草コイン

草コインとは?おすすめのコインと取引所・ウォレットを解説

注目を浴びる「草コイン」

仮想通貨は世界で認識されているだけでも、約1,400種類にも及ぶと言われています。ビットコインが急落を見せる中、暴騰しているのが草コインです。

下記のチャートをご覧ください。こちらのチャートは、最近話題の草コイン「VergeXVG:バージ)」のチャートです。

出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/verge/

このチャートから分かるように、2017年の12月末辺りからこの暴騰ぶりです。恐らく、これまでビットコインに投資してきた一部の投資家たちがビットコインの急落を察知し、草コインに乗り換えたとも考えられます。

実際に、代表的な草コインとして知られるXPで「億り人」が誕生したことも、草コインが注目を浴びることになった1つの要因でしょう。

草コインによって誕生した「億り人」に続けと言わんばかりに、新たな草コインの発掘に奔走する投資家も少なくありません。

草コインとは「w」な仮想通貨

草コインとはどんな仮想通貨のことを意味するのでしょうか?

現在、仮想通貨は大まかに次の4つに分類されています。

・ビットコイン(最初に開発された仮想通貨)

・アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)

・草コイン( ? ? ?

・詐欺コイン(詐欺を目的とした仮想通貨)

草コインは英語で、Shit Coin(シットコイン)と呼ばれています。

この言葉の意味を知りたい人は、グーグルなどの翻訳機能を活用して調べてみてください。恐らく、ここでその意味を記載できなかった理由がきっと分かることでしょう。

日本語では直訳されることなく「草コイン」と表現され、全国に広まっていきました。草コインのざっくりした特徴は、次に挙げる通りです。

・開発者の知名度が低く、開発が初期段階のものもある

・値段が1円以下のものもある

・暴騰する可能性もあるが、価値がゼロになる可能性もある

草コインはとにかく値段が安く、知名度が低い、そして、陽の目を見ずに消えていく可能性がある仮想通貨という認識が一般的です。

また、「草」=「w(ネット用語で笑)」のように、笑うほど儲かることもあるし、逆に笑うほど儲からないといった意味としても認識されています。

他にも「草」=「麻薬(中毒性がある)」というような意味があります。

草コインの有望株3選

これから、草コイン投資を始めたいという人に、草コインの見極めるポイントとおすすめの有望株をいくつかご紹介します。

どんな情報から有望株の草コインを見極めていくのか、草コイン探しの参考にしてみてください。

1.コインマーケットキャップなどの時価総額ランキングの100位以下をチェックする

2.値段が安い

3.24時間以内に取引されている量をチェックし、需要を確認する

4.流通している通貨が少ない

5.継続的に開発が進められている

有望株その1. STRAKSSTAK:ストラクス)

出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/straks/

STRAKSはネット通販の決済など、電子商取引で活用される目的を持って開発された草コインです。

有望株として注目される理由は、ビットコインや一部の知名度の高いアルトコインと比較しても、最新の技術が導入されている点です。

例えば、セグウィット4xが導入されており、取引履歴のデータを圧縮させることで迅速な処理が可能になります。他にも、マスターノードの採用によって、ブロックチェーンのフォーク(分岐)が発生しにくくなり、マイナーにとって承認されやすい環境も整えられています。

驚くのは、STRAKSは開発者が失踪したコインのコミュニティが集まって、新たに立ち上げられた仮想通貨だということです。

定期的に開発者同士の意見交換が行われており、ますます期待できる草コインの1つだと言えます。

有望株その2. PhorePHR:フォア)

出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/phore/

続いてご紹介するのは、Phoreです。時価総額ランキングは290位(2018216日現在)と低めですが、匿名でクラウドファンディングを行うための基盤となる目的で発明されました。

クラウドファンディングとは、ネット上などで商品の販売やプロジェクトの資金を不特定多数の人たちから集める方法のことを言います。

最近では、ポケットマネーで「リベンジ成人式」を行ったキングコングの西野さんが絵本の販売を前に、クラウドファンディングで資金を集めた話題も記憶に新しいことでしょう。

