仮想通貨

仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)とは?その特徴や将来性までを徹底解説

本記事では、仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)の特徴や将来性などを徹底的に解説していきます。

仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)とは?


引用:0x protocol

0x(ゼロエックス/ZRX)とは、イーサリアムベースのERCトークンを交換する事が出来る分散型取引所(DEX)を構築するプロジェクトであり、そこで用いられるのがERC20に準拠した「ZRX」と呼ばれる仮想通貨です。

この0xは2018年10月より米大手仮想通貨取引所であるCoinbaseに上場した事で注目を集めるようになりました。

仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)の時価総額

0xの時価総額は現在第22位となっており、その規模は2018年10月23日現在でおよそ5,500万円にも及びます。


引用:coinmarketcap

0xは最近になって大きく時価総額の順位を上げており、現在ではLiskやOmiseGOといった上位通貨を抜いて20位台前半へとランクインしています。

仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)の特徴

0xは分散型取引所(DEX)を構築する

0xプロジェクトでは、様々なERCトークンを管理者不在の分散型取引所(DEX)を構築する為のプロトコルを提供します。

これは簡単に言うと、「0xのプロトコルを用いて誰でも分散型取引所の構築ができる」というシステムです。

分散型取引所とは?

分散型取引所とは、中央に管理者を置かなくてもブロックチェーンを用いて自律的に動き続ける取引所であり、”Decentralized Exchange”の略でDEXとも呼ばれている。

分散型取引所(DEX)とは?中央集権から分散化される価値交換取引所も中央集権型から分散型へとシフトブロックチェーンの根底にある「分散型」という概念は、通貨やプラットフォーム、アプリケーショ...

昨今、イーサリアムをベースとした様々なERCトークンが生み出されていますが、それらを使った分散型アプリケーション(Dapps)を利用する際、わざわざ中央集権型の取引所からトークンの交換をするのは不便であり、尚且つ取引所に対する手数料を都度支払う必要がありました。

しかし、0xではあらゆるイーサリアムトークンが交換可能な分散型取引所を構築し、取引に掛かる手数料を大幅に削減します。

オフチェーンでの取引処理によって取引を最適化する

0xでは、「オフチェーン取引」を用いてその取引処理を迅速化させます。

オフチェーン取引とは?

オフチェーン取引とは、メインのブロックチェーンの外で取引の記録を行う取引の事を指す。
メインのブロックチェーン上に記録せずに取引を行う事で、送金の遅延や取引手数料の高騰を防ぐ事が可能となる。

本来のブロックチェーンでは、全ての取引をそこへ記録する為に、取引記録の処理が追いつかず遅延してしまうといった「スケーラビリティの問題」がありました。

しかし、0xではオフチェーンによる取引処理によって、取引結果のみをメインのブロックチェーン上で処理する事を可能とします。

これによって、0xの分散型取引所にてユーザー間の注文を迅速に行い、且つ割安な手数料で取引を行えるようになるのです。

0xでの取引を仲介するリレイヤー

0xでは「リレイヤー」と呼ばれる管理者が取引を媒介し、ユーザー間の取引を処理します。

そもそも取引所を運営する為には、ユーザー間の取引処理をする為に運営者が必要なのですが、0xでは上述したリレイヤーと呼ばれる管理者にその取引処理や、手数料を徴収する権利を付与します。

よって、そのリレイヤーが0xプロトコルを使って取引手数料を設定して取引を進める事が可能であり、取引手数料を複数のリレイヤーで分割して仲介していく事も可能とされています。

このような仕組みで、0xに管理者を置かずに分散型取引所を運営していく事が可能となり、且つリレイヤーは0xプロトコルを用いて取引手数料を報酬として受け取れるインセンティブが生まれます。

なお、現在以下のようなプロジェクトが0xのリレイヤーとなっており、報酬は0xの独自トークンZRXで支払われます。


引用:0x protocol

 

仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)はCoinbaseに上場

ZRXは2018年10月12日、米大手仮想通貨取引所であるCoinbaseのプロ向け取引プラットフォーム「Coinbase Pro」へ上場された事が発表され、その後の17日、同取引所は更にCoinbaseのAndroidとiOSの両アプリでもZRXを取引可能にした事を発表しました


