ビットコイン

ビットコインをマイニングする方法とは?基本的な仕組みと報酬の条件

ビットコインの採掘(マイニング)とは価値を生み出す作業

採掘と聞くと金や鉱石などを掘り起こすようなイメージでしょうか。掘り起こすことで初めてその物の価値が生まれますよね。

ビットコインも同じ意味合いがあり、有限のビットコインをマイニングという作業をすることで初めて仮想通貨としての価値を生み出すのです。

ビットコインの発行枚数の上限は2100万枚と決まっていますが、現在は1680万枚程発行されています。残りの未発行の部分をマイニングという作業をすることによって、ビットコインとして新たに発行されることになる訳です。因みにマイニングの作業をする人の事を「マイナー(採掘者)」と呼んでいます。

では、その作業とは一体何をするのか。そこが一番気になるところです。マイニングの仕組みとはどういったものなのでしょうか?

マイニングの仕組みは信頼のネットワーク

ビットコインのマイニングとは「仮想通貨の暗号化システムや取引の記録システムに協力する」という作業です。協力したことで貰える報酬が仮想通貨となります。

仮想通貨の取引情報はやり取りされたコンピューター間で保持され、どのような取引があったのかをブロックチェーン上に全て記録しています。この情報処理システムの方式を「P2P(Peer to Peer)」と呼んでおり、「お互いに信頼し合い相互協力して作るネットワーク」という意味合いがあります。

この情報処理システムの一員としてネットワークに参加し、取引記録の整合性を確認する作業がマイニングとなります。

難しく感じるかもしれませんが、マイニングはビットコイン等の取引記録が正しいかどうかを判断する作業だと考えてください。

マイニングを行うためには高性能なPC、GPU(グラフィックボード)とネットワーク環境が必要となっており、こちらを揃えれば、個人の方でもマイニングを行うことができます。

しかし、大企業の参入によって、ビットコインなどのメジャーな仮想通貨を個人でマイニングすることは非常に難しくなっているため、マイニングする通貨の選定はよく考えるべきでしょう。

マイニングの報酬をもらう条件

ビットコインのマイニングによって報酬を受け取れるのは、最も早くブロックを生成することができたマイナーのみとなります。

ビットコインは10分ごとに12.5BTCがマイニングによって新たに発行されていますので、仮に1BTCが日本円で100万円だとしたら1250万の報酬です。驚くべき報酬額ですね。

因みに10分ごとにマイニングが行われている理由は、発行量を一定に保ち、バランスを崩さないためです。

では、最も早くブロックを生成しないとビットコインの報酬が貰えないのならば、高性能のコンピューターを持っている人だけに報酬が偏ってしまうことになりますよね。

情報処理の早いコンピューターしか報酬が貰えないとなると、その他の人がマイニングに参加するメリットも無くなりますし、それこそバランスが崩れてしまいます。

そのため、ブロック生成の計算にはランダムな数値が与えられており、くじ引きのような運要素があります。これにより、性能の低いコンピューターでも一定数の確率で正解へたどり着ける仕組みになっています。

ただし、高性能なコンピューターが有利なことには変わらないので、マイニングを行うのであれば、より高性能な環境を整えましょう。

マイニングを行う3つの方法

マイニングを行うのは難しそうと感じるかもしれませんが、実際には特別な技術や資格もないので簡単に取り組むことができます。専用のプログラムやアプリのインストールができれば、起動するだけでマイニング作業は自動で行われます。

それでは以下の項で具体的なマイニングの方法について解説します。

ソロマイニング

ソロマイニングは個人でマイニングを行う方法となっており、難易度が高いマイニング方法です。

何故ならビットコインのマイニングに参加をしている企業やライバルは数多く存在していますし、情報処理の速さが求められるため、高性能のグラフィックボードやマイニング専用のICチップ(ASIC)などを揃えたりと、非常に設備資金がかかります。

ビットコインの報酬を貰えたとしても黒字にするのは難しく、電気代などのコストの方がかかってしまうことでしょう。現状、個人がビットコインをマイニングして利益を出すのは不可能だと言われています。

マイニングプール

マイニングプールとは、個人ではなく複数のマイナー達と協力し合ってマイニングを行う方法です。複数で協力しあうことで効率よくマイニングを行うことができ、その報酬を分配する仕組みとなります。

実際にマイニングプールに参加する流れは、プールのホームページにて登録を済ませてから、専用のソフトをインストールするだけです。ソフトを稼働させておくだけで、情報処理の貢献度に応じでビットコインが報酬として分配されます。

ソロマイニングと比較しますと、家庭用のコンピューターでも安定した収益を得られるというメリットがありますが、自分のコンピューターが最速でブロックを生成できたとしてもボーナスが付かないといったデメリットもあります。

設備資金を掛けたくない方や、報酬が少なくても安定した収益を求めるならおすすめの方法です。

クラウドマイニング

クラウドマイニングとは、マイニングを行っている企業に投資をして、マイニングで得られた報酬が投資した額に応じて分配される仕組みです。イメージとしては株式投資の配当を貰う様なイメージです。

最大のメリットはコストがかからないという点です。ソロマイニングのように高性能のコンピューターを揃えたり、電気代などのコストがかからないというのは魅力的ですよね。

短期間で利益を出したいという方には向いていませんが、長期的な目線で投資をしたいという方や、マイニング知識が豊富ではない初心者の方にはおすすめできる方法です。

最後に1つクラウドマイニングの注意点をお伝え致します。

投資先の企業をどこに絞るのかが非常に重要です。クラウドマイニングでは預かった資金を持ち逃げしたり、詐欺目的の企業もありますので、よく分からないところに投資するのは危険です。

最近では大手インターネット企業のDMM.comが仮想通貨のマイニングファームを運営開始させ、クラウドマイニングにも順次参入すると発表がありました。DMM.comはマイニングに使用するコンピューターを1000台規模で運営することができる施設を建て、世界でも10番目に入る規模の大きさとのことです。

また、GMO株式会社も20188月にクラウドマイニングに参入すると発表しています。サービス名は「Z.com Cloud Mining」で201831日から事前申し込みが受け付け開始となります。

クラウドマイニングで投資をするのであれば、名の知れた大手企業を選ぶのが重要なポイントになりますので、興味のある方は参考にしてみて下さい。

競争が激化していくマイニング

ビットコインは2100万枚と有限であり4年ごとにマイニングできる量が半分に減少していきます。

2040年には全てのビットコインがマイニングされていると予想されていますので、今後は少しでも多くビットコインを手に入れようとマイニングの競争は激化していくことでしょう。

例え全てのビットコインがマイニングされたとしても、ビットコインは変わらず世界共通の資産となります。ビットコインのマイニングは将来の資産確保とも言えるかもしれません。

関連記事