取引所・販売所

Coincheck(コインチェック)のレバレッジ取引のやり方や手数料を解説|停止後再開するのはいつ?

本記事では、国内大手の仮想通貨取引所である「Coincheck(コインチェック)」のレバレッジ取引についての基本的な概要ややり方、手数料までを解説していきます。

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)とは?

引用:coincheck

Coincheck(コインチェック)とは、マネックスグループ傘下の「コインチェック株式会社」が運営する日本の大手仮想通貨取引所であり、2014年8月に設立されました。

【再開】Coincheck(コインチェック)の手数料や出金、口座開設について解説!本記事では、2018年10月30日に新規口座開設を再開した日本の仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」の取り扱い通貨や手...
Coincheck(コインチェック)アプリの使い方や売買、入出金の方法までを徹底解説!本記事では、国内大手の仮想通貨取引所である「Coincheck(コインチェック)」の提供しているアプリの使い方や売買、入金、出金について...

同取引所は2018年1月26日に約580億円相当の仮想通貨ネム(NEM)を不正に流出される盗難被害を受けましたが、その後マネックスグループの傘下となり、2018年10月30日より体制を万全に整えた形で新規口座開設が無事再開される事となりました。

coincheckの公式サイトはこちら!

Coincheck(コインチェック)ではレバレッジ取引がある!


コインチェックでは通常の現物取引以外にも「レバレッジ取引」を最大5倍までで行う事が可能です。※

※2018年12月20日現在、コインチェックのレバレッジ取引は新規建での取引を一時的に停止しており、安全性が確認され次第再開される予定です。(既にレバレッジ取引でポジションを保有している人は引き続き決済取引及び証拠金の振替入出金が可能)

レバレッジ取引とは?

レバレッジ取引とは、元手の資金を証拠金にして、その何倍もの資金を投資して取引する方法です。

そもそも「レバレッジ」とは小さな力で大きな力を働かせる「てこの原理」を指しており、この原理を用いたレバレッジ取引は現在FX取引などで主流な取引方法として利用されています。

なお、仮想通貨のレバレッジ取引で有名なのは海外取引所の「BitMEX」や「CryptoGT」などであり、BitMEXはレバレッジ最大100倍、CryptoGTは最大200倍まで可能となっています。

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)とは?特徴や登録方法を解説仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)とは?BitMEX(ビットメックス)とは、香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。 ...
レバレッジ200倍の取引所CryptoGTの特徴や登録方法や使い方を解説仮想通貨取引所CryptoGT(クリプトジーティー)とは?引用:CryptoGT CryptoGT(クリプトジーティー)とは、...

Coincheck(コインチェック)のレバレッジ取引はロング(買い)とショート(売り)の両方が可能

コインチェックのレバレッジ取引では買いから入る「ロング」と、売りから入る「ショート」の両方のポジションを持つ事ができます。

基本的に現物取引では「安く買った通貨を高く売る」といった「ロング(買い)」が主流ですが、「ショート(売り)」とは、将来値下がりすると判断した通貨を「高い時に売って安い時に買い戻す」方法です。

※詳しくは以下の記事で解説!

仮想通貨のショートとは? 空売りのやり方から注意点まで徹底解説まだ仮想通貨市場で稼ぐことは出来ます2018年になり、仮想通貨は2017年のような爆発的な値上がりは見られなくなり、市場は落ち着...

ロングとショートを使い分ける事によって、相場が下がっている時でも利益を獲得できるチャンスがあり、買いと売りの両方を持つ事でリスクの軽減効果にも期待する事ができます。

Coincheck(コインチェック)のレバレッジ取引は停止中で再開準備中

2018年12月20日現在、コインチェックのレバレッジ取引は新規での取引を一時的に停止しています。(既にレバレッジ取引でポジションを保有している人は引き続き決済取引及び証拠金の振替入出金が可能)

