ニュース・速報

今週の高騰アルトコイン(10/8〜14)DigitexがAirDropで600万DGTX配布!?

今週の仮想通貨市場は横ばいの相場から一気に2,000億ドル台へと転落

10月に入り概ね2,200億ドル台の横ばいで推移していた仮想通貨市場ですが、今週11日には一気に7%程の下落となり、現在はおよそ2,000億ドルでの推移となっています。


引用:coinmarketcap

今週はビットコインをはじめとする主要通貨が全体的に下落しましたが、米国を主とした世界的な株安が背景にある事が考えられ、一方で仮想通貨取引所「Bitfinex」のステーブルコインである「Tether(USDT)」の米ドル預託金に対する支払い能力を疑うユーザーによる売りも同時に考えられています。

また、ビットコインのボラティリティ(価格変動)も今月は特に小さくなっており、投機対象としての魅力の一つである価格変動が弱まってきている事がわかります。


引用:coinmarketcap

しかし、そんな相場の中でも今週大きく上昇したアルトコインもあり、以下よりその詳細を紹介していきます。

【時価総額2位〜100位】今週のアルトコイン上昇率ランキング

今週1週間(10/8〜14)は上位通貨のほとんどが下落するといった結果となり、高騰したのは下位のアルトコインの内の一部だけとなりました。


引用:Coin360

そして、今週特に上昇を魅せた時価総額2位〜100位のアルトコインの内の上位3通貨は以下です。
(※数値はいずれも10/8〜14 午後12:00頃までの計測)

アルトコイン上昇ランキング
  1. Digitex Futures(DGTX) +65%
  2. Loom Network(LOOM) +14%
  3. 0x(ZRX) +13%

1位 Digitex Futures(DGTX)【62位】

現在時価総額62位のDigitex Futures(DGTX)は、今週+65%の高騰を魅せました。


引用:coinmarketcap

Digitex Futuresとは、イーサリアムのブロックチェーンを用いた分散型取引所(DEX)であり、独自トークンであるDGTXを用いていかなる種類の取引手数料をも無料にする事を目指しています。

このDigitex Futuresは先週もアルトコインランキングで一位にランクインしており、先物取引所をアップデートして2018年12月頃に正式にリリースされるといった予定がCEOであるAdom Todd氏によって発表されました。

そして、同取引所は公式サイトにてEメールアドレスを登録する事で取引所への早期アクセスを可能としており、それに登録した後に他人へ紹介リンクを共有する事で計6,000,000にも及ぶDGTXトークンのエアドロップが紹介者へと付与されるようになります。


引用:DIGITEX

10月14日現在は約25万人を超える登録者が既に存在していますが、これには紹介者ランキングのような制度があり、リンクを他人に紹介した数が多いユーザー程多く報酬が受け取れるシステムとなっています。


引用:DIGITEX

上記の通り、1〜10位は100,000DGTX、11〜5,000位までは1,000DGTXがそれぞれ付与されるように設定されており、現在も紹介によるランキング争いが行われています。

これによって、先週140%以上も高騰したDGTXは今週もさらに高騰してる状況です。


引用:coinmarketcap

なお、現在DGTXが取り扱いされている取引所は大半が「Mercatox」となっており、BTC、ETHペアで取引する事が出来ます。

2位 Loom Network(LOOM) 【76位】

現在時価総額76位のLoom Network(LOOM)は、今週14%の上昇を魅せました。


引用:coinmarketcap

LoomNetworkとは、主にゲームなどのDapps(分散型アプリケーション)のプラットフォームを構築し、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するソリューションプロジェクトです。

DappsプラットフォームであるLoomNetwork(LOOM)とは?LoomNetwork(LOOM)とは? 引用:LoomNetwork公式サイト LoomNetwork(LOOM)とは、主にゲ...

このLoomNetworkは、12日に韓国の大手取引所であるbithumbに上場を果たしました。

LOOMの取り扱いはもう一つの韓国取引所であるUpbitでも大きな取引シェアがあり、今回の上場によって韓国市場での流動性の増加が期待出来る事となります。

また、LoomNetworkではイーサリアムの開発言語である「Solidity」が学べるゲーム「CryptoZombies」がリリースされていますが、そのシーズン2となる新作が11月にローンチされる事ともなりました。

https://twitter.com/LoomNetworkJP/status/1049550842649444352

これらの好材料を受けて、LOOMは緩やかにその価格を上げてきています。

LoomNetworkは「Ethereum上のDappsで100万ユーザーを可能にしたい」と公式ブログで語られており、今後もブロックチェーンの一般的普及の鍵となるDappsゲームを構築していく方針とされています。

なお、LOOMは日本からだと「Binance」や「Bittrex」「Poloniex」などから購入する事が出来ます。

3位 0x(ZRX) 【25位】


現在時価総額が25位である0x(ZRX)は、今週+13%の高騰を魅せました。


引用:coinmarketcap

0x(ゼロエックス)とは、ERCトークンを交換する事が出来る分散型取引所DEXを構築するプロジェクトであり、そこで利用されるのがERC20に準拠したZRXトークンです。

この0xは12日、米大手仮想通貨取引所であるCoinbase(コインベース)のプロ向け取引プラットフォーム「Coinbase Pro」へ上場される事が発表されました。


引用:Coinbase公式ブログ

Coinbaseはその企業価値が80億ドルを超えるユニコーン企業として知られており、今後は銀行ライセンスも取得していく予定の大型取引所です。

元々0xはCoinbaseより新規追加される予定であると公式ブログにて発表されていたのですが、その新規追加が遂に実現し、現在は0x全体のおよそ4.5%がCoinbase Proにて取引されています。


引用:coinmarketcap

Coinbaseには現在まで主要な5つの通貨が上場されていましたが、今回の0xのリストアップによって初のERC20トークンの追加となりました。

それらを受けて、0xの価格は一時30%の高騰を魅せています。


引用:coinmarketcap

しかし0xは全体の悲観的な相場感もあり、その後特段上抜けた高騰までには至っておらず、Coinbaseへの上場実現は多少織り込み済みだったという見方も出来ます。

また、0xはCoinbase Proの他に「Binance」にて多く取引がされています。

今週のアルトコインまとめ

今週は全体的に芳しくない市況でしたが、確実にプロジェクトが進んでいるLoomNetworkや、大規模なキャンペーンを開催しているDigitexなど、まだまだ潜在的ポテンシャルを秘めている通貨がたくさんあります。

また、今回0xがCoinbaseに上場されましたが、Coinbaseはその他にも「Basic Attention Token(BAT)」「Zcash(ZEC)」「Cardano(ADA)」「Stellar(XLM)」といった通貨の上場を検討していました

今週の高騰アルトコイン特集(7/8〜14)Coinbaseに新たにアルトコイン上場か!?仮想通貨市場全体は今週の下落で2,500ドルを割る 今週(7/8〜14)の仮想通貨市場は先週の上昇から転落し、全体の時価総額は一週間で...

以上の各通貨は、今後Coinbaseに正式に上場されることがあれば更に価格高騰する可能性があるかもしれません。

主要通貨であるビットコインやイーサリアムのボラティリティが下がってきた今、振れ幅の大きいアルトコインに目を向ける投資家も出てくるのではないでしょうか。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。