ビットコインSV(BitcoinSV/BSV)

BitcoinSV(BSV)とは?BCHからハードフォークした仮想通貨の価格推移や将来性を解説

本記事では、ビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークして誕生した仮想通貨「BitcoinSV(BSV)」の特徴や価格推移、将来性などを解説していきます。

仮想通貨BItcoinSV(BSV)とは?


引用:BitcoinSV

BitcoinSV(BSV)とは、2018年11月16日にビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークして誕生した仮想通貨です。

このBitcoinSVは、「自称サトシ・ナカモト」と称するクレイグ・ライト氏が率いるnChain社よりサポートされており、厳密には「Bitcoin Satoshi Vision(ビットコイン・サトシビジョン)」と読みます。

では、このBitcoinSVは現在あるビットコインやビットコインキャッシュと何が違うのでしょうか?

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークによってBCHABCとBSVが誕生


ビットコインキャッシュは、当時更なる機能改善を目的としたアップデートを2018年11月15日に予定していましたが、その「アップデート内容」を巡り、ビットコインキャッシュの主要なソフトウェアである「BitcoinABC」と、nChain社の提案するソフトウェアである「BitcoinSV」の両開発チームとが対立する事となりました。

そのアップデート内容に関しては、Bitcoin.comのCEOであるロジャー・バー氏や、BitmainのCEOであるジハン・ウー氏が率いる「BitcoinABC」では主に技術的なアップデートを、そしてクレイグ・ライト氏が率いる「BitcoinSV」ではブロックサイズを32MBからその4倍となる128MBへと拡大させるアップデートを提案していました。

そこで、両開発チームのどちらのアップデート案を採用するかを決定させる為に「ハッシュ・ウォー(ハッシュ戦争)」と呼ばれる方法が用いられ、両開発チームの激戦の末、BitcoinABCの「BCHABC」とBitcoinSVの「BSV」とが分裂し、互いに独立した仮想通貨として共存する事となったのです。

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークで通貨分裂|その後の影響や価格、取引所の対応は?本記事では、ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークに関する背景やその影響、取引所の対応から価格推移までを詳しく解説していきます...

仮想通貨BitcoinSV(BSV)はサトシ・ナカモトのビジョンを追求する為に誕生


このBitcoinSVは、2008年に「Bitcoin:Peer-to-Peer Electronic Cash System」と呼ばれる論文を発表し、ビットコインを生み出したとされている「サトシ・ナカモト」の理念を追求し、「サトシ・ナカモトのビジョンを達成する」という使命のもとで誕生しました。

サトシナカモト(中本哲史)とは?ビットコイン論文を生み出した人物の正体論文によってビットコインを生んだ「サトシナカモト」とは? 「サトシナカモト」(以下サトシ)とはビットコインの考案者の事でありビット...

そして、BitcoinSVを率いるクレイ・グライト氏はその理念を達成させるべく、ありとあらゆる手法を使ってBitcoinABCに対抗してきたのですが、11月3日にはBitcoinABC派のロジャー・バー氏に「くたばれ」といった内容のメールで脅迫しました。

他にも、「BitcoinSVを支持しなければBitcoinを1,000ドルまで下げるぞ」などといった脅迫を公表し、これによって当時仮想通貨市場は全体的に大混乱となりました。

このように、「こんなやり方で本当にサトシのビジョンを達成出来るのか?」と少し不安に感じてしまうほど、BitcoinSVを率いるクレイグ氏の発言や行動は大胆だったのです。

BitcoinSV(BSV)はBitcoinABCとのハッシュウォーを終了


BitcoinABCとBitcoinSVの両者間では「どちらが本物のビットコインキャッシュか」を争う為にハッシュウォーが繰り広げられていました。

ハッシュウォーとは?

ハッシュ・ウォー(ハッシュ戦争)とは、ビットコインキャッシュのアップグレード案として、対立した両チームの間でハッシュレートを最も多く集め、支持を得たチェーンの方を採用するというものであり、ハッシュパワーを集約する事でよりブロックを長く記録した方をメインチェーンとして認識する事とされていた。

しかし、11月23日にBitcoinSVを支持するCoingeek社の公式サイトにて、”Original Bitcoin will live on as Bitcoin SV(本物のビットコインはビットコインSVである)”といったタイトルの記事が公開されました。


引用:Coingeek

同記事では、BitcoinSVは既にビットコインキャッシュに関する争いへの執着は無く、「オリジナルビットコイン」として独自のネットワークを構築していくといった旨が主張されていました。

そしてその後の26日、Coingeek社は公式サイトにてプレスリリースを公表し、そこで「ビットコインキャッシュのハッシュウォーは終了した」といった旨の内容が正式に記載されました。

これによってBitcoinSVへの今後の期待が高まり、大手取引所であるBinanceでは23日〜26日にかけておよそ3倍の高騰となりました。


引用:Binance

仮想通貨BitcoinSV(BSV)がコインマーケットキャップに掲載


BitcoinSVの誕生後、同通貨は2018年11月27日に仮想通貨の大型情報サイトである「CoinMarketCap」に新たに掲載されました。


引用:coinmarketcap

同サイトに掲載された当時は時価総額7位にランクインしていましたが、激しい価格変動もあって2018年11月28日現在は9位に位置しており、その時価総額はおよそ1,700億円となっています。

このように、BitcoinSVは既存の上位通貨の時価総額を一気に追い抜き、一夜にして数千億単位の価値のある通貨となったのです。

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)の使い方を解説CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)とは? CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)とは、各仮...

