ICO

仮想通貨NEXとは?注目のICOである分散型取引所NeonExchangeの将来性

NEOベースの分散型取引所NEX(NeonExchange)とは?


引用:NEX

NEX(NeonExchange)とは、仮想通貨NEOのブロックチェーンを基盤とした分散型取引所(DEX)です。

今回NEOをベースとして分散型取引所を構築するプロジェクトはNEXが世界初となり、2018年9月よりトークンセールが行われる事で大きく注目されています。
今年に入ってICOによる資金調達は多くのプロジェクトが不振となり、その調達額は日に日に縮小しています。
しかし、本プロジェクトはその注目度の高さから圧倒的なパフォーマンスを魅せる可能性を秘めているのです。
本記事では、そんな注目のICOプロジェクトであるNEXについて解説していきます。

仮想通貨NEOと分散型取引所(DEX)について

NEOとは?

そもそもNEXが基盤となる「NEO」とは、あらゆる資産をデジタル化して「スマートエコノミー」を作り上げる事を目的とした中国発の仮想通貨です。

仮想通貨ネオ(NEO)とは?その特徴と今後の可能性を考察仮想通貨NEO(ネオ)とは?仮想通貨NEO(ネオ)とは、中国で生まれた仮想通貨であり中国版イーサリアムと言われています。 この...

NEOはスマートコントラクトを利用してICOトークン(NEP-5 Token)や分散型アプリケーション(Dapps)を構築出来るプラットフォームである事から「中国版イーサリアム」とも呼ばれています。

分散型取引所(DEX)とは?

そして分散型取引所(DEX)とは中央管理者不在で自律的に稼働する仮想通貨取引所であり、秘密鍵を中央サーバーへ置かない事でハッキングリスクや運営側の内部不正リスクを回避する事が出来ます。

分散型取引所(DEX)とは?中央集権から分散化される価値交換取引所も中央集権型から分散型へとシフトブロックチェーンの根底にある「分散型」という概念は、通貨やプラットフォーム、アプリケーショ...

このDEXには既に「Bancor」「CryptoBridge」「KyberNetwork」といったプロジェクトなどが存在しており、イーサリアムのブロックチェーンを採用したDEXが「EtherDelta」です。

そして、今回新しくNEOをベースとした分散型取引所がNEXだというわけです。

分散型取引所NEX(NeonExchange)の特徴


引用:NEX

中央管理型の取引所が多くのハッキング被害に遭ってきた中、最近では次々と分散型取引所が開設されているのですが、それらのほとんどが読み込みが遅かったりユーザービリティに欠けたりしてしまっています。
しかし、NEXは既存の問題を解決した新しいDEXを構築し、分散型の経済生態系を作ることを目指しているのです。
では、NEXの特徴を解説していきます。

リヒテンシュタインの金融市場局からライセンスを取得している

NEXプロジェクトは中央ヨーローッパに位置するリヒテンシュタイン公国の金融市場局(FMA)からのライセンスを既に取得しており、NEXが欧州でエクスチェンジトークンとして売り出される為の必要条件を満たしています。

なお、NEXは米国証券法に基づいた登録はされていない為、後述するNEXのICOはアメリカでは展開されません。

クロスチェーンを用いてETHとNEOを交換出来る

NEXはクロスチェーンを用いて異なるブロックチェーンのアセットを交換する事が可能です。

クロスチェーンとは?
互換性が無く異なるブロックチェーン同士を直接つなぎ合わせる技術のこと

イーサリアムにはERC20を代表した多くのイーサリアムブロックチェーンをベースとしたトークンがありますが、一方のNEOにもNEP-5 Tokenと呼ばれるトークンが発行されており、その数は徐々に増えています。

ERC20,223,721とは?イーサリアムで用いられる技術仕様の仕組みトークンを取り巻くプラットフォームの現状近年仮想通貨市場ではあらゆるICOトークンが市場に出回るようになり、その種類は仮想通...

