が実現すれば、銀行に手数料を支払うこと無く、取引や決済ができるようになります。

2018年の1月〜2月は、仮想通貨のセキュリティに対しての不安から、ビットコインは値段を下げていますが、長期的に見るとこれから広がる仮想通貨取引に向けた絶好の買い時と考えています。

金融資産のパフォーマンスはゼロ金利政策の中で低空飛行を続けています。また、株式やFXで見込まれるリターンは、値幅が仮想通貨よりも限定的です。心が踊る莫大なリターンを手に入れるためには、多少のリスクは覚悟すべきです。

インターネットを使った取引が世界中に広がるにつれて、ビットコインの可能性もどんどん拡大していきます。ビットコインの未来は明るく、2018年はビットコインを購入するビックチャンスと言えるのではないでしょうか。