ビットコイン

ビットコイン(BTC)は今が買い時!仮想通貨の価格高騰は近い将来やってくる!

仮想通貨の投資家は2025年にバブルが来ると確信?

ビットコイン(BTC)はすでに高値を更新し、過去に2回のバブル期を体験しています。

ところが80%の投資家が

ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨の価格高騰は近い将来確実にやってくる

と予想しています。

仮想通貨の投資家が強く確信するバブルとはいつなのでしょうか、またその理由についても検証してみました。

仮想通貨投資に関する仮想通貨の将来性についての調査が行われた結果が明らかになり、既に仮想通貨のシェアを持つ投資家たちに、

今後12ヶ月以内にあなたは仮想通貨の増加投資をしますか?

という質問に個人投資家3/4の人が、

ビットコインなどの投資を増加する

と回答していることが分かりました。

引用:SharesPost

7月に行われた証券取引プラットフォームのSharesPostが実施した調査で、2490人の個人投資家と528人の公認投資家に実施したアンケートで、仮想通貨は今後投資のメインストリームになると大きく期待していることが明らかになりました。

今年20181月のビットコイン (BTC)はと多くのアルトコインの価格高騰を受けて、2020年をめどに仮想通貨のバブルがやってくると予想していた投資家たちは、現在ではこのバブル時期は2025年に頂点を迎えると新たな予想を立てています。

バブル時期が2025年にずれるという予想の根源は、ブロックチェーンテクノロジーの採用ペースの遅れにあると考えられています。

今後仮想通貨が法定通貨と同じように利用価値を見出すようになるには、商用利用の不備を改善しなくてはなりません。

仮想通貨が近い将来一般化するためには、ブロックチェーンの教育と商用的採用が早いペースで進められる必要あるのです。


 

2025年にバブルが来る!投資家が注目している仮想通貨とは?

個人投資家と公認投資家の調査結果で、次の12ヶ月の間に投資を増加する仮想通貨をたずねたアンケートも行われました。

その結果では

個人投資家と公認投資家との間には投資する仮想通貨に違いがある

ことが分かりました。

株式を多く所有するハイローラー達は、主にアルトコインに集中する傾向があり、消費者は

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)

を所有しています。

公認投資家の多くは

  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)

という順位で所有しております。

イーサリアム(ETH)に投資する理由!

ビットコイン(BTC)に続いてアルトコインの代表イーサリアム(ETH) は一番多く取引が行われている通貨です。

イーサリアム(ETH)に投資が集中する理由として考えられるのが、BTCにはないスマートコントラクトが挙げられます。

スマートコントラクトとは。仲介者を不在にする未来の契約の形仲介者が不在となるスマートコントラクトブロックチェーン技術は、分散化された仮想通貨を誕生させた後に次々とそれが応用され、取引所、...

BTCとは違うプラットフォームであるため需要を争う必要がありません。20189月現在、ETHの価格は2万円台とBTCと比較すると個人投資家にもリーズナブルな価格といえるでしょう。

20181月に価格高騰を見せているETHは、また近々価格上昇していくと見られています。

1年間の価格推移を参考にご覧ください。2018911日現在。

https://cc.minkabu.jp/pair/ETH_JPY

1億回以上検索されるイーサリアム(Ethereum)の裏側とはEthereumが誕生したことで国際的な注目と牽引力を発揮し続け、Ethereumに基づいたアルトコインが生まれ、スマートコントラクトに...

リップル(XRP)に投資する理由!

BTCETHに続き注目を浴びているのはリップル(XRP)です。

特に大手の企業や公認投資家に人気のリップル(XRP)は、近い将来銀行や企業に実用的に使用される可能性が一番高い通貨というのが一番の理由でしょう。

三菱UFJ、三井住友、みずほ銀行などの大手が実用商用化アプリを開発中です。

銀行と提携があることから、法定通貨との併用また交換がスムーズに進むと考えられるため、将来性を期待する投資が増加の傾向にあるのです。

リップル(XRP)も他の仮想通貨同様に、20181月に価格高騰を見せました。

現在は3万円台で落ち着きを見せていますが、銀行提携のプロジェクトが進行するにつれ価格が上昇するのは間違いないとみて良いでしょう。1年間の価格推移をご覧ください。

2018911日現在。

https://cc.minkabu.jp/pair/XRP_JPY

リップル(Ripple)社がXRPとの区別化による真意とはあなたはリップルの特徴を3つについて説明できるかあなたは、主要通貨ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)に次ぐ時価総...

ビットコイン(BTC)は将来さらに価格高騰を迎える!

ビットコインは最初の仮想通貨バブルを引き起こし、一部の専門家の間では頭打ちをしていると懸念される声も聞かれます。

しかし、香港をベースにする大手の取引所BTCC(BTCChaina)CEOBobby Leeボビー・リー氏はビットコインの将来についてこう語っています。

「政府機関が仮想通貨の規制を強化すればするほど、実は仮想通貨のインフレが加速していきます。」

つまり、中国でのビットコイン(BTC)の規制で取引所はベースを移動せざるを得ない状況を強いられましたが、これによって実はビットコイン(BTC)の価格も上昇する起爆剤になったというのです。

さらにビットコイン(BTC)の投資が高値に安定した現在でも価値があるのはそのプロフィットの利率にあると言います。

ビットコイン(BTC)の現在の高値を見て、2009年にビットコイン(BTC)が取引のライン上に挙がった時に購入しておくべきだったと思う人は多いでしょう。

しかし購入は1BTC$6000になった今こそが投資の時だと強調しています。

それは、1BTC$0.3の時にいくらビットコイン (BTC)を購入していても、プロフィットは数パーセントにしかすぎません。

またビットコイン(BTC)の利率が100%200%で売却した投資家は、その後にくる300%のプロフィットを完全に見逃してしまっているというのです。

個人投資家にとって1BTC$6000を超えた今は、投資資金を小さく始めることは困難を要しますが、企業やハイローラー投資家にとって今がビットコイン (BTC)投資の最高のチャンスと強調し、投資家に広くビットコイン(BTC)への増加投資を促しています。

また、ビットコイン(BTC) のようなメインストリームは値が少しでも下降し始めると、投資家たちはパニックに陥ります。

これ以上下がる前に売る必要があるという衝動にかられ、間違ったタイミングで売却をしてしまいます。

最大の利率を上げるためには、他人の行動に紛らわされず、売却ムードが落ち着くまで売ってはいけないとも強くアドバイスしています。

今週のBitcoin(ビットコイン / BTC)の価格変動とその理由は?(9.1-9.7)ビットコイン価格の上昇続くも突如暴落出典:https://www.coingecko.com/ja先週から引き続き、ビッ...

仮想通貨の投資家による今後の価格推移についての面白いデータを見ることができました。

ビットコイン(BTC)のようにメジャーになった仮想通貨では、高値のいま投資することは不利であると考えがちですが、BTCCCEOリー氏の解説にもある通り、利率はこれからが上昇する時期と見るのが正しいのかもしれません。価格が最低のコインは投資はしやすいというメリットはありますが、利率もそれだけ低くなります。

現在の価格からたとえ10%値上がりするだけで1BTC$6000と仮定するとすでに$600のプロフィットがあるわけです。

目先の利益にとらわれて、売りが始まると衝動的に売却をしてしまうというクラッシュ現象にも注意が必要ですね。

ともあれ、仮想通貨のバブルを迎える前の落ち着きがある価格の時が買い時です。

人気のETHXRPも価格が安定していますので、将来の仮想通貨バブルのために投資を考えて見てはいかがでしょうか?

ビットトレード
関連記事