dapps

【最新版】仮想通貨を稼げるdappsゲームのおすすめ人気ランキング!

本記事では、仮想通貨を稼げる「dappsゲーム」のおすすめ人気ランキングを紹介していきます。現在参加ユーザーが多いdappsゲームは何なのか、そしてそのゲームの特徴なども詳しく解説していくので、参考にしてみて下さい!

仮想通貨を稼ぐ事が可能なdappsゲーム(ブロックチェーンゲーム)とは?


dappsゲームとは、別名「ブロックチェーンゲーム」と呼ばれており、ブロックチェーン技術を用いた分散型アプリケーション(dapps)上で構築されるゲームです。

Dappsとは?仮想通貨を活用した分散型アプリケーションの未来分散型となったアプリケーション「Dapps」 ビットコインを始め、あらゆる組織や機能は「分散型」へとシフトしています。 イーサリ...

dappsゲームの一番の特徴は、ゲーム内で仮想通貨(トークン)が流通する点にあり、ゲームのプレイヤーはイーサリアム(ETH)などの仮想通貨を用いてゲーム内のキャラクターやアイテム等を売却し、お金を稼ぐ事が可能となります。

dappsゲームはお金を稼げる?稼ぐ方法やメリット・デメリットを紹介本記事では、仮想通貨を用いたdappsゲームでお金を稼ぐ為の方法や、そのメリット・デメリットなどを紹介していきます。 ブロックチェーン...

また、dappsゲームでは従来のゲームとは異なって中央管理者が不在となり、全ての取引履歴はブロックチェーンに記録されるようになります。

dappsゲーム(ブロックチェーンゲーム)のおすすめ人気ランキング


dappsゲームの数は日々増加していますが、以下よりおすすめのdappsゲームをランキング形式で紹介していきます。

人気のdappsゲームをランキング形式で確認可能な「DappRadar(ダップレーダー)」

dappsゲームの人気度やおすすめ度を測る為の指標としては、主に「ユーザー数」「取引ボリューム」「トランザクション数」などがあります。

dappsゲームに参加する「ユーザー数」が多い程人気であるという事は言うまでもありませんが、ゲームをプレイしていく上でゲーム内キャラクタやアイテムを売買する際の「取引量」「トランザクション数」なども重要な指標となり、そのゲームの熱狂度を測る事が出来ます。

そして、そのような重要な指標をランキング形式で確認出来るのが「DappRadar」と呼ばれるサイトです。


引用:DappRadar

DappRadarでは、イーサリアムやEOSを基盤としたdappsゲームや分散型取引所(DEX)、マーケットプレイスなどのあらゆるデータを確認出来ます。

なお、同サイトの「Games」を調べると、以下のようにdappsゲームの人気ランキングが表示されます。


引用:DappRadar

では、この上記のランキングに基づいて、今おすすめの「アツい」dappsゲームをランキング形式で紹介していきます。

1位 CryptoKitties(クリプトキティーズ)


引用:CryptoKitties

CryptoKitties(クリプトキティーズ)とは、イーサリアムをベースに作られたdappsゲームであり、ゲーム内で登場する猫を交配させる事で新たな猫を生み出してコレクションしたり、交換したりする事が可能です。

CryptoKittiesの公式サイトはこちら

CryptoKittiesでは交配によって収集した自身の猫を市場で売却する事が可能なのですが、その希少性が高ければ高い程高額で売却出来る特徴があります。

なお、上述した「DappRadar」を見ると、CryptoKittiesは上位のdappsゲームと比較しても「取引量」と「トランザクション数」が断トツで高くなっている事が分かります。


引用:DappRadar

また、CryptoKittiesでは2018年9月にゲーム内の猫が約2,000万円で売却されており、既に大きなお金がゲーム内で動いているのです。


引用:CryptoKittiesSales

CryptoKittiesは後発でもレア度の高い猫を生み出した場合はお金を稼げる場合がるので、ぜひ一度プレイしてみて下さい!

