ビットコインキャッシュ

ヨーロッパで仮想通貨ATM機増加でビットコインキャッシュ(BCH)が高値に!

ヨーロッパ全体で仮想通貨BCHを取り扱うATMが増加の傾向をたどっています。観光地ではストリートの各コーナーにATM機を設置するなど、デジタル通貨の一般化が進んでいます。仮想通貨利便化の兆しを受けて、BCHの価格にも変化が現れました!

ビットコインキャッシ(BCH)ュの売買が盛んに!

ヨーロッパで現在仮想通貨の取り扱いをするATM機が増加しています。これを受けてか否かBCHビットコインキャッシュ価格に動きがありましたのでご覧いただきます。

 

2018104日現在>

引用元

BCHビットコインキャッシュの値動きをご覧いただくと24時間の間に2.4%もの上昇を見せ、ここ2週間では26%以上もの値幅を上げています。

この現象はヨーロッパ全域で、仮想通貨取引ATMが増加している事情を反映しているといった背景も手伝っているのかもしれません。

ATMBCHの取り扱いが増加しているのは、この1年間で特に仮想通貨のキャッシュウォレットを提供するサービスが増加したことと、取引の手数料が格段に安いBCHをトレーディングするユーザーも急増化していることが理由として考えられます。

特にヨーロッパは、ビジターが電子マネーを活用して旅行をすることができる環境が浸透してきているため、観光客も増加の傾向にあります。

これまでの歴史ではヨーロッパ全体で、新しいシステムやテクノロジーを取り入れることに時間を要する傾向がありましたが、特にリゾート地や観光地の中心ではBCHの購入、売買、交換をサポートし、仮想通貨取り扱いの普及が進んでいます。

BTCビットコインキャッシュを扱うATMがヨーロッパで増加!

ヨーロッパの中でもイギリスは特に仮想通貨の取り扱いに前向きな姿勢がうかがわれます。BCHを所有していれば、ロンドン市内などのハイトラフィック地域では、旅行中のショッピングやサービスを効率的に利用することができます。

現在BCH取り扱いのできるATMの内、50台はロンドンに集中しています。ロンドン単独で毎年2000万人以上の観光客が訪れ、観光地のメッカとして知られるトラファルガースクエアとピカデリーサーカスには各コーナーに4台ものATMが設置されています。

ATMではBTCETHLTCDASHとともにBCHの取り扱いがあり、購入の上限は2000ユーロ(約26.3万日本円)までという制限があります。

ヨーロッパで観光といえばスペインも魅力的な都市として有名です。スペインにも合計18台の仮想通貨ATMの設置があり、マドリッドのCalle Gutierre De Cetina Streetに設置したATMは、仮想通貨購入専用の機械で一日に999ユーロ(約13.2万日本円)の買い付けが可能。

Carrer Carles I Streetに設置された仮想通貨ATMでは、売却と購入ができますが、取引所Bitstampのレートを起用しているため、取引手数料として6%が加算されるシステムです。

Calle Londresストリートに設置されたATMでは、販売購入取引ができ最高額10,000ユーロ(約131.5万日本円)まで取引することができます。

BCHでヨーロッパ観光業界も潤う!

BCHビットコインキャッシュの取り扱いができるATMが増加することは、仮想通貨市場を潤すとともに、ヨーロッパの観光業界にも活気をもたらすことが予想されます。

観光業界の調べによると今年クリスマスをヨーロッパで過ごしたいと考えている人が多く、ウイーンもそのデスティネーションの一つにあげられています。

オーストリアの首都圏には6台のATMが設置されており、ショッピングエリアとして有名なFührichgasse2にビジネスを構える小売店では、1回の買い物で5,000ユーロ、1日で15,000ユーロ(約197万日本円)相当のBCHでの買い物をサポートするというお店が続発。

ロシアにも首都圏に9カ所のATMの設置があり、観光地として名高いブリュッセルやレオン広場に面するスーパーマーケットなどにも利用可能なATMがあります。

ヨーロッパには現在170カ所の仮想通貨ATMが存在します。プラットフォームによって全機種をカバーしているわけではないため、買い付けのみのATM機種などを合計するとその数はもっと多いと考えられます。

全世界で仮想通貨ATMの数は、3800個以上を数え、ATM機器以外の仮想通貨取引器材を含めるとなんと14万個にも上るマシーンが存在します。

仮想通貨を取り扱う何らかの機材を投入している国は全世界で80に達していることが、CoinATMreaderによって明らかになりました。

CoinATMreaderとは、世界中の仮想通貨ATMの設置場所が検索できるサイトでATMマシーンを管理する会社の広告やブランディングなどをサポートするサービスを提供しています。

仮想通貨BCHが高値になる?まとめ

ヨーロッパは歴史的に古い町並みが多く、技術改新に対してコンサバティブな態度を示す傾向が強い中、仮想通貨の取り組みについては実に積極的な姿勢を見せてきました。

今年6月には、アムステルダムの空港内にも仮想通貨ATMを設置し、ヨーロッパでは初の試みとして話題を呼んだばかりです。

今回の仮想通貨ATMの増加だけでなく、ヨーロッパでは地域全体でデジタル資産をサポートする動きが盛んなことに注目しなくてはなりません。

ドイツでは法定通貨と仮想通貨間の交換税金が無料になったり、大手の取引所バイナンスがマルタ島に移転し、国を挙げて支援をしたりと規制緩和傾向が広まりつつあります。

BTCから派生したBCHが仮想通貨としてメジャーになることは市場を活気つけるだけでなく仮想通貨全体の法定的価値を高めることに繋がります。

ヨーロッパが仮想通貨ATM増加に力を入れることによって、確実にBCHの上昇が期待できますし、BTCの価格の相乗効果も期待できそうです。

多くの専門家たちの間ではBCH2020年には、10万~12万円で価格を落ち着かせると予想しているため、2018年ラスト2ヶ月でさらなる価格の高騰も見られる可能性があるでしょう。

関連記事