仮想通貨

Google仮想通貨広告が遂に解禁!アメリカと日本のみで広告の掲載を開始!

20186月から実施していたGoogleの仮想通貨全面禁止が緩和されることが決定しました。現地時間925日、10月をめどに新しい広告掲載の実施されることが発表されています。

緩和に関する制限や、Googleが緩和に踏み切った理由についても検証しみましょう!

Googleが仮想通貨に関する広告をついに解禁!

Google20183月に仮想通貨に関する広告を全面禁止する決定。6月から実施されることとなりました。

全面禁止された広告の内容は、ICO関連、仮想通貨交換、ウォレット関連、仮想通貨コンサルタントというたぐいで、大きな理由は初期段階の仮想通貨業界では消費者がサギや誤解、政治的な思想へ巻き込まれることを回避するためとしていました。

急速に成長を遂げてきた仮想通貨市場では、確固とした規制が制定されないまま新しい通貨が誕生したり、淘汰されたりと非常に揺れの激しい業界です。

広告掲載の2大キャンバスであるFacebookGoogle が広告禁止を踏み切ったことで、仮想通貨ビジネスに大きな痛手を負わせる決定になったと誰しもが考えていました。

しかし、この度Googleは広告ポリシーを更新し、10月から広告掲載を解禁することを明らかにしたのです。

Facebookが今年6月から一部の仮想通貨関連の広告の掲載を開始し始めた動きをうけて、Googleも今回の解禁に踏み切ったと見られています。

仮想通貨の広告被害ってどのくらい?

GoogleFacebookといった広告を収入源として事業運営をする企業によって、広告取引がないことはかなり業績にも影響しそうです。

FTC(フェデラルトレードコミッション‧連邦取引委員会)に報告されたレポートに、2018年の最初の2ヶ月間で仮想通貨に関する広告による詐欺によって532百万ドル、日本円にして約6憶近くの被害が報告されています。

代理店ではこの報告を受けて、年末までにさらに30億ドル以上(日本円約3300億円)の損失があると警告を促していました。

Googleは当初、このような詐欺行為による消費者への被害を阻止するために、仮想通貨関連の広告は一切掲載しないというはっきりとした立場を取りました。

Googleの親会社であるアルファベットは、事業収入の86%は広告収入で占めており、年の前期収入は540億ドル以上(日本円にして5818憶円以上)を計上しています。

このような広告収入によって潤うGoogleのような企業にとって、実は仮想通貨広告収入は願ってもみない甘い蜜だったに違いありません。

Googleが仮想通貨広告の掲載緩和に踏み切ったわけとは?

仮想通貨広告サギによって受けた被害額は莫大な金額になっていたことが、前述でお分かりいただけましたが、同時にGoogleが稼ぎうるであろう広告収入にも注目しなくてはなりません。

Googleが仮想通貨広告を全面的に禁止した理由については明確で、消費者の混乱やサギ行為、政治的思想への乱用を阻止するための対処でした。

しかし、一方で一部の専門家からは、1企業が業界全体を左右する可能性のある活動禁止をすることによって、消費者や投資家が知りうるべき情報にも歯止めをかけてしまうとする意見がありました。

広告全面禁止決定では、仮想通貨業界を阻害し覆い隠してしまう反面をかかえています。個人ユーザーベースによって拡張してきたGoogleにとって、自らの事業拡大をも妨げる結果を招いたことは否定できない事実です。

広告管理をしながら消費者やユーザーが選択できる機会や仮想通貨の情報をシェアできる場所を提供することが、新分野の開拓と成長につながると考えて、今回の緩和実施に踏み切ったというのが大きな理由だったといえます。

Googleで掲載できる仮想通貨広告とは?

仮想通貨広告の掲載を緩和することにしたGoogleですが、一定の規制を設けています。

広告は世界中の事業主から受け付けますが、掲載地はアメリカと日本の2か所のみという制限が加えられました。

広告内容について、依然としてICO(イニシャルコインオファリング)、ウォレット、トレーディングアドバイスについては認めていません。

各国の広告を個別配信するためには、事前の申請も必要となります。

この広告掲載方針は10月から実施され、広告主の承認申請の受け付けも同時に開始となります。

Google仮想通貨広告の掲載解禁を受けてBTCの動きは?

Googleが仮想通貨関連広告の解禁発表をしたのが、アメリカ現地の時間で925日でした。

広告緩和の発表をうけて、現地25日朝、日本では25日夜のBTCの値動きが活発になっていることがチャートから分析できます。

2018926日現在>

引用:https://bitflyer.com/ja-jp/bitcoin-chart

Googleの仮想通貨広告緩和についてのまとめ

 

Googleは今回の広告掲載緩和に合わせてBTCに値動きがありましたが、その影響はナスダックでも反応が見られました。

924日の時点で1,158円の値を付けていたGoogleは、25日になってから右肩上がりの上昇を見せています。仮想通貨投資家だけでなく、Googleユーザーには今回のニュースは好転を期待するよい起爆剤になったと言えるでしょう。

2018926日>

引用元

関連記事