ビットコイン

ビットコイン決済の仕組みと方法。決済可能な店舗と税金がかかる理由を解説

バブル崩壊とビットコイン決済の関係性

2018年が幕を開けると同時に、ビットコインが乱高下したため「バブル崩壊か?」と厳しい論調が一部の専門家や投資家たちの間で広まりました。

引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/bitcoin/#charts

しかし、上記のチャートからも分かる通り、20182月に入ってからというもの、見事にV字回復の兆候を見せ始めています。

このチャートの動向を静かに見守っているのは、ビットコイン投資家だけではありません。日本国内のビットコイン決済を導入している企業や店舗も静かに見守り続けてきました。

なぜなら、ビットコインの価値が下がり続ければ、ビットコイン決済を導入する意味を失ってしまうからです。

ここで、ビットコイン決済とはどのようなものなのか疑問に感じた人もいることでしょう。本記事ではビットコインの決済とは何なのか、決済方法や決済が課税される理由などについて解説していきます。

商品やサービスの購入が可能なビットコイン決済とは?

ビットコイン決済とは、商品の購入や有料のサービスを受ける際に、保有しているビットコインで支払いができるサービスを言います。

通常であれば、現金で商品やサービスを購入するか、クレジットカード決済や銀行振込などで銀行口座からの引き落としによる支払方法が一般的です。

しかし、ビットコイン決済を導入している企業や店舗であれば、現金で支払う代わりに保有するビットコインでの支払いが可能です。例えば、1BTC(ビットコイン)が10万円だとして、15万円のノートパソコンを購入した場合、15万円相当の1.5BTCで決済することができるという訳です。

ビットコインは常に価格が変動しているため、決済を行うタイミングによっては通常15万円のノートパソコンでも、少ないBTCで購入することも可能となるのです。

ビットコインによる3つの決済方法

ビットコインの決済方法は、商品やサービスを購入する企業や店舗によって異なる場合があります。ここでは、3つの決済方法についてご紹介していきます。

1. スマホアプリでビットコイン決済を行う

まずはスマホアプリでビットコイン決済を行う方法です。国内大手の取引所「ビットフライヤー」では、スマホアプリによるビットコイン決済が可能です。

決済方法は、次の通りです。

  1. 専用のスマホアプリをダウンロードする
  2. アプリを起動し、「QRコードのマーク」を選択する
  3. 自動的にカメラが起動になり、店舗が提示するQRコードをカメラで読み取る
  4. QRコードを正常に読み取ると商品やサービス名や送金金額などの確認画面が表示される
  5. 送金内容を確認し、問題がなければ「送金する」を選択して送金完了となる

このように、専用のスマホアプリをダウンロードすれば、QRコードを読み取るだけで簡単に決済が可能です。

取引所によって専用のスマホアプリが指定されており、ダウンロードや登録は面倒に感じますが、1度設定しておけば決済が楽なのでおすすめです。

2. ツイッターアカウントでビットコイン決済を行う

国内の取引所の1つ「ザイフ」では、ツイッターアカウントでビットコイン決済を行うことが可能です。

ただ、ツイッターアカウントを持つ個人へのビットコイン送金限定となるため、ネットオークションや友人間でのビットコインの送金などに限定される方法です。

決済方法は、次の通りです。

  1. ザイフに登録していない場合は、登録手続きを行ってから、ツイッター認証設定を行う
  2. 「ツイッターのお友達にチップを送信する」を選択する初回のみツイッター連携の設定が必要です。
  3. 「チップ配信」を選択する
  4. ビットコインを送金する相手のツイッターアカウントを入力する
  5. 送金するBTCを入力し、送金内容を確認してから「送信」を選択

ビットコインを受け取る側はザイフにログインし、プロフィールページの「受け取り」を選択すると、ザイフのアカウントに反映されます。

3. デビットカードでビットコイン決済を行う

デビットカードを持っている人は、クレジットカードでの支払いができる企業や店舗であれば、ビットコインでの決済が可能です。

デビットカードは後払いのクレジットカードと異なり、商品やサービスの購入と同時に銀行口座から支払われるシステムのカードです。

国内外で発行されるデビットカードの中には、ビットコインでの決済が可能なものがあります。例えば、下記のカードなどはビットコイン決済が可能です。

・バンドルカード(全国のVISA加盟店で利用できる)
・マネパカード(全国のMasterCard加盟店で利用できる)

