仮想通貨

BTCの低迷は続く?大手取引所BitMEXのCEOアーサー・ヘイズ(Arthur Hayes)氏の見解は正解か?

香港‧サンフランシスコに取引所をもちBTCの取り扱いボリュームが最大を占める大手のBitMEXCEOであるアーサー‧ヘイズ氏が立てたBTC価格予想とはいかに?今後も価格は弱気相場がつづくのか?

BitMEXヘイズ氏!BTCのベアーマーケットが18カ月続く!

香港を拠点とする仮想通貨のデリバティブ取引所で、CEOであるArthur Hayes(アーサー‧ヘイズ)氏は、現在のBTC価格は弱気の市場と見てベアーマーケットはあとしばらく続くと予想しています。ヤフーファイナンスUKBTCの動向について次のように述べています。

「これまでの経験を基にすると、私の考えでは、現在のボラリティは平坦状態が12ヶ月から18ヶ月は続くと見ています。私は2013年にBTC250ドルから1300ドルに高騰した時に起業しています。2014年から2015年はいわゆる原子力並みの弱気相場だったといえます。価格が崩壊したり、ボリュームが崩壊したりと非常に儲けるのが難し意のが現状です。」

My view is the volatility environment that exists right now could persist for another 12 to 18 months, the flatness. I’m just basing it off my previous experience. I started in bitcoin in 2013 when the price went from $250 to $1,300 and then 2014 to 2015 was sort of the nuclear bear market. Price crashed, volume crashed — very, very difficult to make money.

引用元

BitMEXCEOヘイズ氏はCitiBankグループで株式トレーダーをしていた経験を活かし、2013年に起業しています。2014年のBTCの動きに非常に酷似したペースをとっている状態に焦点を当てているようです。

 

BTCは年末には5万ドルを上回る!ヘイズ氏CNBCニュースで大胆予想していた!

BitMEXCEOヘイズ氏が20186月にCNBCニュースに出演した際、BTC価格は年末には500ドルを超える高騰を見せるかもしれないと大胆な予想を公表しています。実際のニュース映像はこちら。

インタビューの中で「年間の半分をすでに経過してどうしてBTC5万ドルを超えると予想できますか?」という問いに対しヘイズ氏は、「2018年年頭に2万ドルを記録したBTC3千ドルから5千ドルを底値として上下しています。これだけ動きのある通貨なら年末までに5万ドルをとっぱしても不思議じゃないでしょう。」と答えていました。

しかしながらこのところの価格停滞で、6月の予想とは一転して現在の市場から考えると5万ドルを超えるという大予想は現実的ではないとコメントしています。

BTC市場は見通しが明るいブル市場である!

BitMEXのヘイズ氏のベアマーケットという見方に対し他の企業家はBTCはブル市場であるという見方もあるようです。分散型のデジタル交換0xの共同創設者のWill Warren氏はヤフーファイナンスの電話インタビューで次のように述べました。

「2011年以来このスペースを追いかけてきて、違うサイクルのパターンをいくつも見ることでたくさんの人がテクノロジーに興味を示すようになりました。流行の風はあがったり下がったりするもんです。

市場はいくつかの蒸気を発している期間で、市場が健全な統合を進めている段階であると思います。長期的にはBTCがトレンドとなる技術の採用が進んでいくと考えています。

“Having followed this space since 2011, we’ve seen a number of different cycles where a large number of people start to get interested in the technology and it’s kind of winds up and then winds downs again.”

“The market is blowing off some steam right now I think the market is probably going through some healthy consolidation but I do believe the long-term trend will be greater adoption of bitcoin and similar technologies.”

引用元

Will Warren氏は市場の統合とともに、BTCがテクノロジーの先端となり仮想通貨の指針となっていく考えであることを強く強調しました。

BTCアナリストやバンカーが予想する今後のBTCの行方!

ETroのアナリストであるMati Greenspan氏は、「2016年からBTCが最高値を付けるまでの間利益率は徐々に上がってきました。ここにきて人々の意識やBTCへの関心が高まった分次のバブルが起こるときは相当な速さでやってくると予想できるでしょう。」と投資家のBTCへの理解度が高まったことが価格変動にも早い段階で良い影響を与えるという考えを示しています。

BTC市場に興味を示すのはアナリストばかりではありません。金融関連は今後の仮想通貨動向によって大きく影響を受ける業界でもあります。スタートアップHACERACEOとして銀行にブロックチェーンを導入するのを助ける元バークレイズ‧アンド‧ゴールドマンの銀行家ジョナサン‧リービは、ヤフー‧ファイナンスUKに次のように語りました。

弱気相場という現状を把握することでさらにBTC市場の透明化が図られ、至近距離でなく遠目からよく観察できるようになるのではなかろうか?

アルゼンチン出身のテクノロジー企業家であるWences Casares氏の見解によると、「BTCのみならず仮想通貨自体が知的実験のようなとらえられ方がありますが、失敗に終わることはないでしょう。」としています。

Casares氏は、Xapoの基盤となっているシリコンバレーにおけるプロファイルを向上させる役割を担っていおり、自身に “Patient Zero”というニックネームが付けられている人物です。

彼がCEOを務めるカリフォルニア州パロアルトに拠点を置くBitcoin Wallet ProviderXapo は、 5大陸の地下貯蔵庫に約100億ドルのBTCを保管しています。

Xapoは、LinkedInの共同設立者のReid Hoffmanと元Goldman Sachsの投資銀行であるMike Novogratzの支援を受けた強力なバックグラウンドを持つ起業です。このようなビジネスのプロたちは、BTCの先行きを大いに明るい未来としサポートしています。

BTCと仮想通貨の未来はインターネットの始まりと共通する!まとめ

テクノロジーの世界に長く身を置いてきたBitcoin Wallet ProviderXapo Wences Casares氏はBTCとインタネット誕生を同じ尺にとらえて興味深い見解を示しています。

1992年にインターネットが世間にお目見えして、一般に広く浸透するまで約10年かかりました。BTCが成功するかどうかはあと10年もしくは20年経過しないと分からないと言います。

ビットコインが成功と言えるのは、ビットコインにおいて2つの世界が一体となる瞬間。一つは、非政治的価値として認められること、もう一つは非政治的な決算基準として確立されることであるとしています。

Wences Casares氏はアルトコインやICOに大きなバブル旋風が巻き起こっていると感じているようで、ブロックチェーンテクノロジーの最高に改新的なところは分散型の主権体制であると指摘しました。これらのデジタル通貨の総合的実験が成功した暁には、BTC100万ドルを超す価値をつけるであろうと予想しています。

2018111日現在>

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/bitcoin/#charts

BTCの値動きを2013年から現在までチャートでご覧いただくと、eTroのアナリストWill Warren氏が指摘する通り、BTC価格は2016年あたりから徐々に上向きになっています。2018年の2万ドル近くに達するまでには20177月から上昇の兆しがあらわれ、半年後にピークを迎えます。

Will Warren氏の理論を適応するならば、これからBTCが上昇トレンドに以降すれば半年、あるいは2,3か月以内に2万ドルを超える高値を記録しても不思議はないという仮説が成り立ちます。BTCの本日の取引価格は平均6400ドルです。年末まであと残すところ2ヶ月足らずとなりましたが、まだまだBTCの動向に目が離せません。