アプリ

マイイーサウォレットとは?クレジットカードでETH購入が可能に

クレジットカードで仮想通貨が購入できる時代

クレジットカードで仮想通貨が購入できることをご存知でしょうか。

これまで、仮想通貨の購入には円やドルなどの法定通貨や仮想通貨同士の交換が当たり前であり、仮想通貨の購入は取引所や販売所を通して行われるのが一般的でした。

しかし、マイイーサウォレットではクレジットカードを使い、イーサリアムを購入することが可能になったのです。

MyEtherWallet.comの公式Twitterでも発表されています。

そこで、マイイーサウォレットの特徴やクレジットカードでの購入方法などについて説明します。

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)の使い方。送金方法や作り方も仮想通貨にかかせないウォレットコインチェックによるネム流出事件がきっかけでビットコイン以外の仮想通貨の認知度が上がりましたが、セ...

そもそもマイイーサウォレットとは?

マイイーサウォレットとは、イーサリアムを管理するためのウォレットの1つで、略語で

MEWMyEtherWalletの頭文字)

と表示される場合があります。

ウォレットは仮想通貨のお財布のようなもので、仮想通貨を保有する人にとって欠かせない存在です。

それぞれの仮想通貨に対応したウォレットがあり、マイイーサウォレットはイーサリアムまたはイーサリアムをベースにしたトークン(ERC-20)に対応したウォレットなのです。

マイイーサウォレットの対応通貨は、

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ERC-20トークン(オーガー(REP)、バイナンスコイン(BNB)、オミセゴー(OMG)、トロン(TRX)など)

が挙げられます。

マイイーサウォレットは、以下の3つの特徴があります。

  1. スマホやPCなどの端末で使える
  2. ハードウェアウォレットと連携できる
  3. 日本語対応している

1つずつ特徴についてみていきましょう。

特徴①スマホやPCなどの端末で使える

マイイーサウォレットの特徴として、スマホやPC、タブレット端末など様々な端末で利用できる利便性が挙げられます。

秘密鍵を忘れずにメモしておけば、いつでもどこでも、どの端末でもマイイーサウォレットへのアクセスが可能です。

ただ、20185月、7月と立て続けにハッキング被害が確認されており、Chromeの拡張機能を利用するユーザーは注意が必要です。

マイイーサウォレット(MEW)再びハッキングにcrhome拡張機能ユーザーは要注意 マイイーサウォレット(MEW)で再びハッキング被害が確認されたようです。Finte-Xで...

とはいえ、秘密鍵の管理を徹底していれば、ハッキングのターゲットになりやすい取引所のウォレットを利用するよりも、マイイーサウォレットの方が安全だといえるでしょう。

特徴②ハードウェアウォレットと連携できる

マイイーサウォレットはハードウェアウォレットと連携することが可能です。

ハードウェアウォレットとは、ウォレットの中でも安全性が最も高いといわれており、その理由は、PCなどの端末から切り離されたUSBやカードタイプの独自媒体に秘密鍵やアドレスなどの情報を管理できるためです。

マイイーサウォレットはハードウェアウォレットと連携することで、よりセキュリティの強化を図っているのです。

連携できるハードウェアウォレットには、

  • Ledger Nano S
  • Trezor
  • KeepKey
  • CoolWallet S
  • Digital Bitbox

などが挙げられます。

マイイーサウォレットとハードウェアウォレットの使い方としておすすめなのは、送金や決済で頻繁に利用する仮想通貨をマイイーサウォレットに管理することです。

その他の仮想通貨の貯蓄用として、端末から切り離されたハードウェアウォレットに管理すると良いでしょう。

注意点としては、ハードウェアウォレットの紛失や落として破壊するようなことがないように注意しましょう。

Ledger Nano Sで安心を手に。不注意でハマる落とし穴今一度仮想通貨の保管方法の見直しをそれほど仮想通貨の知識がない人でも報道で知る事となった、コインチェックのNEM不正送金事件...

