リップル(Ripple/XRP)

XRPが高騰!企業が新たにxRapidを導入?今週のリップルの価格変動とトピック(11/3〜9)

今週(11/3〜11/9)も続々と最新のトピックが追加されたリップル(XRP)ですが、以下よりその価格変動や最新トピック等を紹介していきます。

今週のリップル(XRP)は一時60円台を突き抜けるまでに高騰

今週(11/3〜9)のリップル(XRP)は、10月中旬以降から50円台を推移していた相場から脱却し、一気に60円台をブレイクする高騰を魅せました。


引用:bitbank

先週は概ね横ばいの価格推移を魅せていたリップルでしたが、今週は11/3〜9の1週間で約10%の高騰となり、2018年10月上旬頃の価格水準まで回復させています。


引用:bitbank

先週のリップルの価格推移やトピックはこちら

Ripple社がGoogle幹部採用|SMSでXRPの送金が可能に?今週のリップル(10/27〜11/2)今週(10/27〜11/2)も続々と最新のトピックが追加されたリップル(XRP)ですが、以下よりその価格変動や最新トピック等を紹介してい...

イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)の時価総額は遂に僅差に

11月5日〜6日の2日にかけて、XRPの価格は最大約25%にも高騰し、6日にはイーサリアム超える時価総額となりました。

2018年9月にもXRPは2位のイーサリアムを追い抜くシーンがありましたが、2018年9月〜2018年11月9日現在までの成長率を比較してみると、およそ2ヶ月間でETHが約-30%の下落であるのに対し、XRPは約+50%の成長となっている事が分かります。


引用:TradingView

また、2018年11月9日現在の両者の時価総額を比較すると、ETHが約2.5兆円、そしてXRPが約2.3兆円と、その差はもう2,000億円程しかありません。


引用:coinmarketcap

 

なお、今週もXRPの価格に影響した多くのリップルに関する最新トピックがありましたが、以下よりそれらを順番に見ていきます。

今週のリップルの最新トピック
  • リップルネットへの参加社数が200社を超える
  • SendFriend社がxRapidを導入
  • 大手仮想通貨取引所OKExが証拠金取引にXRPペアを追加
  • XRPが韓国とトルコの取引所に新規上場

リップルネットに参加する金融機関数が200社に到達

リップル社の構築している国際送金システム「リップルネット」への提携金融機関社数が、11月に入り200社を超えた事が明らかとなりました。

このリップルネットの提携社数は2018年9月の時点で「100社超え」と言われていましたが、その2ヶ月後である11月現在は倍となる200社にまで達したのです。

この参加企業数の増加の推移は脅威となるスピードであり、各企業のリップルに対する期待の表れだとも考えられます。

なお、リップルネットにはバンク・オブ・アメリカやバークレイズ、そして日本ではSBIホールディングスや三菱UFJフィナンシャル・グループなどといった大手金融機関が既に参加しており、今後益々そのネットワークの拡大が見込めそうです。

リップルネットの参加企業数は200社に達し、ここ2ヶ月で倍近くとなる参加社数となった。

 

送金プラットフォームを手掛けるSendFriend社が「xRapid」を導入


引用:SendFriend

ブロックチェーンを用いた国際送金プラットフォームを手掛ける「SendFriend」は、Ripple社の国際送金システムである「xRapid」を導入したと発表されました。

xRapidとは、XRPを使用して新興国市場における国際送金の送金コストを削減する事を目的としたソリューションシステムですが、同社は今回このxRapidを導入する事で、国際送金の需要が高いフィリピンでの送金の効率化を目指しています。

フィリピンでは国のGDPの内の10%が出稼ぎ労働によるものであり、海外から自国のフィリピンへ送られてくる小口送金の額はおよそ3兆円にも及ぶとされています。

今後、SendFriend社がフィリピンの国際送金市場をxRapidを基盤に取り囲むようになれば、更なるXRPの需要増加へと繋がっていくでしょう。

また、SendFriend社はアメリカの名門大学であるマサチューセッツ工科大学(MIT)や米マスターカード、デロイトなどからも支援を受けている、期待のスタートアップ企業です。


引用:SendFriend

国際送金プラットフォームを手掛けるSendFriend社は、Ripple社の国際送金システム「xRapid」を導入した。

 

