ニュース・速報

「永久先物取引」を開始する英国Crypto Facilitiesとは!?XRP,BCHなどの世界初通貨ペア

英国にて、世界初となるアルトコインのドル建て永久先物取引始動

英国に本社を置く仮想通貨先物専門取引所Crypto Facilities(クリプト ファシリティーズ社)社は

永久先物取引

と呼ばれる、世界初アルトコインによるドル建てペアを公式Twitterにて発表しました。

新商品である永久先物取引は

  • BTC(ビットコイン)/USD
  • BCH(ビットコインキャッシュ )/USD
  • ETH(イーサリアム)/USD
  • XRP(リップル)/USD
  • LTC(ライトコイン)/USD
  • XRP(リップル)/XBT

以上の6種類のペアとなります。

仮想通貨取引所Crypto Facilitiesとは

引用:https://www.cryptofacilities.com/

Crypto Facilities(クリプト・ファシリティーズ)とは、

「英国規制当局からライセンスを受けて、仮想通貨の現物取引や先物取引のサービスを提供している仮想通貨取引所」

であります。

米ドル(USD)建て先物取引では、以下の5種類のペアである

  • BTC(ビットコイン)/USD
  • ETH(イーサリアム)/USD
  • LTC(ライトコイン)/USD
  • XRP(リップル)/USD
  • BCH(ビットコインキャッシュ )/USD

を扱っており、2017年からの1年間で取引量が84%も増加したとも報告されています。

「Crypto Facilities」のCEOであるTimo Schlaefer(ティモ・シュライファー)氏は、8月17日にBCHを新ペアとして取扱開始した時には、

「Bitcoin Cashの先物取引を公開して、仮想通貨の金融派生商品を拡充できたことを大変嬉しく思います。

Bitcoin Cashは時価総額が100億ドル(1兆1,000億円)にも昇るトップ5のコインであり、デジタル資産クラスの流動性と透明性を高め、仮想通貨市場の進化を促すものであると期待しています。

と説明しています。

またCrypto Facilities社は、仮想通貨先物を扱うだけでなく、

米国大手先物取引所CMEが提供するビットコイン先物の基準価格の提供やイーサリアムのリアルタイムインデックス(Ether Real Time Index)の指標プロバイダー

でもあります。

永久先物取引とは

しかし私たちに馴染みのない、今回の金融商品とは一体どういう仕組みなのでしょうか?

まず先物取引とは

デリバティブ(派生商品)の一つで、価格や数値が変動する各種有価証券・商品・指数等について、未来の売買についてある価格での取引を保証するものです。

簡単に言えば

先物取引とは将来の売買についてあらかじめ現時点で約束をする取引のことです。現時点では売買の価格や数量などを約束だけしておいて、将来の約束の日が来た時点で、売買を行います。

前もって売買の価格を決めておくことができるので、価格変動する商品の売買につきものの価格変動リスクを回避できるという利点があります。

そして「永久」という、絶対的安定感を与えてくれる言葉が盛り込まれましたが、公式サイトにて説明されているので見てましょう。

永久先物取引は特殊な先物契約であり、最終決済期限(SQ)が設けられず、自動ロールオーバー(乗り換え )は4時間ごとに行われます。

ロールオーバーRollover)とは

「乗り換え」を意味し、先物取引などで保有しているポジションに決済期日(SQ)がある場合に取引最終日までにいったん決済し、次の期限(次限月)以降のポジションに乗り換えることを指します。

つまり先物商品との相違とは

  • 有効期限/決済日がない
  • インデックス価格に近い取引が出来る

の2点になり先物取引よりも、リスク分散に適しています。

これまでUSDによる先物取引を標準的な月次/四半期先物取引のみを提供していましたが、これにより、Crypto Facilitiesは既にXBT/USDの永久先物取引を提供しているライバルである

  • BitMEX
  • Deribit

にならびます。

仮想通貨ビットコイン価格が大暴騰したのは、BitMEX?テザー社?それとも、ビットコインETF?ビットコイン価格が暴騰するには、必ず裏がある22日10時頃にビットコイン(以下、BTC)相場は、急騰し仮想通貨取引所BITF...

米国のCME、Cboeの先物商品に並び、大口投資家や機関投資家にとっては、法的規制に準拠した状況下で、仮想通貨へリーチできる新たな投資ゲートウェイとなると考えられています。

また、Crypto Facilitiesによると、XBT/USD永久先物取引商品はすでに

BTC/USD先物取引ボリュームの大部分を占めている

といいます。

仮想通貨市場時価総額としても、8月23日に節目となる2000億ドル付近まで下落して以来徐々に上値を伸ばし、9/1には2300億ドルの上抜けに成功しました。

相場は足元2375億ドルで推移しており、今週は仮想通貨規制に関する注目規制動向を複数控えており、現在の堅調な伸びが持続するか注目されます。

関連記事