ニュース・速報

Bitfinexはとうとう廃業へ?ビットコイン(BTC)が上昇した陰にTether(USDT)の暴落が!

10月の2週目に入り、これまで6千ドルを上下していたBTCが一瞬7千7百ドルの価格上昇を見せました。2017年度末に起こったBTCの高騰を再現するのでは?と投資家たちが期待することろですが、実は原因はあるコインが発端でした。

Bitfinex相次ぐハッキングの後はTetherによる悪影響!

Bitfinexと言えば、香港を拠点とする世界でも最大の仮想通貨取引所の一つとして有名です。

さかのぼること2015年と2016年、Bitfinexは大きなハッキングの被害を受けて、その影響で新規のユーザー登録をしばらく停止していました。

ダメージを大きく受けたのは2016年の被害で、総額にして70億円以上のBTCの盗難被害となりました。地道な復旧活動で、2017年春にユーザーへ全ての賠償が完了したと公表されています。

今回はBitfinexが安定した取引を提供するためにと導入しているTether(USDT)の降下によってBTCの買いが促進され、母体となるベースコインTether(USDT)の価値が急激に下がってしまい、投資家のBitfinex離れを招いています。

先週BTCの価格が急上昇するBitfinexでのチャートをご覧いただきます。

<20181016日>

引用:https://bitcoinwisdom.com/markets/bitfinex/btcusd

チャートは1015日から16日にかけてのBTCの値動きを表すものです。

ここ最近BTC6千ドルの前半から半ばを行き来するもみ合い状態を繰り返しており、安定した底値を続けていました。

15日になってBTCは急激に高値を付け、77百ドルまで上昇しています。

同時にBitfinexの取り扱うTether(USDT)のチャートも合わせてご覧いただきます。

<20181016日現在>

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/tether/

時を同じくしてTetherの方は、急激な右肩下がりの急降下現象を起こしていることがご覧いただけます。

このBTCの急上昇とTether(USDT)にはどのような関連性があるというのでしょうか?

Tether (USDT)Bitfinexの関係性!なぜTether(USDT)が降下したのか?

BitfinexでBTC価格が急激に上昇したと同時にTether(USDT)が急降下を起こした状況は偶然ではありません。

Bitfinexで取引をする顧客は、BTCETHのトレードをTether(USDT)ベースで行っています。

Tether (USDT)の取引価格が平均1ドル前半だったところが、先週あたりからわずか2%にあたる下降0.98ドルに陥ったことで、その差額によってBTCに買いが増加したことが原因と見られています。

Tether (USDT)は基本的に法定通貨のドルや円と同様に、通貨価値が安定したデジタル通貨であるため、わずかな値動きも投資家の資産に直接影響を及ぼします。

USDTと同様の扱いをされているジェミニコイン(Gemini/USD)やブロックチェーンテクノロジー決済システムに活用できるPayPaxの仮想通貨Paxなどが、最近安全面や利便性を備えたコインとして注目を集めはじめています。

これまでのBitfinexのユーザーは、新しい安定性のあるコインへの移行をすすめ、USDTの価値が下がっていることは否めない事実となって表面化しました。

Tetherの価格低下は、提携する取引銀行との関係の脆弱性にもあると指摘されています。

提携のあるNoble Bank Internationalが債務超過に陥っているというまことしやかな噂が流れ出したのは2016年のハッキング事件後で、Bitfinexの被害を調整するために共倒れ状態にあるというふうにささやかれてきました。

この噂は101日にNoble Bank Internationalが銀行の引き取り先を模索しているという報道によってより一層、現実化します。

Bitfinexの投資家たちはすでにこの時点で総資産の3割に相当する7.7BTCを引き出し、資金の移動を始めていることが確認されています。

このような状況を受けてNoble Bank Internationalは、銀行の体制変動によってBitfinexの運営に影響を及ぼすものでは無いとして、一連の噂を否定していますが、Bitfinexの多くのユーザーがすでに他へ転向しつつあることは否めない事実です。

これによって大手の取引所Bitfinexがユーザー離れによる廃業などという局面に陥らないとも限らないイベントとなりました。

仮想通貨Tether(テザー)とは?市場を大きく揺がす事件と今後の考察今話題のTether(テザー)とは?その誕生の意味 Tetherとは1USDT(テザー)=1USD(ドル)と対等な関係で、その価格...

BTCは今買うべきか?今後の値動きは?

今回のショートランを多くの投資家は、Tether(USDT)離れによる一時的なBTC価格上昇と見る傾向が強いようですが、一部では本格的なブルランへの兆候だと受け取る考えもあるようです。

これまでのBTCの流れを踏まえていくつかのアナリストが考えるBTCの方向性をご覧頂きます。

楽観的な方向だけれど用心が必要

BTCが好調なランを見せたけれどいろんな噂が飛び交っているので、注意しなくてはなりません。グリーンのろうそくが非常に力強く、このようなチャートを描く場合は向上することが良くあります。緑の点線で示されたサポートゾーンにBTCが落ち着けば、完全に買い時と言えるでしょう。

 

今がBTCの取引タイミング!BTCを買う!

BTCの値動きが一定の間高い低いを蛇行しながら続いてきたため、今回の15日の上昇は完全にブレイクアウトのパターンを示しています。

現在1.21%の上げ幅をキープしながら上昇するパターンを繰り返しています。これは4時間枠の中でも顕著に現れているため、今がBTCを買う絶好のタイミングと言えます。

 

BitfinexBTC価格上昇で今がBTCの買い時!まとめ

法定通貨と同等に安定性があると謳われてきたTether(USDT)離れによってBTCが一時高騰を見せた状況を多くのアナリストや投資家はBTCのバブル到来の兆しと考える傾向が色濃く現れています。

年間チャートを分析しても最近のチャートはサポートゾーンと言われる底値の範囲を小さな値動きで上下するのみでした。通常このような動向を見せるのは、ちかくブレイクアウトを起こすという兆候でもあると言われています。

ご紹介したチャート分析者は、今回の高騰は完全なるブレイクアウトと解釈しており、このパターンは上げ幅を徐々に広げながら右肩上がりを示すと予測しています。

2018年に入ってから落ち着きを見せていたBTCですが、また本格的なバブルを目の当たりにする日もそう遠くないかもしれません。