特徴③日本語対応している

ウォレットの多くは日本語に対応していないものが多いのですが、マイイーサウォレットは日本語に対応しています。

日本語以外には、英語や中国語、スペイン語、イタリア語など24ヶ国語で利用可能です。

英語が苦手な人でも安心して使えるという点では、イーサリアム関連の仮想通貨を保有する人にとってマイイーサウォレットは欠かせない存在であることが分かります。

利用可能なクレジットカードの種類と購入方法

マイイーサウォレットで利用可能なクレジットカードは、以下の2種類です。

  • VISA
  • MasterCard

日本でも多く利用されているクレジットカードなので、すでに所有している人も多いことでしょう。

クレジットカードでイーサリアムの購入を可能にしたのは、2014年にEUでライセンスを取得したイスラエルのSimplexという決済会社のシステムが一役買っています。

Simplexのシステムは、AIによる独自の完全自動機械学習を活用し、トランザクションにおいて不正行為による仮想通貨の交換を排除することに成功しています。

さらに、最先端のテクノロジーが活用され、よりセキュリティを強固にしているのです。

クレジットカードでのイーサリアムの購入方法

出典:https://ccswap.myetherwallet.com/#/

クレジットカードでイーサリアムを購入する場合、こちらの購入画面

https://ccswap.myetherwallet.com/#/)からスムーズに行えます。

MyEtherWallethttps://www.myetherwallet.com/)にアクセスした場合は、「Buy ETH with credit card via Simplex」をクリックすることで、上記の画面にアクセスできます。

参考:https://www.myetherwallet.com/

では、購入方法を説明していきます。

1.購入するイーサリアムの数量を決定する

  1. 支払金額を入力する
  2. 購入したいイーサリアム(ETH)の数量を入力する
  3. イーサリアムのアドレスを入力する
  4. 「私はロボットではありません」のチェックボックスにチェックを入れる
  5. ①~④まで入力、チェックができたら、「Continue」をクリックする

2.基本情報の入力

Billing info画面が表示されたら、「Personal Details」欄に氏名やメールアドレス、電話番号、生年月日を入力する

②「Billing Address」欄に住所や郵便番号、在住国名を入力する

③上記の必要事項をすべて入力したら、「I have read and agree to the terms and Conditions and PrivacyPolicy.」のチェックボックスにチェックを入れる

チェックを入れると、利用規約に同意したことになります。

④「Continue」をクリックし、登録したメールアドレスと電話番号で認証を行う

電話番号での認証は、SMSで送られてきた認証コードを画面の空欄に入力します。

3.クレジットカード情報の入力

①「Payment」画面が表示されたら、クレジットカードに記載されている氏名やカード番号(16桁)、有効期限、セキュリティコード(カード裏面の数字)を入力する

②上記の項目を入力したら、「PAY NOW」をクリックする

4.本人確認の入力、身分証の提示

①パスポートや運転免許証などの身分証の画像をアップロードする

海外の企業のため、パスポートの方がスムーズに確認が行えます。

②身分証発行国や氏名(英語表記)、性別、生年月日、住所、居住国、郵便番号、身分証種別(パスポートや運転免許証などを選択)、身分証番号、身分証の有効期限などの必要項目に入力する

③身分証をアップロードし、上記の項目にすべて入力したら、「Upload Document」をクリックすれば、完了

クレジットカードでの購入時の注意点

マイイーサウォレットでクレジットカードによるイーサリアムの購入が可能なことは、ユーザーにとって便利なシステムといえるでしょう。

ただ、注意しておくべき点は手数料と取引の上限です。

マイイーサウォレットでクレジットカードを利用してイーサリアムを購入する場合、マイイーサウォレットの手数料(取引額の1%)と決済会社の手数料の両方がかかります。

決済会社が提示する手数料は5%前後となっているため、イーサリアムの購入額によっては手数料の方が高くついてしまう可能性があります。

次に、取引の上限についてですが、以下の画像の通り、初回と1日、月間で取引上限が決まっています。

クレジットカードでイーサリアムを購入する際は、上記の取引上限を頭に入れておくことをおすすめします。

クレジットカードの利便性と払拭されない不安と

マイイーサウォレットでクレジットカードを利用してイーサリアムが購入できるこのシステムは、利便性に優れていると評価することができます。

ただ、上記の注意点でも挙げた通り、購入額が少額の場合にかえって手数料が高くついてしまう点や取引上限が一定ラインで決まっている点から考えると、利用者は限定されます。

なるべく手数料を抑えたいという場合は、取引所での取引の方が安く抑えられる可能性が高いといえます。

個人的には、マイイーサウォレットが過去にハッキングされたことから、クレジットカードの個人情報を入力することへの不安は拭えません。

クレジットカードの情報が漏洩して、不正使用される可能性を考えると、マイイーサウォレットのセキュリティ面がさらに強化されることを期待したいです。

マイイーサウォレット(MEW)再びハッキングにcrhome拡張機能ユーザーは要注意 マイイーサウォレット(MEW)で再びハッキング被害が確認されたようです。Finte-Xで...
関連記事