ニュース・速報

Ripple(XRP),Stellar(XLM),Cardano(ADA)が急騰!?|今週の高騰アルトコイン特集(9/17〜23)

仮想通貨市場は2,200億ドル台へと上昇

今週の仮想通貨市場は一時2,000億ドルを割ってしまいましたが、18日以降は右肩上がりに規模が膨らみ現在は2,200億ドル台で推移しています。


引用:coinmarketcap

なお、今週国内の取引所では再びハッキングによる盗難被害が起こってしまい、テックビューロ社が運営していたZaifはおよそ70億円にも及ぶ盗難被害を被りました。

仮想通貨取引所Zaifがハッキングによって67億円相当の仮想通貨流出Zaifがハッキングにより67億円相当の仮想通貨流出を表明 2018年9月20日、テックビューロ社が運営する仮想通貨取引所「Zaif」...

しかし、今週は後述するリップル(XRP)がその勢いを加速させ、ハッキング事件といった悲観的なニュースもある中で市場に更なる盛り上がりを与えた週でした。

XRP高騰で一時70円超えを魅せる!今週のリップル(XRP)の価格変動とニュース(9/16〜22)今週のリップル(XRP)は連日高騰して遂に70円台へ到達 今週のリップル(XRP)は9月18日以降凄まじい高騰を魅せており、4日間で最...

では、今週高騰を魅せたアルトコインを見ていきましょう。

【時価総額2位〜30位】今週のアルトコイン上昇率ランキング

今週(9/17〜23)高騰を魅せた時価総額2位〜30位のアルトコインの内の上位3通貨は以下です。
(※数値はいずれも9/17〜9/23午前11:00時点までの計測)

2位〜30位上昇ランキング
  1. Ripple(XRP) +104%
  2. Stellar(XLM) +28%
  3. Cardano(ADA) +25%

1位 Ripple(XRP) 【3位】


現在時価総額3位のRipple(XRP)は今週104%の高騰を魅せ、上位に位置する通貨でありながらも急激な爆上げを記録しました。


引用:bitbank

XRPは9月18日の夜から大きく高騰し、その後一時はbitbannkで70円を超える価格で取引される程でした。

今回のXRPの高騰要因としては、リップル社の決済システムである「xRapid」のリリースが来月中になる可能性がある事や、サウジアラビア国立商業銀行、PNC銀行のリップルネット加入、更には10月1〜2日に開催されるカンファレンス「SWELL」への期待など、様々な好材料が揃った為と考えられます。

Ripple(リップル/XRP)はなぜ高騰した?重要な最新ニュースのまとめRipple(リップル/XRP)は一時20%を超える高騰を魅せる時価総額3位のリップル(XRP)は、9月18日の日本時間20...
XRP高騰で一時70円超えを魅せる!今週のリップル(XRP)の価格変動とニュース(9/16〜22)今週のリップル(XRP)は連日高騰して遂に70円台へ到達 今週のリップル(XRP)は9月18日以降凄まじい高騰を魅せており、4日間で最...

また、9月22日にはカナダの大手取引所である「CoinField Exchange」がXRPを基軸通貨として追加することを検討していると発表しました。

XRPは現在時価総額が2.5兆円となっており、2位のイーサリアムとの差は僅差となりましたが、基軸通貨として機能する事となればさらなる規模拡大へと繋がるかもしれません。

なお、現在は62〜64円のレンジ相場となっており、再びブレイクして70円台を超えられるかが鍵となりそうです。

 

2位 Stellar(XLM)【6位】

現在時価総額6位のStellar(XLM)は、今週28%の高騰を魅せました。


引用:coinmarketcap

Stellar(ステラ)とは、リップルをベースとして開発された仮想通貨であり新しい金融取引の為の分散型非営利ネットワークです。

仮想通貨ステラ(Stellar)。リップルベースの通貨の将来性とは2018年初頭に注目を集めた仮想通貨「ステラ(Stellar)」ロケットマークでおなじみのステラ(stellar)は2017年末...

このステラは以前米大手取引所Coinbaseにて上場の検討アナウンスが流れ、更に9月上旬にはIBMがステラのブロックチェーンを利用した決済ネットワーク「IBM Blockchain World Wire」を発表していました。

なお、ステラはリップルをベースに開発されていますが、金融機関の送金ネットワークを構築するリップルと異なり個人間の送金にフォーカスしたプロトコルを形成しています。

ですが、同じ送金インフラを構築するリップルが今回高騰した事が、類似通貨であるこのステラの上昇にも繋がったと考えられます。

また、アプリで仮想通貨を購入出来るサービスの「Circle Invest」は9月20日、新たにEOS、Stellar、0x、Qtumを追加すると発表しました。

https://twitter.com/circleinvest/status/1042790474912858118?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1042790474912858118%7Ctwgr%5E373939313b73706563696669635f73706f7274735f616374696f6e&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.financemagnates.com%2Fcryptocurrency%2Fnews%2Flook-out-coinbase-circle-invest-adds-4-new-crypto-assets-explore-feature%2F

そして同アプリは新たに「Explore」と呼ばれる機能を導入しており、それによって各通貨の様々な関連情報も検索出来るようになります。


引用:CIRECLE BLOG

現在のXLMの価格は1XLM=30円程で推移しており、先月の8月上旬辺りの価格まで戻しています。


引用:coinmarketcap

3位 Cardano(ADA)【9位】


現在時価総額9位のCardano(ADA)は、今週25%の高騰を魅せました。


引用:coinmarketcap

Cardano(カルダノ)とは、オンラインカジノのプラットフォームとして開発されたプロジェクトであり、プラットフォーム内で流通する通貨がADA(エイダ)コインです。

エイダコイン(ADA)は再燃するのか。今後やその将来性を徹底検証注目を集めるエイダコイン(ADA)注目の仮想通貨『ADA(エイダ)コイン』 そのADAは、2017年11月に上場して、翌年の1...

