ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコインと連動する仮想通貨WBTC(Wrapped Bitcoin)とは?

本記事では、ビットコインと価値が連動したイーサリアムベースのERC20トークンである、「WBTC(WrappedBitcoin)」の仕組みや特徴、将来性などを解説していきます。

仮想通貨WBTC(WrappedBitcoin)とは?


引用:WBTC

仮想通貨WBTC(WrappedBitcoin)とは、ビットコインの価格に裏付けられたイーサリアム上で発行されるERC20トークンです。

イーサリアムのERC20とは?その発行トークンやウォレットについて解説イーサリアムで独自トークンを発行できる「ERC20」 仮想通貨の種類は現在1,000を軽く超えており、代表的なビットコインやイ...

このWBTCは、BitGoKyberNetworkRepublicProtocolによって共同で開発されており、2019年1月以降に開始予定となっています。

既に多くのプロジェクトがWBTCの採用サポートを予定していますが、そんなWBTCの特徴を以下より見ていきます。

仮想通貨WBTC(WrappedBitcoin)の特徴


引用:WBTC

WBTC(WrappedBitcoin)はビットコインに連動したERCトークン

WBTCは「1WBTC=1BTC(1:1)」として発行される為、イーサリアムのブロックチェーン上で、ビットコインに裏付けのあるトークンをやり取りする事が可能となります。

現在、仮想通貨市場には米ドルと価値が固定された「ステーブルコイン」が多く普及されており、代表的なものには「Tether(USDT)」「TrueUSD(TUSD)」「USD Coin(USDC)」などがあります。

米ドルと連動したステーブルコインはドルと1:1でレートが固定されていますが、それと同じように、WBTCはビットコインと価値を固定させた通貨なのです。

WBTC(WrappedBitcoin)はスマートコントラクトの実装が可能


このWBTCを用いる事で、ビットコイン上でイーサリアムのスマートコントラクトを活用する事が可能となります。

スマートコントラクトとは。仲介者を不在にする未来の契約の形仲介者が不在となるスマートコントラクト ブロックチェーン技術は、分散化された仮想通貨を誕生させた後に次々とそれが応用され、取引所、...

本来のビットコインの機能は、取引記録をブロックチェーン上に記録するのみであり、イーサリアムのようなスマートコントラクトによる契約内容の記述は不可能とされていました。

しかし上述した通り、WBTCはビットコインと価値を連動させたERC20トークンである為に、当然イーサリアム上で機能するスマートコントラクトを実装する事が可能です。

これによって、ビットコインの価値を保ったままでイーサリアム上の機能を利用する事が出来るのです。

WBTC(WrappedBitcoin)はビットコインよりもトランザクションが速くなる

WBTCはイーサリアム上のERC20トークンである為、新規ブロックの生成時間は15秒となります。

本来のビットコインでは、一つの新規ブロックが生成されるのにおよそ10分の時間を要していましたが、WBTCのトランザクションの承認はイーサリアムのブロックチェーンにて行われる為、WBTCは本来のビットコインよりも速いトランザクションを実現させられる事となります。(※但し、BTC、ETHの各トランザクション状況によって異なる場合もある。)

WBTC(WrappedBitcoin)は裏付けとなるビットコインの証拠がある


WBTCを共同開発する仮想通貨のウォレット開発企業「BitGO」の公式ブログを見ると、「WBTCの裏付けとなる全てのビットコインは、そのアドレスと残高がダッシュボードに表示され、ユーザーはいつでもそれを確認する事が出来る」と記されています。

WBTCは「Proof-of-Reserve」と呼ばれる方法を用いており、準備金となるビットコインが全てカストディアン(投資家に代わって資産を保管する機関)によって保管される仕組みを取っているのです。


引用:WBTC

これによって、Tetherで問題となっていた「裏付けとなる米ドルが本当に用意されているのか」といったような準備金に関する懸念点が排除されます。

WBTC(WrappedBitcoin)をサポートするプロジェクト


引用:WBTC

2018年11月現在、このWBTCの採用をサポートするプロジェクトは既に16チームとなっており、分散型取引所を構築する「KyberNetwork」や、分散型予測市場を展開する「Gnosis」などといったプロジェクトが名を連ねています。

https://twitter.com/kybernetwork_JP/status/1061926899968991233

なお、上述したように、WBTCの正式なローンチは2019年1月とされており、その詳細はGithubやGitter上で公開される予定となっています。

WBTC(WrappedBitcoin)の将来性


以上がWBTCについてでしたが、同トークンが今後拡大する事となればビットコインの利用用途拡大に繋がる為、ビットコインにとってもプラスに働く可能性があります。

また、WBTCの技術を応用すれば今後はビットコインのみならず、「証券」や「コモディティ」「不動産」などといったアセットをイーサリアム上でトークン化させる事が技術的に可能となります。

今後、WBTCを活用して、イーサリアムのブロックチェーンが仮想通貨という垣根を超え、どこまで応用されるのかにも注目したい所です。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。