アルトコイン

リップルコインのおすすめ取引所3選、手数料や特徴を徹底比較

特別な仮想通貨リップル

仮想通貨の中でも決済を効率化することに焦点を置いたリップルは、他の仮想通貨と比べると特別な位置付けです。時価総額で上位3位に入るリップルですが、国内の仮想通貨取引所においても、いまだリップルを取り扱っていない取引所も存在しています。

今回はリップルに興味があり購入を検討している方向けに、国内におけるリップルの取引所とそれぞれの特徴について解説いたします。

リップルを取り扱っている取引所は3つ

リップルの通貨単位は「XRP」です。2017年10月7日現在、リップルの価格は1XRP当たり26.35円(*)。

*…Cryptocurrency Market Capitalizations:https://coinmarketcap.com/ja/より参照。

現在、リップルを取り扱っている国内の取引所は3箇所になります。ビットポイントは金融庁に申請しているのみで、まだリップルの取扱いをしていません。(実装は8月予定でしたが、まだのようです。)

以下でそれぞれの取引所の特徴を紹介します。

Coincheck

 

https://coincheck.com/ja/

「Coincheck」ではリップルは日本円またはビットコインで購入可能です。メイカー、テイカー共に手数料が0%(無料)であるのがポイント。特にリップルのテイカー手数料が0%なのは、現状ではcoincheckのみになります。

日本円での入金方法は銀行振込、コンビニ入金、クイック入金と幅広く選択することが可能です。銀行振込の場合は振込手数料のみ、コンビニおよびクイック入金は3万円未満だと756円、3万円以上は1000円かかります。

自分のウォレットから入金したり、他の取引所からリップルを入金したりする場合は手数料が発生しません。

出金手数料は日本円の場合、金額不問で400円となっています。自分のウォレットに出金したり、リップルを他の取引所に出金したりする場合は、0.15XRPの手数料が発生します。

coincheckで入金用アドレスを作成する場合、最初の20XRPの入金が、アカウントを有効化する手数料として残高から引かれます。

コインチェックに入金する方法。反映までにかかる時間は?はじめに引用:https://coincheck.com/ja/ コインチェックは日本で最大のビットコイン取引所(Bitc...

ビットバンク

https://bitbank.cc/

「ビットバンク」ではリップルの購入は日本円のみ可能です。手数料マイナスキャンペーンを行っており、メイカーでのリップルの取引時はマイナス0.05%となっております。テイカーの場合は0.25%かかります。

リップルの場合、ビットコインの0.5%と比較して手数料は半額。日本円での入金方法は銀行振込のみとなっており、振込手数料は負担することになります。

自分のウォレットから入金したり、他の取引所からリップルを入金したりする場合は手数料が発生しません。この場合、最低0.1XRPからの入金になります。

出金手数料は日本円の場合、3万円未満は540円、3万円以上は756円となります。自分のウォレットに出金したり、リップルを他の取引所に出金したりする場合は、0.15XRPの手数料が発生します。

ビットバンク(bitbank)の評判は?手数料やその使い方を調査国内の仮想通貨取引所「bitbank」出典:https://bitbank.cc/ ビットコイン(Bitcoin)やイーサ...

ビットトレード

https://bittrade.co.jp

「ビットトレード」はビットバンクと連携している取引所で、ビットバンクでの本人確認が完了している場合は、ビットトレードでの本人確認は省略することが可能です。

リップルの購入は日本円のみ可能です。メイカーの場合は手数料が0.25%、テイカーの場合は0.45%かかります。ビットバンクとは逆に、ビットコインよりもリップルの方が手数料が高いという特徴があります。

日本円での入金方法は銀行振込のみとなっており、振込手数料は負担することになります。自分のウォレットから入金したり、他の取引所からリップルを入金したりする場合は手数料が発生しません。

出金手数料は日本円の場合、金額不問で648円かかります。自分のウォレットに出金したり、リップルを他の取引所に出金したりする場合は、0.15XRPの手数料が発生します。

FAQは読みやすく、分かりづらい専門用語も含めた解説が記載されているので、それらを目的に登録するのはアリでしょう。

BitTradeどんな取引所?特徴や取扱仮想通貨、手数料のまとめ BitTradeについて詳しく知りたい BitTradeってどんな取引所?取り扱ってるコインって、手数料ってどれくらい?初心者だけ...

リップルの3つの取引所を徹底比較

リップルを取り扱っている3つの取引所の特徴を表にしました。

以下の通りです。

最初のリップル入金用アカウントの作成に20XRPかかることは難点ですが、それ以外の面ではCoincheckに軍配が上がりそうです。手早く取引を始められるコンビニ入金やクイック入金に対応しているのも魅力的ですね。

他のアルトコインの取扱いも豊富なので、リップル以外の仮想通貨への投資を検討しているならCoincheckがオススメです。

まずは取引所の開設を

今回はリップルを取り扱っている仮想通貨取引所と、それぞれの特徴について解説させていただきました。

現在、リップルを取り扱っている取引所はまだ少ないですが、ビットポイントを始めとして取扱いを予定している取引所も出てくると思われます。

その中でもCoincheckはビットコインやアルトコインの取扱いも豊富で、リップルの取引以外にも使える部分が大きいです。

いずれの取引所も本人確認には数日の時間がかかるため、リップルへ関心をお持ちの方は早めにアカウントの開設をしましょう。

関連記事