Phoreでは、個人間での仮想通貨による小規模なクラウドファンディングが可能となっていることから、今後ますます需要が高まっていく可能性があると考えられます。

有望株その3. BitzenyZNY:ビットゼニー)

出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/bitzeny/

Bitzenyは、何を隠そう日本発の仮想通貨の1つです。日本発の仮想通貨には、アルトコインの代表格モナコインもあります。

時価総額ランキングでは、516位(2018216日現在)とかなり低めではありますが、201712月末に暴騰しました。その後、下落するものの、再び上昇傾向にあることが上記のチャートからも見て取れます。

最近になって、失踪していた開発者が再び開発を始めたとネット上でも話題となり、にわかに草コイン投資家たちの間で支持者が増えてきているようです。

また、プロブロガーとして有名なイケダハヤト氏も自身のブログで、このように述べています。

『第二のモナコインになりそうな予感がする国産銘柄「Bitzeny」』

引用:http://www.ikedahayato.com/20180101/73855662.html

草コインの買い方をやさしく解説

草コイン投資を始めてみようかなと考えても、実際のところ、どこでどうやって草コインが買えるのか分からない人も多いことでしょう。

そこで、草コインの買い方を初心者にも分かりやすく、順を追って解説していきます。

STEP1. Coin Market Cap(コインマーケットキャップ)で草コインを探す

まず草コインを買う前にやるべきことは、投資する草コインの情報収集です。

すでに投資する草コインが決まっている場合は、STEP4へ進んでください。

Coin Market Capの公式サイトでは、ビットコインやアルトコイン、数多くの草コインの時価総額ランキングから市場規模や値段などを簡単に比較することができます。

草コインの見極め方でご紹介したポイントを参考に、これだと思えるものをいくつかピックアップしておきましょう。

STEP2. Coingecko(コインゲッコー)で草コインの注目度を調べる

投資したいと思う草コインが見つかったら、Coingeckoであらゆる視点から作成された仮想通貨のチャートで多角的に草コインの将来性を見極めましょう。

どんなデータが得られるかと言うと、流動性や開発力、SNS上での評価の高さ、Bingを始めとする検索エンジンでの検索規模などが挙げられます。

また、これらを総合的に評価している項目もあるので、難しいことは分からないという場合は、こちらの総合評価を参考にしてみるのも良いでしょう。

STEP3. 草コインの公式サイトで情報収集する

Coingeckoでの情報収集を行った後は、各草コインの公式サイトで情報収集しましょう。

仮想通貨では情報操作によって、大きく市場が変動するため、公式のサイトやSNSコミュニティでの注目度、フォロワー数などを確認します。

特にツイッターではリアルタイムで多くの情報が飛び交うので、やり取りが頻繁にある仮想通貨は投資家の間で注目度が高い草コインだと言えます。

STEP4. 海外の取引所に登録する

いよいよ草コインを購入するステップです。まずは、海外の取引所での登録を行いましょう。

草コインは日本の取引所では購入できないため、草コインを買う場合は海外の取引所に登録する必要があります。その理由は、後ほどご紹介します。

STEP5. 日本の取引所でビットコインを購入する

草コインを買うための準備として、海外の取引所の登録を終えたら、日本の取引所でビットコインを購入しましょう。

基本的に海外の取引所では日本円は対応していないため、一旦ビットコインを購入して、日本の取引所から登録した海外の取引所へビットコインを送金する必要があります。

ビットコインを送金したら売却し、ここで初めて草コインの購入が可能になります。

草コインが買えるのは海外の取引所だけ

日本の仮想通貨取引所では、ビットコインや一部のアルトコインによる取引が法的に認められていますが、草コインは認められていません。

そのため、現時点では直接日本円で草コインを買うのは不可能です。もちろん、将来的に日本円に対応する取引所が出てくれば話は別です。

それでは、以下で草コインの購入が可能な日本語対応の海外の取引所をご紹介します。

BINANCE(バイナンス)