このCardanoは先月8月、スマートコントラクトを実行してユーザーがDappsの構築を可能とする仮想マシン「IELE(イエラ)」のテストネットをリリースして注目を集めました。

また、9月19日には中国の大手取引所である「OKCoin」がCardanoを新たに上場させる事を発表しています。

Cardano以外にもXRP、Stellar、Zcash、0xなどの上場についても発表されており、これらの通貨はUSD、BTC、ETH建てで取り扱いがされる予定です。

なお、このOKCoinは米国の20州でも取引所サービスを開始しており、現状同取引所に上場されているのはBTC、ETH、BCH、LTC、ETCの5種類のみとなっています。

今後同取引所の成長によって、ADAコインの流通も広がるかもしれません。

また、現在ADAは9〜10円程で取引されており、韓国の取引所Upbitによる韓国ウォン建てでの取引が約30%を占める市況となっています。


引用:UPbit

 

【時価総額31位〜100位】今週の注目アルトコイン上昇ランキング

次に時価総額31位〜100位までのアルトコイン上昇率ランキングを見てみましょう。
(※数値はいずれも9/17〜9/23午前11:00時点までの計測)

31位〜100位上昇ランキング
  1. Electroneum(ETN) +113%
  2. MonaCoin(MONA) +44%
  3. Power Ledger(POWR) +30%

1位 Electroneum(ETN)【64位】


現在時価総額64位のElectroneum(ETN)は、今週113%の高騰を魅せました。


引用:coinmarketcap

Electroneum(エレクトロニアム)とは、イギリス発のスマートフォン1つでウォレットへの保管や決済が出来る仮想通貨です。

スマホのための仮想通貨?electroneumの特徴や今後の展望イギリス生まれの仮想通貨「electroneum」出典:https://electroneum.com/ イギリスで初めて...

このElectroneumは2018年6月に即時決済が可能となる「インスタント・ペイメント・プロセッサー」のベータ版を発表しており、以降スマホデバイス同士での即時決済がテストされるようになりました。

なお、Electroneumのアプリケーションは現在100万以上のダウンロード数を記録しており、もしもこの即時決済システムの開発が進めば、今後はスマホ決済のスタンダートとなるべく発展途上国でも広く浸透する可能性があるでしょう。

そして9月20日以降、その価格と取引ボリュームは右肩上がりに膨らんでいます。


引用:coinmarketcap

2位 MonaCoin(MONA) 【73位】


現在時価総額73位のMonaCoin(MONA)は、今週44%の高騰を魅せました。


引用:coinmarketcap

モナコインとは、日本の巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」のキャラクターである「モナー」をモチーフにデザインされた日本産の仮想通貨です。

モナコインの今後の価格推移を予想。その経済圏と将来性とはオタクが億を作り出したモナコイン「モナコイン」とは、日本の巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」のキャラクターである「モナー」をモチー...

このモナコインは上述した取引所Zaifのハッキング被害にて直接盗難対象となった通貨であり、プレスリリースによると6,236,810MONA(約6.7億円)が当時盗まれていたことが判明しています。

しかし、モナコインが盗難された後の21日、ZaifではMONAが大きく高騰していたのです。


引用:Zaif

これを「価格操作ではないか」と疑う声もありました。

現在モナコインには価格高騰の要因となる明確なファンダメンタルは見つからず、つい最近もモナコインのウォレットサービスである「Monappy」からモナコインが不正に出金され、およそ1450万円が消失しました。

なお、現在はbitbankにて大半が取引されていますが、ハッキングによる盗難の発表直後100円だったMONAは一時200円を超える価格にまで達しました。

このモナコインの価格についての真意は不明ですが、今後急な暴落のリスクも高くあると言えるでしょう。

3位 Power Ledger(POWR)【86位】

現在時価総額86位のPower Ledger(POWR)は、今週30%の高騰を魅せました。


引用:coinmarketcap

Power Ledgerとは、電力を個人間で売買出来るプラットフォームを構築するプロジェクトです。

同プロジェクトは2017年に大手技術プロバイダーであるIndraや、再生可能エネルギープロジェクトを手掛ける日本のBCPGジャパンと提携した事で話題となりました。

更に、9月12日には自動車、旅行、金融など複数のサービスを提供するRoyal Automobile Club of WA(RAC)が同プロジェクトの財務パートナーとなった事が発表されています。

そんなPower Ledgerの価格と取引高は大きく膨れ上がり、現在は韓国の取引所であるUpbitやBithumbにて韓国ウォン建ての取引が約40%を占める市況となっています。


引用:coinmarketcap

今週のアルトコインまとめ

今週の仮想通貨市場は2,200ドル台へと回復したものの、やや急激な上昇となった事もあるので再び価格が下落してしまう恐れもあるでしょう。

なおBTCドミナンスを見ると、今週はBTCが51%台へ縮小し、XRPが10%台へと拡大している事が分かります。


引用:coinmarketcap

急伸したXRPの一時的な急落には注意したい所ですが、今週は上位の仮想通貨が盛り上がっていた為に、来週も上位の底上げに期待したい所です。

関連記事