そしてNEXを利用する事で、これらの互いにブロックチェーンの異なるトークンを交換する事が可能となります。

スマートコントラクトによるトークンの交換

NEXはスマートコントラクトを用いたユーザー間での価値交換をサポートします。

スマートコントラクトとは。仲介者を不在にする未来の契約の形仲介者が不在となるスマートコントラクトブロックチェーン技術は、分散化された仮想通貨を誕生させた後に次々とそれが応用され、取引所、...

NEXのスマートコントラクトではNEP-5Tokenに準拠したロジックが含まれており、パフォーマンスの向上やネットワーク容量の削減を実現させます。

高い汎用性を持ったスマートコントラクトを用いる事で、NEOやGASトークンなどを使ったペイメントサービスもNEX上で展開する事ができます。

オフチェーンを用いた高速取引

NEXはオフチェーンを用いた「オフチェーン・マッチング」によって高速で1秒間に10万件以上のトランザクションを実行出来ます。

オフチェーンとは?
メインのブロックチェーン上に記録せず、その外で取引を実行して記録する技術

このオフチェーン・マッチングによってNEXは既存の中央集権型取引所のようなパフォーマンスを実現し、同時に上述したスマートコントラクトを用いてトラストレスな取引を実行します。

法定通貨との取引も可能にする

今日の分散型取引所の大きな問題点として、法定通貨との交換のサポートがされていない点だとホワイトペーパーでは指摘されていますが、NEXでは今後あらゆる法定通貨とトークンの交換も可能にする事を宣言しています。

NEXを支えるウォレットApp「NEX Wallet Extention」


引用:GoogleChromウェブストア

そして、上述したようなNEXの機能を支えるのが「NEX Wallet Extension」です。

同ウォレットアプリはユーザーインターフェースに優れたデザインとなっており、既にGoogleChromの拡張機能にてアルファ版がリリースされています。

同ウォレットアプリはAPIを利用してあらゆるサービスの決済やトークンの交換が出来るように構築されており、NEXやあらゆるDapps及びWEBサイト間でシームレスな接続を可能とします。


引用:NEX

これによって、WEBサイトなどでも同ウォレットアプリを開いてワンクリックで商品の購入が出来るようにもなるんですね。

NEXはまさにNEOの根幹にある「スマートエコノミー」の概念を支える為に存在すると言って過言ではありません。

分散型取引所NEX(NeonExchange)の開発チームとパートナー


引用:NEX

NEXの開発チームはおよそ20人で構成されており、共同設立者であるFabio氏とFabian氏の両者はNEOのオープンソースコミュニティである「City of Zion」の共同設立者でもあり、特にFabian氏はチューリッヒ工科大学のPhDを取得しています。

また、NEXは「Flybridge」「Connect Capital」「Badwater Capital」といった様々なベンチャーキャピタルとパートナシップを締結しています。


引用:NEX

特に米ニューヨークに拠点を置くFlybridgeは4つのファンド間で6億2,500万ドルを管理しているVCであり、AI・ブロックチェーンを主としてこれまで120以上の会社に投資をしています。

分散型取引所NEX(NeonExchange)のロードマップ

NEXのロードマップを見ると、2018年前半でフレームワークのリリースや取引インターフェイス、スマートコントラクトを基盤とした決済APIなどの開発は予定通り進んでおり、今後はICOトークンの売り出しやメインネットのリリースなどが予定されています。

また、来年の2019年冬はクロスチェーンのサポートやインデックスファンドの開始が予定されており、立ち上げからリリースまでかなりの短期スパンで開発が進められます。

分散型取引所NEX(NeonExchange)のICO(トークンセール)概要


引用:NEX

さて、そんなNEXは今回ICOによるトークンセールのラウンド1を9月3日より開始しました。

上記の図の通り、最大供給量は5,000万NEX、ICO販売額が2,500万NEX、そしてその販売価格は1NEX=1ドルとされています。

なお、今回のNEXのトークンセールは事前に行われたKYCの手続きや登録を行った参加者のみとされており、その事前登録された参加者による抽選で購入できるかが決まる仕組みとなっています。