上記で挙げた以外にも、ワイレックスやザポのデビットカードもあります。

ただ、20171015日以降よりEU圏内以外での利用が中止となったため、現在日本ではカード発行ができない状況となっています。デビットカードや他のデビットカードでも、ビットコイン決済が使用できなくなる可能性があることを理解しておきましょう。

ビットコイン決済が可能なお店

ビットコイン決済が可能なお店は、意外にも全国で広まりつつあります。実際には、どんな店舗で利用できるのか、一部をご紹介します。

  • ビックカメラ(国内初のビットコイン決済を導入した国内大手の家電量販店)
  • DMM.com(国内大手のネット事業を手がけ、ゲームや電子書籍など様々なサービスが利用できる)
  • ビットフライヤー(国内大手のビットコイン取引所)
  • メガネスーパー(国内大手のメガネ専門店)
  • ソフマップ(国内大手の家電量販店)
  • 神戸六甲アイランド ホテルプラザ神戸(大規模ホテルでの導入は国内初)
  • 沖縄 スピードレンタカー(オープンカー専門のレンタカー)
  • 豪華カプセル「安心お宿」 新宿店(高級感のあるカプセルホテル)

上記の中でも、ビットフライヤーではAmazonの商品券に換金できるため、Amazonでの買い物の機会が多い人にはおすすめです。

ビットコイン決済は時間がかかる可能性も

ビットコイン決済は通常であれば、最短で10分ほどで決済が完了するシステムになっています。

しかし、ビットコインの取引量が一時的に集中すると、取引データの承認に時間がかかるため、決済完了まで数時間~数日かかってしまうのです。

これはビットコインのシステム上の問題が原因となっており、ビットコイン送金の承認作業は手数料の高いものが優先され、安いものは後回しにされる仕組みになっているため、このようなことが起こり得るのです。

そのため、早く決済を行いたい場合には、送金手数料を高めに設定しておくことをおすすめします。

ビットコイン決済には税金がかかる

「ビットコイン決済すれば節税になる」といった情報がネットで噂されていますが、これは全くのデマです。ビットコイン決済で商品やサービスを購入する場合でも、課税されるので注意が必要です。

なぜ、決済するだけで課税対象となるのか疑問に思われる人も多いことでしょう。そこで、ビットコイン決済に税金がかかる理由を解説していきます。

まずは、国税庁が定める下記の法令をご覧ください。

『ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

[平成2941日現在法令等]

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。』

引用:https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1524.html

上記の内容をまとめると、商品やサービスを購入した際の支払いにビットコインを利用する場合、決済時に生じた利益分に税金がかかるということです。

少し分かりにくいかもしれませんので、次の例をご覧ください。

例えば、20万円で1BTCを購入し、その後1BTCの価値が100万円にまで上がったとします。その際に、20万円のテレビを購入しビットコイン決済をした場合、0.2BTCで支払うことになります。20万円のテレビを20万円で購入した1BTCで支払うのなら、利益は発生しないため税金も発生しません。

しかし、実際には20万円で購入した1BTC5倍の100万円に価値が上がってから、20万円のテレビを購入しています。実質上、4万円(20万円×0.2BTC4万円)で20万円のテレビを購入したことが分かります。

つまり、20万円-4万円で16万円がビットコインの含み益になるため、16万円分が課税対象とみなされます。

ビットコイン決済は手軽で便利な決済方法ですが、こうした含み益がいくらになるのかも含めて、どのくらい課税されるのかを確認しておくことをおすすめします。

コインチェック事件の余波が広がるビットコイン

冒頭で述べたように、2018年1月のコインチェック事件によってビットコインが乱高下する事態に陥り、「バブル崩壊」という言葉が仮想通貨業界へ広がりました。

日本国内外でも、すでにビットコイン決済を導入し始めた矢先のことで、コインチェックを通してビットコイン決済を導入した店舗では利用中止となっています。

また、一部のデビットカードでは、ビットコインに比べて送金詰まりが起きにくい、ビットコインキャッシュでの決済に対応する動きが見えており、ビットコインがV字回復し始めた現状とは裏腹に、皮肉にも分裂したビットコインキャッシュへの乗り換えが加速しつつあります。

今後、ビットコイン決済はどのような広がりを見せていくのか。これからの動向はますます目が離せなくなることでしょう。