ニュース・速報

仮想通貨交換所ビットポイントが本田圭佑選手との提携発表、3000円のビットコインキャンペーン開始

BITPOINT社が、本田圭佑氏を選んだ理由とは

株式会社ビットポイントジャパンは、同社が運営する仮想通貨交換所「BITPoint(ビットポイント)」のイメージキャラクターに本田圭佑氏を起用したことを発表しました。

併せて本日より、アメリカ・ハリウッドのスタジオにて本田圭佑が「本気のトレーニングモードで」臨んだイメージムービーを公式サイトにて、動画公開しました。

今回の本田選手のイメージキャラクター起用についてビットポイントジャパン社は

「本田選手の常に新しいチャレンジを続ける姿勢と、当社の掲げるビジョンと理念が重なったため、起用させていただきました。」

と説明し、サッカーだけでなくビジネスでも才覚を発揮する本田圭佑氏と強力タッグを結成しました。

日本のエース本田圭佑、フィールドから仮想通貨業界へ日本のエース本田圭佑が始動する、「本田通貨」とは現在2018年FIFAW杯出場に向けたグループ戦が行われており、現在日本グル...

最近の本田圭佑氏の動向とは

本田圭佑氏の近況では、オーストラリア・A リーグのメルボルン・ビクトリーへの移籍、現役続行に加え、カンボジア代表の実質的な監督就任を発表し、

ビジネス面においてもベンチャーファンド「ドリーマーズ・ファンド」を設立するなど活躍の場を広げており、など、常に新しいチャレンジを続けています。

イメージムービー内のキャッチコピーのナレーションとして、本田圭佑氏の

未来を変えるためにに失敗を恐れず、日々、努力しているんです。

という言葉を採用し、ストイックにトレーニングに励む本田圭佑氏の姿と、夜景の見える一室をスマートに歩く姿を対照的に映し出しており、

『イメージムービーのテーマが、「世界一を目指すために、日々挑戦、努力する」ということで、僕の考えと一致する部分があるなと思いながら撮影に臨みました。』

と、同氏はコメントしております。

契約金については、ビットコインで支払われた模様であり、金額は非公表です。

BITPOINT社、3000円相当のサマーキャンペン開催中

https://www.bitpoint.co.jp/

BITPoint社は、常に新たな市場に挑戦し、顧客へ新たな価値を提供し続ける株式会社リミックスポイントの子会社として、「安心・安全な仮想通貨取引」をモットーとする仮想通貨交換所を運営しています。

仮想通貨交換業者の中で最も資本金が多く、金融商品取引業水準の強固なセキュリティ態勢、24 時間365 日の監視態勢を構築しています。

そんな同社では2018年8月20日からサマーキャンペーンを開始し、

  • キャンペーン期間内の口座開設
  • 5万円以上のご入金

で3,000円相当分のビットコインをプレゼントするとしています。

キャンペーン期間2018年8月20日(月) 〜2018年9月30日(日)

キャンペーン対象者期間中に新規口座を開設し、5万円以上ご入金頂いた方

プレゼントビットコイン3,000円相当分(約0.0042BTC)

プレゼント進呈日2018年10月30日(火)を予定

注意点

  • 入金は、当社お客様口座への反映をもって確定とさせていただきます。
  • ご入金方法につきましては、入金についてをご確認ください。
  • ビットコインの配布数量は2018年9月30日(日)16:00の価格にて決定いたします。
  • プレゼント進呈時に総合口座を閉鎖されている場合は対象外となります。
  • 本キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合がございます。
  • ご登録いただいたご連絡先へのご連絡が確認できない場合、プレゼントの進呈を無効とさせていただく場合がございます。
【ビットポイント】気になる人気の秘密。評判・利便性や安全性を検証。https://www.bitpoint.co.jp/ 2016年3月3日、株式会社ビットポイントによって設立された仮想通貨取...

ビットコインの動向とは

仮想通貨市場は、先週の大幅な下落から回復しており、主要通貨のほとんどが堅調な動きを見せております。

ビットコイン(BTC)は現在、過去24時間で2.46%上昇し、足元では720,655円で取引されています。

引用:https://jp.tradingview.com/chart

ビットコインの信奉者らは、この仮想通貨がいつかドルに取って代わると説いて回りますが、今すぐではないことは明らかでしょう。

ビットコインはまだ貨幣とは見なされず、存続可能な資産クラスだとすら認められず、米国のマネーサプライ、つまり紙幣や硬貨、トラベラーズチェックなどに取って代わるには、

  • ビットコイン価格が約21万3000ドル(約2400万円)に達するか、
  • 基盤のネットワークの処理能力が大幅に向上することが必要だろう

とUBSが最新のリポートで分析しました。

リポートにおいて

「ビットコインは現在の形では不安定かつ制限があり過ぎるため、実用的な国際取引の決済手段や主流の資産クラスになることはできないことが、当社の調査で示唆された」

としております。

再び、ビットコインが過去最高記録の200万円台を突破するときには、ビットポイントによるキャンペーンプレゼントが1万円以上になるとされるため、将来先を見据えて先手を打つのも、一つの手といえるでしょう。

関連記事