BitcoinSV(BSV)はリプレイプロテクションの導入を発表


上述したCoingeek社は、ハッシュウォーによる争いの終了を宣言したと同時に、「リプレイプロテクション」の必要性についてもプレスリリースにて発表しており、「BitcoinSVはユーザーや企業に対する信頼を回復させる為、リプレイプロテクションを行います」といった内容が記載されていました。

リプレイプロテクションとは?

リプレイプロテクションとは、ハードフォークによって分岐した仮想通貨にて、悪意ある攻撃者が相互の取引データをコピーして不正な送金を行う「リプレイアタック」を防ぐ技術のこと。

なお、リプレイプロテクションを実装する為には、今後ビットコインエコシステムと連携して作業する必要がある為、具体的なタイムラインに関しては準備が整い次第発表される予定です。

仮想通貨BitcoinSV(BSV)のチャートや価格推移

BitcoinSVのチャートですが、2018年11月28日現在は1BSV=94ドル辺りで推移しています。(※以下のチャートはBinanceですが、同取引所では通貨単位をBCHSVと表記)


引用:Binance

BitcoinSVは現在に到るまでに非常に高いボラティリティ(価格変動)を魅せていますが、上述した通り、23日以降はBitcoinABCとのハッシュウォーの終戦についてが発表されそれ以降大きく右肩上がりとなるチャートを描いています。


引用:Binance

なお、BitcoinSVとBitcoinABC(BCHABC)の両チャートを比較すると、ハードフォーク後から現在に至るまで、その価格成長率はBitcoinSVに軍配が上がっている事が見て取れます。


引用:TradingView

今後も両通貨共に激しい価格変動が予想されますが、BitcoinSVの開発進捗によっては、その価格が本家ビットコインキャッシュを超えてくる事も可能性としてあるかもしれません。

仮想通貨BitcoinSV(BSV)を購入出来る取引所

BitcoinSVを購入出来るのは主に海外の仮想通貨取引所であり、日本国内の取引所では取り扱いがありません。

BitcoinSVが購入出来る取引所は主に以下の通りです。(※2018年11月現在)

  • Binance
  • Poloniex
  • Bittrex
  • OKEx
  • Gate.io
  • Coinsuper
  • CoinEx
  • Kraken
  • FCoin
  • Bibox

なお、2018年11月28日現在のBitcoinSVの取引シェアは以下の通りです。


引用:coinmarketcap

現在最も多い取引ボリュームを占めているのは、韓国の大手取引所である「Upbit」の対KRWペアであり、次にBinanceが大きな取引ボリュームとなっている事が分かります。

また、BitcoinSVのティッカーシンボル(通貨単位)は各取引所によって「BSV」「BCHSV」といったように異なっているので、注意しておきましょう。

仮想通貨BitcoinSV(BSV)のウォレット

BitcoinSVを保管するウォレットについてですが、BitcoinSVの公式サイトにて同通貨をサポートするウォレットが発表されています。(※2018年11月28日現在)


引用:BitcoinSV

CashPay Wallet

CashPay Walletは、ウォレット内にあるビットコインキャッシュを買い物の支払いで利用出来る事が特徴であり、仮想通貨取引所Coinbaseとアカウントを接続させる事も可能。

Centbee

Centbeeはビットコインキャッシュ用のウォレットであり、2018年11月現在はベータ版がリリースされている。

Guarda

Guardaはビットコインやリップル、イーサリアムなどといった主要通貨を管理できるウォレット。

HandCash

Handcashは専用の読み取りリーダーに端末を近づけるだけで仮想通貨の送金が出来る事が特徴のウォレット。

仮想通貨BitcoinSV(BSV)の将来性


以上がBitcoinSVについてでしたが、今後BitcoinSVが「本物のBitcoin」として認められるようになれば、更にその価格を上げていくかもしれません。

BitcoinSVの市場規模は2018年11月28日現在、約1,700億円で推移していますが、この規模は現在のビットコインキャッシュのおよそ2分の1、そしてビットコインのおよそ4〜5分の1程度です。

よって、BitcoinSVは今後の進捗次第で大きく成長する可能性があるのではないかと予想しています。

なお、BitcoinSVのビジョンには、「1.安定性」「2.スケーラビリティ」「3.セキュリティ」「4.0承認トランザクション」が掲げられており、今後真のグローバルな決済プラットフォームを構築していくと、強く主張されています。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。