なお、NEXのICOの事前登録やKYC手続きのプロセスは2018年3〜4月に終了しており、購入の際にはそれらのプロセスを通過しておく必要があります。

そしてそのトークンセールは第1ラウンドが9月3日〜7日までとされており、第2ラウンドが同月10日〜14日までです。


また、第1ラウンドでは抽選で1人1,000ドルまで、第2ラウンドでは1人9,000ドルまでのNEXを購入出来るとされています。

今回のトークン販売額は1NEX=1ドルでそれが2,500万NEX売り出されるわけですから、ざっと25〜30億円程の調達となりますね。

そしてNEXの資産内訳を確認すると、以下の通り全体の半分がトークンセール、創業者が20%、NEO評議会が14%、プライベートな投資家が10.5%となっています。

3月から登録などのプロセスが開始されていたこのNEXのICOですが、NEOプラットフォームやGASトークンの実需を生み出すプロジェクトでもあるので、イーサリアムの代案となる非常に期待度の高いプロジェクトだと言えるでしょう。

分散型取引所NEX(NeonExchange)の将来性


以上が分散型取引所NEXについてでしたが、今後このNEXは恐らく大手の取引所で上場される事となるでしょう。

NEXの上場後とデメリット

公式サイトのFAQを見ると上場に関する情報は後日公開する予定だとされており、上場後割れるのか、それとも一気に高騰するのかは非常に見所です。
現在ICOの多くは上場後その価格を割る推移となっていますが、NEXも仮想通貨市場の直近の市況に多少は左右されるだろうと予想しています。

ICO割れとは?価格が下落しICO割れしたコインの事例と今後の市場考察「ICO割れ」の意味とは?相場の下落と共に下落するICOトークン昨今空前の盛り上がりを魅せているICOですが、2017年はその調...

ただ、デメリットとしては予定していた通りの機能が実際に稼働するかであり、発展途上のDEXで本当に安定稼働するかにはまだ疑問が残ります。
そこがNEXの潜在的なリスクだと言えます。

既存のイーサリアムでもその規模が拡大してから、ネットワーク内では手数料高騰や取引処理の遅延といった多くの問題点が表向きとなりました。

しかし、NEXのベースとなるNEOのコンセンサスアルゴリズムは「DBFT」と呼ばれる、ブロックの監視者を決める投票を行って合意を得る承認方法を用いており、これによって取引の承認スピードを高める事が出来ます。
イーサリアムも今後PoWからPoSへの移行が計画されていますが、オフチェーンも兼ね備えたNEXがいかにスケーラビリティ問題を解決出来るかが重要でしょう。

NEXの可能性

そして、このNEXは既に市場で上位にランクインしているNEOのDEXである事や、厳格にKYCを行なってトークンを投資家に売り出している事から、上場後は手堅く伸びていく可能性も低くはありません。

なお、今回NEX取引時の手数料支払いとしてGASが支払われる機会が見出されており、GASの価格は以下の通り、8月下旬から9月5日現在にかけて右肩上がりとなっています。


引用:Binance

NEXはNEOやNEP-5Tokenをサポートする分散型取引所であり、NEXの成長によって今後NEOやGASの需要も高まる事が予想出来ます。
今後NEXが優れた性能且つ優れたUIやUXのDEXとして、いかにユーザーへアプローチ出来るかが鍵となりそうです。

ABOUT ME
Kenta Fujii
Kenta Fujii
新卒で入社した大手金融機関では、主に広告の運用やマーケティングに従事。その後は11ヶ月で退職し、金融・フィンテック分野に特化したフリーライターとして活動中。