投資をしている人なら知らない人はいないと言っても過言ではないのが、BINANCEです。BINANCEは世界で最も取引高が高い取引所として広く知られています。

取引所を開設してから、わずか5ヶ月ほどで世界的な市場規模を誇る取引所へと成長しました。

取引のできる仮想通貨の種類は約100種類にも上り、定期的に投資家への上場して欲しい銘柄のアンケートを行うなど、多くの投資家たちから強い支持を受けています。

ただ、1点注意が必要なのは、20181月に登録者の爆発的な急増に伴い、新規登録が一時的に中止されました。BINANCEでの取引を考えている方は、新規登録に関する最新情報を随時確認しておくと良いでしょう。

CRYPTOPIA(クリプトピア)

CRYPTOPIAは取引ができる仮想通貨が約500種類以上と、BINANCEの取り扱い銘柄数を大きく上回っている取引所です。

取り扱っている仮想通貨は無名の草コインが多く、場合によっては1日で十数倍にも急上昇することがあります。

さらに、値段も1satoshi1円未満)と安いため、これから草コイン投資を始める人が仮想通貨を大量保有することも夢ではありません。

Kucoin(クーコイン)

Kucoinは設立間もない取引所であるものの、イベントを数多く開催したり、本人確認なしでも利用できたりという点から投資家たちの注目を集めている取引所です。

Kucoinでは独自通貨も存在しており、所有していると手数料が割り引かれるといった嬉しい特典もあります。また、注目を浴びる草コインが続々と上場しているため、新しもの好きな人にはおすすめの取引所です。

草コインはウォレットに保管するべし

草コインを購入したら、それで終わりだと思っているなら要注意です。なぜなら、草コインをセキュリティ上のリスクがなるべく低いウォレットに保管しておく必要があるからです。

このウォレットとは、簡単に言えば仮想通貨を一時的に保管しておく口座や金庫のようなものです。

お金の場合、セキュリティの高い銀行での保管が可能ですが、仮想通貨の場合は銀行の役割をする機関がないため、自らハッキングなどの脅威から通貨を守る必要があるのです。

ウォレットは大きく分けて次の4つに分類されます。

1.取引所

2.ウェブウォレット

3.ソフトウェアウォレット

4.ハードウェアウォレット

上から順にハッキングや倒産などによるリスクが高いウォレットとなっています。

セキュリティが最も高いと言われるのは、ハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットは独立した端末であるため、上級者の投資家に人気があります。

価格は12万円程度で、中には対応していない仮想通貨もあるため、購入する際には対応しているかどうかを事前に確認しておきましょう。

最もセキュリティに不安があると言われているのは取引所での保管です。実際に、日本でもコインチェックがハッキング被害を受けたように、ハッカーは多くの通貨が集まる取引所を真っ先に狙うため、危険性が高くなっています。

草コインはマイニングで稼ぐ手も

草コインの買い方や取引所をご紹介してきましたが、お金をかけずに草コインを手に入れたいという人は、マイニングで稼ぐという手もあります。

マイニングは金を採掘するように、まだ誰の目にも触れていない新たな仮想通貨を掘り当てる一種の数学パズルのようなものです。このパズルを誰よりも早く一定の時間内に解くことで、報酬として仮想通貨を入手することができます。

ビットコインなど知名度が高い仮想通貨のマイニングは既に莫大な資金を投入する企業が多数参入しており、個人がこれから参入しようと思っても歯が立ちません。

一方、まだ知名度の低い草コインであれば、個人でも十分に報酬を得ることが可能です。

ただ、ネット環境とパソコンを整えるために初期投資がかかり、費用を回収するには1年以上の時間がかかる可能性もあることを理解しておきましょう。

草コイン争奪戦の幕は開いた

ビットコインの急落から一転、投資家たちの興味は草コインへと移りつつあります。冒頭でもご紹介した通り、XPにより数多くの「億り人」が誕生したことが大きな影響を与えていると言えるでしょう。

草コインが笑えるほど儲かるか、笑えるほどクズとなって散るのか、それを予測することができる人は恐らく誰一人としていないでしょう。

これまで暴騰してきた草コインを始めとする仮想通貨は、情報操作によって大きく変動します。こうした情報を巧みに操作するスキルも草コイン投資には欠かせないと言えるでしょう。

関連記事