取引所・販売所

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の取り扱い通貨・手数料・評判などを徹底解説

本記事では、日本の仮想通貨取引所であるSBIバーチャルカレンシーズ(SBIV)の取り扱い通貨や手数料、評判から口座開設方法までを徹底的に解説していきます。

仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)とは?


引用:SBIバーチャルカレンシーズ

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)とは、日本のSBIバーチャルカレンシーズ株式会社によって運営されている仮想通貨取引所であり、同社は日本の大手金融機関である「SBIホールディングス」の傘下です。

同取引所は2018年7月に新規口座開設を開始したばかりの新設取引所であり、「SBI証券」や「SBIFXトレード」を持つSBIグループによって運営されている事から、その発展に大きな期待が持たれています。

SBIバーチャルカレンシーズの公式サイトはこちら

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の基本概要

SBIバーチャルカレンシーズの基本的概要は以下の通りです。

運営会社SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
会社所在地東京都港区六本木3-1-1六本木ティーキューブ
代表取締役社長北尾吉孝
資本金19億8,000万円(資本準備金を含む)
設立日2016年11月1日

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の取り扱い仮想通貨

SBIバーチャルカレンシーズの取り扱い仮想通貨は、2018年11月14日現在以下の3種類となっています。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. リップル(XRP)
  3. ビットコインキャッシュ(BCH)

現状は上記の3通貨のみとなっていますが、今後は新たに現在時価総額2位の「イーサリアム(ETH)」も取り扱いを開始される予定です。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の売買形式

SBIバーチャルカレンシーズでの取引方法は、2018年11月現在「販売所形式」での取引に限られています。

販売所取引とは、仮想通貨をユーザー同士で売買するのではなく、販売元である仮想通貨取引所から直接通貨を売買する取引形態です。


販売所形式は仮想通貨取引所側から直接通貨を購入する為、売買を即座に成立させる事が出来ますが、買値と売値の差額となるスプレッドが高い点がデメリットだと言えるでしょう。

ですが、今後は取引板を用いてユーザー間での売買が可能となる「取引所形式」での売買も開始される予定となっています。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の手数料

SBIバーチャルカレンシーズの手数料は以下の通りです。

入金手数料

入金手数料は全て無料です。
なお、SBIバーチャルカレンシーズでは2018年11月14日現在、仮想通貨の入金・出金が出来ないので、注意しておきましょう。(※但し、2018年12月より仮想通貨の入出金が開始される予定です。)

出金手数料

出金手数料は以下の通り、SBIグループ傘下である「住信SBIネット銀行」であれば金額に関わらず一律で51円(税込)です。

また、住信SBIネット銀行以外の金融機関であれば3万円未満だと165円(税込)、3万円以上だと258円(税込)掛かってきます。

なので、SBIバーチャルカレンシーズで取引する場合は住信SBI銀行の口座を開設するとお得でしょう。

仮想通貨の入金は住信SBIネット銀行がおすすめな理由とそのメリットとはSBIグループ運営の「住信SBIネット銀行」とは? 仮想通貨を取引所で購入するにあたって、その取引所と連携する為の銀行口座でお...

仮想通貨の取引手数料

同取引所では取引手数料が全て無料となっています。
しかし、各通貨の取引レートには買値と売値の差(スプレッド)がある為、この実施的コストとなる「スプレッド手数料」を注視しておく必要があります。

なお、SBIバーチャルカレンシーズでは、このスプレッドが業界最狭水準となっている事で評判です。


引用:SBIホールディングス決算説明会資料

また、2018年11月14日現在のリップル(XRP)のスプレッドを確認してみると、以下の通り、売値が56.7円・買値が58.4円となっており、そのスプレッドはおよそ3%である事が分かります。

このスプレッド手数料は通貨の価格によって日々変動しているので、取引の際は注意しながら見ておいて下さい。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)のセキュリティ

SBIバーチャルカレンシーズは以下の通り、かなり厳格なセキュリティ体制を築いており、様々な犯罪対策がなされています。

  • サイバー攻撃への対策
  • 内部犯行への対策
  • コールドウォレットで仮想通貨を保管
  • マルチシグネチャで秘密鍵を管理
  • 総当たりによる不正ログインの防御
  • 仮想通貨資産の分別管理

同取引所では、即時の資金移動が必要な仮想通貨以外はインターネット環境に接続されていない「コールドウォレット」にて保管されており、顧客資産と会社の資産とは分別管理されています。

なお、SBIグループの北尾吉孝社長は、2018年1月に起こったコインチェックの盗難事件以降、同取引所のセキュリティーを「更に厳格に強化していく」といった事を同グループの決算説明会にて発表しており、今後も更にセキュリティーが厳格化される予定です。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の評判や口コミ

