ニュース・速報

Factomが高騰!そして1日で500%以上高騰した通貨とは?今週のアルトコイン(11/13〜19)

今週の仮想通貨市場は1,800億ドル台へと大幅下落

先週は一時2,200億ドル台まで大きく上昇を魅せた仮想通貨市場ですが、今週(11/13〜16)の仮想通貨市場は市場全体的に大幅な下落となり、現在はおよそ1,830億ドル台で推移しています。


引用:coinmarketcap

特に今週はビットコインキャッシュのハードフォークに伴う分裂騒動もあり、市場が大きく乱高下を魅せました。

なお、その中でも特にリップルが強い粘り強さを魅せており、今週遂にイーサリアムを追い抜き時価総額2位をキープし続けています。

XRPが時価総額2位に!CIMBがRippleNet加入|今週のリップル(11/10〜16)今週(11/10〜11/16)も続々と最新のトピックが追加されたリップル(XRP)ですが、以下よりその価格変動や最新トピック等を紹介して...

また、2018年も残り1ヶ月と2週間程度となりましたが、気が付けば仮想通貨市場の規模は一向に拡大する事なく、以前縮小を続けている進捗です。


引用:coinmarketcap

ちょうど今週はビットコインが暴落して今年一の最安値を記録した事もあり、相場の悲観ムードは漂うままです。

しかし、今週も相場に関係無く大きく価格を上げる通貨が登場しました。

【時価総額2位〜100位】今週のアルトコイン上昇率ランキング

今週1週間(11/13〜19)は全体的に大きな下落が目立っており、主要通貨であるイーサリアム(ETH)は-22%の下落、そしてビットコインキャッシュ(BCH)は-27%の下落となりました。


引用:Coin360

しかしそのような市場の中でも、大きく上昇を魅せたアルトコインがあります。
今週上昇を魅せた時価総額2位〜100位のアルトコインの内、上位3通貨は以下です。(※数値はいずれも11/13〜19 午後15時30分頃までの計測)

今週の上昇アルトコイン
  1. Nasdacoin(NSD) +255%
  2. Factom(FCT) +93%
  3. ODEM(ODE) +6%

1位 Nasdacoin(NSD) 【88位】


引用:Nasdacoin

現在時価総額88位のNasdacoin(NSD)は、今週+255%の高騰を魅せました。


引用:coinmarketcap

Nasdacoinとは、あらゆる製品をオンライン上で売買する事を可能とするマーケットプレイスであり、同マーケットプレイス内で使用されるのが独自通貨である「NSDトークン」です。

Nasdacoinの最大の特徴は「P2Pプラットフォーム」にあり、ブロックチェーンを用いて仲介者無しの取引が出来る他、スマートフォンと仮想通貨を用いる事で気軽にオンラインで買い物をする事が可能となるのです。

なお、このNasdacoinは価格が急騰する直前の11月14日、Twitterにて仮想通貨取引所「CREX24」「BTC-Alpha」「Mercatox」の3箇所で取引可能となった旨を発表していました。

その後14日以降、Nasdacoinは大きな上昇を魅せて取引ボリュームが急増したのですが、14日から15日の1日はなんと500%を超える高騰となりました。


引用:coinmarketcap

しかし、現状Nasdacoinの全体の取引量は一日で4,000万円程度である為に、(※BTCの場合は同日に約5,000億円)急な暴落も考えられるでしょう。

なお、今回Nasdacoinは相場が全体的に大きく下落した14日に高騰している為、その高騰理由は謎に満ちています。

また、Nasdacoinの公式Twitterのフォロワー数は現在300人程度である為に、今回のTwitterによるアナウンスもそこまで影響力があったとは考え難いです。

Nasdacoinは10月30日に上述したマーケットプレイスの根幹となる「Nasdacoin Multilateral Platform」が立ち上げられていますが、今後の急激な下落に注意しておいた方が良いでしょう。

2位 Factom(FCT) 【70位】


現在時価総額70位のFactom(FCT)は、今週+93%の高騰を魅せました。


引用:coinmarketcap

Factomとは、あらゆる電子データをブロックチェーンに格納し、改ざん不可能で安全にデータを管理出来るプラットフォームです。

そしてこのFactomは11月14日、ナスダックに上場する企業の子会社である「Equator」との提携を発表しました。

Equatorは主に不動産取引に関連したサービスを手掛ける会社ですが、今回の提携によって、同社はFactomのプラットフォームを用いて様々なデータをブロックチェーンで管理出来るようになります。

また、その後の11月17日には、FactomのブロックチェーンリーダーであるNielsKlomp氏より、FactomとMicrosoftの提携についても発表されました。

上記のTwitterによると、Microsoftとの提携の詳細は11月29日に開催される「Azure Blockchain Meetup」にて発表される予定であり、その内容によっては今後更に価格が上昇する可能性もあると考えられます。

なお、Factomは現在大手仮想通貨取引所である「Poloniex」や「Bittrex」などで多く取り扱いされており、その取引ボリュームは大きく増加しています。


引用:coinmarketcap

 

今週のアルトコインまとめ

今週は全体的に下落相場となってしまいましたが、一方で下位のアルトコインの飛び抜けた高騰も目立つ週でした。

特にFactomに関しては、上述した通り29日にMicrosoftとの提携の詳細に関する発表が控えられている為、今月要注目となる通貨の1つでしょう。

全体的な相場の市況も見つつ、アルトコインのファンダメンタルを追いかけてみるのも良いかもしれません。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。