引用:Coinbase公式ブログ

2018年7月14日、Coinbaseは「ADA・BAT・XLM・ZEC・ZRX」といた5つのアルトコインの新規追加を検討していると公式ブログで発表しましたが、遂にZRXはそれを実現させたのです。

0x(ゼロエックス・ZRX)価格が突然30%も上昇!次にブームになるアルトコインは?!仮想通貨BTCの価格変動にはすぐに注目しがちですがCoinbase(コインベース)のサポートでこれからはトークンがメインになるかもしれま...

なお、それによってZRXの価格は発表があった12日、17日に大きく上昇し、特に17日は半日で約40%の高騰を魅せました。


引用:coinmarketcap

 

Coinbase銘柄が上昇!Aeternityはメインネット移行へ|今週のアルトコイン(10/15〜21)今週の仮想通貨市場は急激な回復により2,100億ドル台で推移 先週は米国を主とする世界的な株安も背景にあり、大きな下落を魅せた仮想通貨...

仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)の価格チャート

ZRXの価格チャートですが、現在1ZRXあたり100円程で推移しています。


引用:coinmarketcap

ZRXの価格は2018年に入ってから現在に至るまでプラスで推移しており、これを主要通貨であるBTCやETHと比較すると、ZRXはBTC、ETHに比べてその価格を維持し続けている事が分かります。


引用:TradingView

ZRXはCoinbase上場といった大きな好材料もあり、10月1日から現在に至るまで約44%の価格上昇を魅せています。

このように、ZRXは上位通貨の中でも特に期待が寄せられていると言えるでしょう。

仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)を購入出来る取引所

ZRXを購入出来る取引所ですが、おすすめは世界最大級の取引所である「Binance」です。


引用:coinmarketcap

上記の図を見ると、2018年10月23日現在最も多く取引されているのがBinanceである事が分かり、その他の取引所に関しては米ドル建てや韓国ウォン建ての取引が多くあります。

なので、大手取引所であるBinanceでの取引が良いでしょう。

仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)を保管する為のウォレット

ZRXを保管する為のおすすめのウォレットは、イーサリアムやERCトークンを保管出来る「MyEtherWallet」や「MetaMask」などです。

MyEtherWalletは支持率の高いデスクトップ型のウォレットであり、秘密鍵を自分で管理します。

そして、MetaMaskはブラウザ型のウォレットであり、デスクトップ上でDappsや分散型取引所を利用する際に、即座に連携する事が出来ます。

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)の使い方。送金方法や作り方も仮想通貨にかかせないウォレットコインチェックによるネム流出事件がきっかけでビットコイン以外の仮想通貨の認知度が上がりましたが、セ...
MetaMask(メタマスク)の使い方。今後、必須になり得るWEBウォレットイーサリアムトークンを保管できるメタマスクとは引用:https://metamask.io/ メタマスク(MetaMask...

仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)の将来性

以上が0xについてでしたが、2017年8月に0xプロトコルのv1.0がローンチされて以降、2018年9月にはそのv2.0のメインネットのローンチが発表されました。

Coinbaseへの上場も果たし、益々注目が集まる0xですが、今後の発展として重要となるのが「分散型取引所(DEX)の普及」と「リレイヤーの拡大」でしょう。

上述した、0xプロトコルを用いてDEXを展開するリレイヤーがいなければ0xは成り立ちません。

そして、「分散型取引所」という概念が更にユーザーへ認知されなければ、0xのスケールは難しいのではないかと筆者は考えます。

しかし、昨今世界中で中央集権型取引所のハッキング騒動が起こっている事から、ユーザーの分散型取引所へのシフトにも今後期待出来そうです。

ABOUT ME
Kenta Fujii
Kenta Fujii
新卒で入社した大手金融機関では、主に広告の運用やマーケティングに従事。その後は11ヶ月で退職し、金融・フィンテック分野に特化したフリーライターとして活動中。
関連記事