仮想通貨

仮想通貨PlayCoin(プレイコイン)とは?最新の価格や購入出来る取引所を紹介

本記事では、仮想通貨PlayCoin(プレイコイン/PLY)の特徴や評判、価格推移などを解説していきます。

仮想通貨PlayCoin(プレイコイン/PLY)とは?


引用:PlayCoin

PlayCoin(プレイコイン/PLY)とは、ゲーム開発者とゲーム利用ユーザーとを繋ぐ仮想通貨です。

このPlayCoinは2017年11月にICOが行われ、その後2018年4月にCobinhoodにて初めて上場しましたが、現在は複数の取引所に上場し、大手チェーン店との提携も発表された事で注目を集めている通貨です。

では、以下よりPlayCoinについて見ていきましょう。

仮想通貨PlayCoin(プレイコイン/PLY)の特徴

現在スマートフォン上で当たり前のように普及しているゲームアプリケーションの開発者は、そのプラットフォームであるAppStoreやGooglePlayなどに30%といった高い利用料を支払う必要がありました。

特に韓国のゲーム市場では日本円にして4,000億円もの規模がありますが、その8割は大きなゲーム会社に独占されてしまっているのです。

そこでこのPlayCoinは、ブロックチェーン技術を用いて中間マージンを排除し、開発者とユーザー直接繋ぐプラットフォームを形成します。
そしてゲーム内の資産をブロックチェーンへと紐付ける事で、ハッキングに強くセキュリティ性の高いゲームも構築する事が可能となるのです。

では、そんなPlayCoinの特徴を見ていきましょう。

PlayCoinの開発元は香港のゲーム会社

このPlayCoinの開発元は香港のゲーム会社である「GameHub」であり、同社のCEOやトップ開発者達がPlayCoinのプロジェクトをまとめています。

PlayCoinはQRC20からERC20トークンへと転換

このPlayCoinは元々「QRC20」に準拠したトークンでしたが、2018年9月5日〜2019年9月4日までにかけてその標準規格を「ERC20」へと転換する事を発表しています。


引用:PlayCoin

QRC20とは仮想通貨Qtumに準拠したトークンのことですが、これがイーサリアムに準拠したERC20へと移行される予定です。

イーサリアムのERC20とは?その発行トークンやウォレットについて解説イーサリアムで独自トークンを発行できる「ERC20」仮想通貨の種類は現在1,000を軽く超えており、代表的なビットコインやイ...

そしてこれに伴い、PlayCoinを保有するユーザーはトークンの転換に関する申請を指定期間までに行う必要があるので注意しておきましょう。

なお、その詳細はこちらで日本語にて説明されています。

PlayCoinはスターバックスでの決済が可能!?

PlayCoinはゲームの開発者と利用者を繋ぐ為の仮想通貨として誕生しましたが、ブロックチェーンを用いて現実の生活でも使える決済サービスの展開もされる予定です。

それが「Playshop」と呼ばれるサービスであり、これによって韓国のスターバックスでPlayCoinでの決済が可能となります。


引用:PlayCoin公式ブログ

なお、今後はスターバックスをはじめとした様々なコンビニや店舗での決済を可能とさせる予定であり、その範囲拡大に期待が集まります。

仮想通貨PlayCoin(プレイコイン/PLY)の現状と価格推移

PlayCoin(PLY)の価格推移ですが、乱高下がありながらも2018年7月から10月現在にかけてほぼ横ばいで推移しており、現在は1PLY=16円程度となっています。


引用:coinmarketcap

なお、8月6日は韓国のサムスン(Samsung)が販売するAndroid端末の「GalaxyNote 9」にてこのPlayCoinが標準装備されるとの発表がありました。

他にも台湾のゲームサービス企業である「Lamatc Taiwan」と業務提携を交わしており、韓国のSNSアプリである「KakaoPath」にてPlayCoinの決済が可能となる予定とされているなど、新たな提携が日々拡大されています。

仮想通貨PlayCoin(プレイコイン/PLY)の評判は?

PlayCoinの評判ですが、SNSなどでは特段大きな悪評が飛び交うような事も無く、2018年5月当時は価格が2倍になった事で話題になりました。

更には直接PlayCoinへ取材へいった方もいるようです。

そして、最近は上述したERC20への転換に関してで戸惑っているユーザーも多々見られます。

https://twitter.com/warai1234w/status/1044813705177968640

 

仮想通貨PlayCoin(プレイコイン/PLY)の購入出来る取引所

現在PlayCoinを取り扱いしているのは「LBank」「Bithumb」「Cobinhuud」「Bit-Z」などです。


引用:coinmarketcap

上記の図を見ると、現状PLYの取り扱いが最も多いのは香港の取引所であるLBankとなっており、次に取引量が多い韓国のBithumbは韓国ウォン建てのみの取引となっています。

また、2018年7月には次のBinanceとも呼ばれている「Bit-Z」にも上場しおり、今後の通貨の流動性増加の期待がされています。

仮想通貨取引所Bit-Z(ビットジー)とは?その特徴や登録方法を解説海外の仮想通貨取引所「Bit-Z(ビットジー)」とは?引用:Bit-Z Bit-Zとは2016年に誕生した仮想通貨取引所で...

仮想通貨PlayCoin(プレイコイン/PLY)の将来性

以上がPlayCoinについてでしたが、上述したPlayCoinの「PlayShop」に関してはPLayCoinは韓国のスターバックスでの決済が可能とされています。

しかし今後はスターバックスのみならず、あらゆるお店で連携していけるかどうかにかかっていると言えるでしょう。

特に日本であれば、スターバックスには専用の会員アプリがあり、そこからバーコードでの決済が可能です。なので、PlayCoinがそういった独自の既存の電子決済システムに対する優位性を示すならば、「どのお店でも使えるコイン」でなければならないと考えています。

PlayCoinがブロックチェーンを用いたシームレスな決済システムとなれば、日常の決済分野でも大きく活躍出来るかもしれません。

ABOUT ME
Kenta Fujii
Kenta Fujii
新卒で入社した大手金融機関では、主に広告の運用やマーケティングに従事。その後は11ヶ月で退職し、金融・フィンテック分野に特化したフリーライターとして活動中。
関連記事