イーサリアム

ETHは底値に到達か|今週のイーサリアムの価格とニュース(10/20〜26)

今週のイーサリアム(ETH)はほぼ横ばいの200ドル台で推移

今週のイーサリアム(ETH)は特段の変化の無い相場となり、先週に引き続き200ドル台を維持しています。


引用:TradingView

先週は一時180ドル台まで値を下げていたものの、15日に15%程の高騰を魅せて200ドルをブレイクしたのですが、現在はほぼ横ばいの価格進捗となり、そのボラティリティも落ち着きを魅せてきました。


引用:TradingView

そしてイーサリアムの現在の価格は昨年同月対比で約-30%の下落となり、やや盛り上がりに欠ける進捗となっています。

しかし、今年最安値である160ドル台を記録した9月中旬以降、その価格は崩れる事なく200ドル台を維持している事から、「その後価格が一気に突き抜けるではないか」といった投資家の期待が高まっているようにも見る事が出来ます。


引用:TradingView

では、今週のイーサリアムなどに関するトピックを見ていきます。

OKEx、Liquidで上場廃止の仮想通貨ペアが相次ぐ

今週は大手仮想通貨取引所である「OKEx」と、2018年9月にローンチした「Liquid」とがそれぞれ仮想通貨の一部上場廃止を発表しました。

OKExは57種類の仮想通貨ペアを上場廃止

大手仮想通貨取引所であるOKExでは、流動性低下の懸念から57種類の仮想通貨ペアを上場廃止する事を発表しました。


引用:OKEx

この上場廃止は日本時間の2018年10月31日頃に行われる予定となっており、流動性の低いトークンの取引ペアが廃止されるのみで、トークンそのものが上場廃止されるわけでは無いとされています。

今回上場廃止を受けたアルトコインの通貨ペアは主にBTC、ETH、USDTである事から、上場廃止後に多少全体の取引高に影響がもたらされるかもしれません。

Liquidは12の仮想通貨の上場を廃止へ


QUOINEX株式会社が運営するLiquid(リキッド)は、2018年10月27日より12種類の仮想通貨を上場廃止にする事を発表しました。

Liquidでは、日本で取引が可能な仮想通貨は数種類に限られていたものの全体的には60種類もの通貨が上場していました。

しかし、そのLiquidに上場していた0x(ZRX)、Aeternity(AE)、SIRIN LABS Token(SRN)などを主とする計12の通貨が今回廃止となる事が明らかとなったのです。

その他にもBinanceやPoloniexなどでも一部の仮想通貨の上場を廃止する動きがあり、遂に流動性や通貨の信頼性に関する懸念が洗い出され始めています。

現在市場に流通しているトークンのほとんどはイーサリアムをベースとしたERC20トークンである事から、イーサリアムにとっても厳しい状況となっていくでしょう。

OKExでは57種類の仮想通貨ペアが、Liquidでは12種類の仮想通貨が上場廃止となった。

 

イーサリアムの次期ハードフォークが2019年1月までの延期で合意される

イーサリアムのコア開発者は10月19日の開発者会議にて、イーサリアムで当初10月14日に予定されていた、大規模なアップグレードとなる「コンスタンティノープル」へのハードフォークを2019年1月に遅らす事で合意しました。

このコンスタンティノープルへのハードフォークは、主要なテストネットである「Ropsten」のネットワークが突如停止してしまった為に一時中止となっていました。

ETHのハードフォークは延期?今週のイーサリアムの価格変動とニュース(10/13〜19)今週のイーサリアム(ETH)は5%上昇で200ドルラインへ戻す 今週のイーサリアム(ETH)は、190ドル台へと下落した先週からおよそ...

そこでイーサリアムの開発者の一人であるAfri Schoedon氏は「2018年にコンスタンティノープルは実施しない」といった旨のTweetを投稿しましたが、今回正式に来年へと延期される事が決定したのです。

https://twitter.com/5chdn/status/1051194779890003974?s=20

なお、コンスタンティノープル実装後はマイニング報酬を3ETHから2ETHへと減額する事も予定されており、それによるETHのインフレの制御、そして供給量の制御による市場価値の向上等が期待されています。

コア開発者は、イーサリアムのコンスタンティノープルのアップデートに伴うハードフォークを2019年1月まで遅らせる事で合意した。

 

今週のイーサリアム(ETH)のまとめ

今週のイーサリアムは特段大きな価格変動やトピックもなくといった進捗となりましたが、BTCドミナンスを見てもほとんどの通貨が横ばいで「あまり変化が無い」状態にあります。


引用:coinmarketcap

全体的にしばらく横ばいが続く市場となっている事から、ここが底値であり、これ以上は下がらないというサインかもしれません。

来週は横ばいの市場から脱却し、上か下、どちらかに大きく動いているのではないかと予想されます。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。
関連記事