ニュース・速報

世界最大仮想通貨取引所Binance(バイナンス)がハッキングに強い分散型DEXを始動!

大手の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が来年から本格的に分散型DEX取引を開始することを明らかにしました。試験運用も兼ねベータ版として実用されるDEXにはどんな特徴があるのでしょうか?

Binance(バイナンス)取引所の特徴や登録方法。閉鎖リスクはあるのか?Binanceという仮想通貨取引所をご存知ですか?引用:https://www.binance.com/日本ではbi...

Binanceが分散型エクスチェンジ(DEX)ベータ版を開始する!

世界最大の仮想通貨取引所Binenceバイナンスが、2019年初頭に分散型エクスチェンジ、通称DEXのベータ版を開始すると発表しました。

バイナンスの最高経営責任者CZという通称で知られるChangpeng Zhao氏は、BNBが基本収益となるBinance DEX(分散型交換)のための生産性の高いミーティングで、ユーザーの資金を管理しなくなるDEX取引へ移行することを決定したとしています。

2019年初めにこのベータ版を起動させるために、土日も返上で働いています。と自信のTwitterの中でこのニュースを明らかにしました

 

分散型ベータバージョンとは?

Binanceバイナンスが今回発表した分散型ベータ(DEX)とは、システムを独立した分散型取引所運営することで、decentralized exchangeを短縮してDEXと呼んでいます。

テストを重ねて運営可能となった分散型を公式のテストベータバージョンとして来年初頭から実用することを決定したというものです。

分散型取引所運営は、顧客にとっても取引所にとってもいくつかのメリットを得ることができ、非常に注目されているシステムです。

分散型取引所(DEX)とは?中央集権から分散化される価値交換取引所も中央集権型から分散型へとシフトブロックチェーンの根底にある「分散型」という概念は、通貨やプラットフォーム、アプリケーショ...

基本登録が簡単

DEXは、基本的に本人確認のための書類審査や登録が必要ありません。中央管理者を置かないため、登録という作業が不必要になるからです。

個人投資家が今日から投資に参加したいと思ったら、すぐに行動に起こせる手軽さが便利です。

資金は自分で管理する

中央集権型の取引所は、顧客の資金を預かり集中管理をしますが分散型は自分の資金をウォレットで保管し、自己管理をします。

万が一、取引所のシステムがハッキングを受けても個人資産に影響ができることはありません。

時間に制約がない

中央集権型と大きく違うのは、トレードの時間が制約されなくなることです。分散型DEXのトレードは、P2Pの完全なる自立型で運営されるため、24時間365日取引の時間を選ばずトレードが可能です。取引所のサーバーの状況や混雑時に取引が素早くできないなどの面倒に煩わされることがありません。

不正アクセスやハッキングに強い

トレーディングで一番避けたいことは、ハッキングや不正による資産の漏洩です。

分散型DEXは、個人ウォレットから直接取引をするため、ハッキングや不正のリスクを軽減することができます。20181月、記憶に新しいコインチェックのハッキングは、コインチェックの中央集権型取引所の盲点を突かれた形となりました。

ハッキングによって、秘密鍵やウォレットに侵入が確認されると、取引が直ちに中止され、資産の仮想通貨も履歴と一緒に消えてしまいます。

分散型DEXは、このような中央集権型の弱点である外部侵入から資産を守ることができ、システム自体のハッキングや不正には影響されることがないことが非常にメリットです。

取引所のシステムに依存する必要がない

中央集権型の取引所は、総合管理しているサーバーやシステムが命です。このシステムが何らかの理由でダウンしたり、メンテナンスによる停止などによって取引の柔軟性を奪われる場合があります。

分散型DEXでは、トレーダー同士の取引が成り立つため、安定した取引を行うことができます。

なぜBinanceバイナンスがDEXを開始するのか?

世界大手の取引所Binanceバイナンスが、ここにきてどうして分散型DEXの開始に踏み切ろうと思ったのか?そこには大きく2つの理由が挙げられます。

ネイティブ料金が獲得できる

中央集権型の取引所は、その利益を仮想通貨交換の取引手数料で得ています。分散型になることで個人取引が可能になり、収益は下がってしまいそうです。ところがバイナンスは取引の際に発生するネイティブ料金といって、スマート契約に組み込まれたトランザクションに必要な料金を加算することができ、収益向上を狙っています。

同時に、独自通貨バイナンスコイン(BNB)の基本収益を得るためにも有益であると考えています。

バイナンスコイン(BNB)とは?その特徴とDEXによるBNBの将来性BINANCEの発行する取引所系トークンBNBとは?バイナンスコイン(以下よりBNB)とは、世界最大級の仮想通貨取引所BIN...

分散型DEXが将来的に主流となる

ブロックチェーンテクノロジーの本来の目的は、中央管理者を置くことなく取引や運用ができるという利便性です。現在中央集権型の取引所も、効率性、セキュリティ面から今後は徐々に、分散型に移行してくると考えられています。

取引所として生き残りをかけるためにもユーザーにとって利便性の高い分散型DEXを早い段階で起用することは必然の流れといえるでしょう。

Binanceバイナンスの分散型DEX開始でBinabceCoinにも影響が?まとめ

2017年に運営を開始してからBinanceは、ハッキングや不正の事故もなく順調に市場でその経営を伸ばしてきました。Binanceバイナンス代表のCZ氏は、取引所運営において、顧客が自己資産を管理する形は近い将来スタンダードになると考えています。

これまでに他の取引所でも起用されてきた分散型のなかでもよりアップデートされたバージョンに仕上がっているとし、運転実施へ最後の調整を進めています。

今回のこのニュースが発表された後にバイナンスの独自通貨バイナンスコイン(BNB)の価格に影響を及ぼしています。バイナンスの成長と共に、BNBの高騰も注目したいところです。

2018101日現在>

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/binance-coin/

関連記事