大手仮想通貨取引所OKExが証拠金取引にXRPペアを追加

11月6日、大手仮想通貨取引所であるOKExは、同取引所の証拠金取引にXRP/BTC・LTC/BTCのペアを新しく追加しました。

証拠金取引では、一定の証拠金を取引所へ預ける事で、投資家は自身の元手を担保に取引所側からお金を借りて取引する事が出来ます。

2018年11月9日現在、OKExはBinanceに次ぐ世界第二位の取引所として位置している事から、今後同取引所でのXRPの証拠金取引に多くの需要が集まる事が予想されます。

OKExは同取引所の証拠金取引にXRP/BTC・LTC/BTCペアを新しく追加した。

 

リップル(XRP)が韓国とトルコの取引所に新規上場

韓国の取引所GDACにXRPが新規上場

韓国の仮想通貨取引所である「GDAC」は、11月8日に新たにXRPを上場させる事を発表しました。

同取引所では主要通貨をはじめ、ほとんどの取引ペアが法定通貨の韓国ウォン(KRW)建てで行われており、今回XRPも対KRWペアでの上場が予定されています。

なお、同じ韓国の取引所である「Bithumb」や「Upbit」などでもXRP/KRWペアが多く取引されている為、今後XRPに更なる韓国マネーの流入が期待出来そうです。

トルコの取引所CoinzoにXRPが新規上場

11月6日に開始されたばかりの仮想通貨取引所である「Coinzo」にて、XRPが新規上場されました。

同取引所はトルコに拠点を置きますが、トルコと言えば、「仮想通貨の普及率が世界一」の国として知られています。

トルコは仮想通貨普及率世界一の国|トルコリラ暴落による仮想通貨取引の急増トルコは仮想通貨普及率世界一の国へ アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国トルコは、欧米を中心とした仮想通貨の普及率調査で...

トルコの自国通貨であるトルコリラは、自国の政情不安や金融危機の影響を受け、なんと1年で50%以上の下落を魅せています。

このように、「自国通貨の信用不信」といった背景がトルコにはある為、今後トルコ国民は仮想通貨を自国通貨の下落リスク回避の為の「避難通貨」として保有する可能性が極めて高いと言えます。

今後トルコで仮想通貨を購入する動きが加速すれば、時価総額の高いXRPが買われる可能性も同時に高まるでしょう。

XRPは韓国の取引所「GDAC」、そしてトルコの取引所「Coinzo」での新規上場がアナウンスされ、Coinzoでは既に取引が開始された。

 

今週のリップル(XRP)のまとめ

今週も続々とリップルに関するトピックが続きましたが、リップルネットへ参加する企業は順調に増え続けています。

そしてこのリップルネットの参加企業拡大こそが、将来のXRPの莫大な流通の為のインフラになると筆者は考えています。

また、時価総額も現在2位のイーサリアムとほぼ同等となってきている事から、今後基軸通貨としてXRPを扱う取引所も増えてくる事でしょう。

毎週最新トピックが絶えないリップルですが、今後は今以上に企業のリップルネットへの参加や、xRapidの導入に関するトピックが増えるのではないかと予想しています。

リップルを購入するなら取引量国内No.1のbitbankがおすすめ


引用:bitbank

さて、この将来性の高いリップルを購入する場合ですが、XRP/JPYでの取引量が国内No.1(※2018年11月9日現在)のbitbankでの取引がおすすめです。

以下のように、bitbankはリップルの取引ボリュームは世界No.1となっており、尚且つ日本円での取引が可能です。


引用:coinmarketcap

海外取引所であれば、リップルを購入する場合ビットコインやイーサリアムとのペアが主流であり、日本円での購入は出来ません。
なので、一度国内取引所で購入したBTCを海外取引所に送金しなければならないのです。

また、国内でも販売所形式でリップルを取り扱う取引所がありますが、bitbankでは板で売買する取引所形式でリップルを購入出来ます。


引用:bitbank

  • 販売所・・・販売元(取引所)から直接売買する
  • 取引所・・・取引所の板を利用してユーザー同士で売買する

販売所でリップルを購入する場合、スプレッドが高くコストが膨らんでしまうので、流動性の高いbitbankでの取引が最適です。

なお、それに加えてbitbank現在キャンペーンが実施されているため、仮想通貨全ペアの取引手数料が無料です。(※随時キャンペーンが延長されていますが、詳細はbitbankにてご確認下さい。)

よって、リップルを、

  1. 日本円で購入したい
  2. 取引ボリュームの多い所で購入したい
  3. 取引手数料が無料の所で購入したい

と考えるようであれば、bitbankが最もおすすめです!

bitbank
ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。