SBIバーチャルカレンシーズの評判や口コミを見ていきましょう。

https://twitter.com/princess_misa5/status/1028264822427676672

「使いやすい」「出金手数料が安い」という声が多いSBIバーチャルカレンシーズですが、一方で仮想通貨の送金が出来ない旨を主張するユーザーもいました。

しかし、2018年9月に開催されたFINSUM2018にて、北尾社長より「仮想通貨での入出金を開始する」と発表されています。

詳細は、同取引所からの正式な発表を待つしかないでしょう。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の口座開設手順

SBIバーチャルカレンシーズの口座開設手順ですが、まずはトップページから以下の赤枠にある「口座開設」をクリックします。

次に以下の画面にてメールアドレスを入力し、確認事項を見てチェックを入れて「アカウント作成」をクリックしましょう。

すると登録したアドレス宛にメールが届くので、「お客様専用URL」をクリックして次へ進んで下さい。

そして次の画面では自身でパスワードを設定します。

パスワードの設定が完了するとログインが可能となるので、ログインした後は以下の画面にて本人情報の登録を行います。

最初に確認事項が5つ表示されているので、まずそれらのチェックを入れて下さい。

次にお客様情報を入力します。以下のフォーマットに沿って必要事項を記入して行って下さい。

その後は本人確認書類のアップロードが求められるので、指定された本人確認書類を「Webアップロード」もしくは「郵送」にて提出しましょう。

次に「職業情報」「財務情報・投資経験」「ご本人様確認」の欄をフォーマットに沿ってそれぞれ記入して下さい。

最後に確認事項を全てチェックし、「登録情報を確認する」をクリックします。

これで登録が完了し、その後は簡易書類が郵送にて届くので、忘れず受け取りしましょう。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の使い方


では、SBIバーチャルカレンシーズの基本的な使い方を見ていきましょう。

二段階認証の設定について

アプリによる二段階認証の設定方法ですが、ログイン後①「口座管理」をクリックし、②「お客様情報」を選択、そしてその後に③「二要素認証」の欄の「変更」をクリックして下さい。

次に以下のような認証画面が表示されるので、二段階認証アプリの「GoogleAuthenticator」からQRコードを読み込みし、6桁の数字を以下の空欄に入力して下さい。

最後に「変更する」をクリックば二段階認証の設定完了です。

日本円を入金する

2018年11月現在、SBIバーチャルカレンシーズでは仮想通貨の入金に対応しておらず、日本円のみしか入金する事が出来ません。(※但し、2018年12月より仮想通貨の入出金が開始される予定)

日本円の入金に関してですが、ログイン後「入出金」をクリックして「クイック入金」を選択し、入金金額を設定して「次へ」をクリックして下さい。(※クイック入金には住信SBIネット銀行の口座が必要となります。)

その後は住信SBIネット銀行のサイトにて入金手続きを完了させましょう。

日本円を出金する

次に出金ですが、2018年11月現在、出金も入金時と同様に仮想通貨の出金には対応しておらず、日本円のみしか出金出来ません。(※但し、2018年12月より仮想通貨の入出金が開始される予定)

日本円の出金方法ですが、ログイン後「入出金」をクリックして「出金」を選択し、「銀行口座を登録する」をクリックして下さい。

その後は出金する銀行口座の登録が求められるので、以下のフォーマットから必要事項を記載し、登録を進めて下さい。

その後は登録した銀行口座宛に出金額を入力し、出金を完了させて下さい。

仮想通貨の売買方法

最後に仮想通貨の売買方法ですが、ログイン後「取引」をクリックし、以下の画面の赤枠から売買したい銘柄を選択します。

そして次に注文数を指定しますが、「日本円の金額」もしくは「仮想通貨の数量」のいずれかを選択して指定して下さい。

その後は注文価格の設定ですが、「成行」は価格を指定せずに注文を出す方法であり、「価格指定」は自身で売買したい価格を設定して注文を出す方法です。

「注文数」と「注文価格」を設定した後は「コインを売る」または「コインを買う」を選択し、売買を完了させましょう。

なお、各銘柄のチャートは、以下赤枠の「チャート」をクリックすれば表示されます。

セキュリティ性の高いSBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)で取引しよう!

SBIバーチャルカレンシーズは今後「仮想通貨の入出金」ならびに、板を使った「取引所形式」での売買も行われる予定であり、多くのユーザーから期待が集まっている取引所です。

なお、SBIグループは「銀行・証券・FX」と、各分野で既にノウハウを蓄積しており、信用も実績も十分です。

昨今、世界中で多くの取引所がハッキングによる盗難被害を受けている事から、セキュリテイ性を厳格に強化している、SBIバーチャルカレンシーズの口座は一つ持っておいて良いかもしれません。

SBIバーチャルカレンシーズの公式サイトはこちら

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。