CryptoKittiesの公式サイトはこちら

2位 Etheremon(イーサエモン)


Etheremon(イーサエモン)とは、イーサリアムをベースとしたdappsゲームであり、ゲーム内のモンスターを育てて売買したり、モンスター同士を戦わせてレベルを上げたりする事が出来ます。

Etheremonの公式サイトはこちら

このEtheremonでは、ゲーム内で使用される独自通貨「EMONT」が利用され、それを用いる事でモンスターの卵やゲーム内で登場するお城を購入する事が出来ます。

また、EMONTはモンスター同士のバトルで勝利した際に、その報酬の対価として受け取りする事も可能なのです。

そしてEtheremonは2018年11月10日現在、dappsゲームの中でも高いユーザー数を誇っており、その人気は不動のままです。


引用:DappRadar

少し「ポケットモンスター」をモチーフにしている感じが漂うEtheremonですが、気になる方は是非プレイしてみて下さい。

Etheremonの公式サイトはこちら

3位 Blockchain Cuties(ブロックチェーンキューティーズ)


引用:Blockchaincuties

Blockchain Cuties(ブロックチェーンキューティーズ)とは、イーサリアムベースのdappsゲームであり、ゲーム内で登場するアニマルペットを集めたり売買する事が出来ます。

Blockchain Cutiesの公式サイトはこちら

Blockchain Cutiesは上述した「CryptoKitties」に少し似た部分もありますが、ゲーム内キャラクターが猫のみだったCryptoKittiesとは異なり、猫や犬、熊、キツネ、トカゲといった様々な動物が登場します。


引用:Blockchaincuties

また、Blockchain Cutiesはただキャラクターを育てて交換するだけではなく、キャラクターを冒険させたりキャラクター同士で対戦させる事も可能な為に、CryptoKittiesより更にゲームを遊べる幅が広くなっています。


引用:DappRadar

現在もBlockchain Cutiesはユーザー数やトランザクション数が増加してきており、注目のdappsゲームの一つだと言えます。

Blockchain Cutiesの公式サイトはこちら

日本発のdappsゲームでおすすめなのは「くりぷ豚」


dappsゲームは世界各地でグローバルに展開されていますが、日本発のdappsゲームとして今話題なのが「くりぷ豚」です。

くりぷ豚とは、「くりぷトン」と呼ばれる豚同士を交配させて新しい豚を生み出していくゲームであり、日本の株式会社グッドラックスリーによってリリースされました。


引用:くりぷ豚

なお、くりぷ豚ではただ豚を集めるだけではなく、豚を他のユーザーと売買する事が可能であり、今後は豚同士でレースが出来るようにもなる予定です。

https://twitter.com/CryptOink_JP/status/1045229560898379776?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1045229560898379776&ref_url=https%3A%2F%2Fdapps.gamewith.jp%2F%3Fp%3D82

日本発のdappsゲームという事で日本ユーザーからも大きく注目されているくりぷ豚ですが、気になる方は是非トライしてみて下さい!

くりぷ豚の公式サイトはこちら

dappsゲーム(ブロックチェーンゲーム)を始める為に必要なものは?


dappsゲームを始める為には、主に「イーサリアム(ETH)」と「イーサリアム用のウォレット」の2つを事前に用意しておく必要があります。

イーサリアム(ETH)

現在人気度の高いゲームのほとんどはイーサリアムのブロックチェーンが用いられている為、dappsゲーム内でアセットの交換や、それに伴うトランザクションを行う際はイーサリアム(ETH)が必要となります。

イーサリアムは日本の仮想通貨取引所で購入する事ができるので、事前に用意しておきましょう。

おすすめの仮想通貨取引所はこちら!

【最新版】2018年のおすすめの国内仮想通貨取引所をランキングで徹底比較!万全のセキュリティ体制が求められる国内の仮想通貨取引所 2018年に入り、国内では様々な大手企業が仮想通貨取引所事業に参入し活...

イーサリアムウォレット

そして事前に用意しておいたイーサリアムは、イーサリアム専用のウォレットに保管しておく必要があります。

dappsゲームの大半はイーサリアム用のウォレットと連携して起動する為、代表的なイーサリアムウォレットである「MetaMask(メタマスク)」などで、事前にアカウントを作成しておきましょう。

MetaMask(メタマスク)の使い方。今後、必須になり得るWEBウォレットイーサリアムトークンを保管できるメタマスクとは 引用:https://metamask.io/ メタマスク(MetaMask...

おすすめdappsゲームのまとめ

以上がdappsゲームについてでしたが、dappsゲームの市場はまだまだ未成熟であり、開発者にもプレイヤーにも試行錯誤しながら進められているのが現状でしょう。

だからこそ、早期の参入によって今後お金を稼げる可能性もあるのです。

特にCryptoKittiesなどは猫同士の交配によって生まれる猫の希少性が高ければ高い程高値で売却する事が可能なので、自身のイーサリアムを使って「猫」へ投資してみるのも良いかもしれません。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。