アプリ

iOSアプリ版bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)の使い方や特徴を解説

本記事では、国内大手仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)の提供するプロ向けの取引所「bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)」のスマホアプリ版について、その特徴や使い方などを紹介していきます。

スマホアプリ版bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)が公開!


引用:bitFlyerLightning

国内大手仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)が提供している仮想通貨FXの取引ツール「bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)」のスマホアプリ版が、iOS向けに「bitFlyerウォレットアプリ」内にて、順次公開されました。

同アプリでは、bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)のチャートや板の値動きをスマホ上で迅速に表示し、優れた操作性とトレードに関する情報も網羅している点が魅力とされています。

bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)とは?

bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)とは、国内大手仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」が提供するプロ向けの取引所であり、主に以下のような仮想通貨の取引を行う事が可能です。

  • BTC/JPYの現物取引
  • ETH/BTCの現物取引
  • BCH/BTCの現物取引
  • BTC/JPYのFX取引
  • BTC/JPYの先物取引

bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)ではBTC、ETH、BCHの取引が可能な上、「Lightning Futures」と呼ばれるサービスを用いてBTC/JPYでの先物取引を行う事も可能です。

また、同取引ツールでは下記画面のように大画面チャートにして売買する事ができ、単純な価格推移だけではなく、あらゆるテクニカル指標を使ってチャートを分析する事もできます。

チャートを分析する為の代表的なテクニカル指標には「単純移動平均線(SMA)」「指数平滑移動平均線(EMA)」「ボリンジャーバンド(Bollinger Band)」などがありますが、それらの指標を見る為には同取引ツールを大画面表示し、右上にある「設定」をクリックして、「Overlays」を開きます。

すると、以下のようにそれぞれ項目が出てくるので、そこからタブを開いて様々な指標を表示させる事が出来ます。

【図解】仮想通貨チャートの見方や分析、予測方法を初心者向けに徹底解説「買えば儲かる」というフェーズの終焉2017年に空前の盛り上がりを魅せた仮想通貨ですが、その状況は日々変化しており、あらゆる投資...

なお、2018年12月10日現在、bitFlyerは金融庁より業務改善命令を受けており、それに伴って新規登録を一時的に停止しています。

ビットフライヤー(bitFlyer)の使い方や手数料・入金・出金を解説国内大手の仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)仮想通貨へ投資する際には「仮想通貨取引所」を利用する必要がありますが...

スマホアプリ版bitFlyerLightningはiOS版のみでAndroid版は開発中


引用:bitFlyerLightning

このスマホアプリ版bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)は、以前同社による抽選で当選したユーザー100名を対象として、抽選者の中から「先行限定公開」がされていましたが、現在はiOS版にてbitFlyerのウォレットアプリが一般公開されています。

また、現在Android版は開発中とされており、それもiOS版に続いて順次公開される予定となっています。

スマホアプリ版bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)の特徴

bitFlyerLgihtning(ビットフライヤーライトニング)のスマホアプリは「快適な操作性」「トレード情報を網羅したインターフェイス」「チャートや板の値動きの表示の迅速性」等が特徴だとされています。


引用:bitFlyer公式Twitter

なお、同アプリでは板情報を確認しながら取引が行える点も特徴の一つであり、従来のデスクトップ画面に引けを取らないような設計となっています。

スマホアプリ版bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)の使い方

bitFlyerLgihtning(ビットフライヤーライトニング)のアプリ画面は、bitFlyer(ビットフライヤー)のウォレットアプリ内から開く事ができますが、以下の画面の通り、「Lightning」をタップして各通貨ペアを選択すると起動します。(※2018年12月10日現在は「BTC/JPY(現物)」「BTC/JPY(FX)」のみに対応)


自身が取引した通貨を選択した後は以下の取引画面へと移るので、板取引をしたい場合は以下の赤枠をクリックしましょう。

すると取引板が表示されるので、以下の画面から取引板を見ながら「数量」「価格」を入力し、注文を行って下さい。

なお、取引板に表示されている価格をタップすると、そのまま価格が反映されるので便利です。

また、通貨の数量のみを指定して売買する際は「成行」をタップして注文を行って下さい。

そして「数量」や「価格」を予め設定したい場合は以下の赤枠内から設定して直ぐに注文を進める事も可能です。

その後は上記の画面の両サイドにある「買い」または「売り」をタップして注文を確定させましょう。

なお、フル画面でチャートを確認したい場合、以下のようにチャートをタップする事で表示出来ます。

スマホアプリ版bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)のまとめ

以上がスマホアプリ版bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)についてでしたが、同アプリはbitFlyerLightningを用いたFX取引をスマホでサクサクと行いたい方におすすめです。

アプリを利用する事で外出先でも手軽に、そしてスピーディーに取引を行う事が出来るので、気になる人は是非利用してみては如何でしょうか。

ABOUT ME
Kenta Fujii
Kenta Fujii
新卒で入社した大手金融機関では、主に広告の運用やマーケティングに従事。その後は11ヶ月で退職し、金融・フィンテック分野に特化したフリーライターとして活動中。
関連記事