Coincheck(コインチェック)でのレバレッジ取引はまだできない

コインチェックは2018年10月30日に新規口座開設の再開を発表し、その後の11月26日には全ての仮想通貨の入金・売買の再開も発表しましたが、現状新規建でのレバレッジ取引はまだできないとされています。

Coincheck(コインチェック)でのレバレッジ取引の再開はいつになるのか

2018年12月19日、金融庁はコインチェックを正式な仮想通貨交換業者として認可する方針を固めた事が日本経済新聞によって発表されました。

これによってコインチェックはみなし業者から脱退し、まだ再開準備中となっていた「アフィリエイト」や「新規のレバレッジ取引」の再開も間近なのではないかという見方もあります。

https://twitter.com/junmaru_btc/status/1075316339256905729

なお、今後の新規建レバレッジ取引の再開については、コインチェックの公式情報をチェックしておいて下さい。

Coincheck(コインチェック)でのレバレッジ取引のやり方

では、以下よりコインチェックでのレバレッジ取引のやり方を解説していきます。(※コインチェックでのレバレッジ取引は現状スマホアプリからは行う事ができません。)

資金の振替を行う

まずはPCからコインチェックにログイン後、取引アカウントから「振替」をクリックします。

そして次に振替先を「レバレッジ」に変更して、自身の入金している日本円を移動して、振替を完了させて下さい。

なお、新規のレバレッジ取引の注文は「ビットコイン取引所」と「トレーディングビュー」の2つから行えます。

※2018年12月20日現在、コインチェックのレバレッジ取引は新規建での取引を一時的に停止しており、安全性が確認され次第再開される予定です。(既にレバレッジ取引でポジションを保有している人は引き続き決済取引及び証拠金の振替入出金が可能)

ビットコイン取引所から新規のレバレッジ注文を行う

ログイン後、下記の赤枠内にある「取引所」を選択して下さい。

その後、上述した振替にてレバレッジ取引の証拠金が備わっている場合は取引所内の「レバレッジ取引」の欄が表示されます。


※イメージ画像はcoincheckより引用

上記の画面上の「レート」「注文量」を入力すると、下の「必要証拠金」に自身が準備する必要のある証拠金が提示され、その算出式は以下となります。

レート×注文量/レバレッジ倍率(最大5倍)

 

また、「注文量」の下に表示されている「%」は「証拠金の何パーセントを利用するのか」を表しており、仮にここで50%を利用して注文すれば、自身が入れている必要証拠金の50%がレバレッジ取引で利用されます。

トレードビューから新規のレバレッジ注文を行う

次に「トレードビュー」からレバレッジ取引を行う方法ですが、ログイン後以下の赤枠内にある「トレーディングビュー」を選択して下さい。

すると以下のようなトレーディング画面が表示されます。

ここで取引ペアを「BTC/JPY」に設定し、右にある「レバレッジ取引」を選択します。

その後は「レート」「注文量」を入力し、そこから算出される「必要証拠金」を確認して注文を確定させましょう。

証拠金維持率とロスカットについて

また、コインチェックのレバレッジ取引では証拠金維持率が50%を下回るとその取引が強制決済(ロスカット)される場合があるので、メリットだけではなくデメリットもある点を頭に入れておきましょう。

なお、証拠金維持率については以下の計算式から算出できます。

証拠金維持率=

純資産/((ポジション相当額+未約定の注文金額)/レバレッジ倍率)

※純資産=証拠金+ポジションの含み益

レバレッジ取引は自己資金以上の金額で取引を行う為、現物取引よりもリスクが高くなります。

なので、あらかじめデメリットやそのリスクについてをしっかりと覚えておきましょう。

Coincheck(コインチェック)のレバレッジ取引にかかる手数料

コインチェックでのレバレッジ取引にかかる手数料に関しては、取引手数料はキャンペーン開催中(※2018年12月21日現在)で全て無料となっていますが、それとは別にレバレッジ取引でポジションを保有すると発生する「スワップ手数料」が掛かります。


スワップ手数料とはレバレッジ取引にて約定(注文)してから決済が完了するまで1日毎に支払う手数料の事であり、コインチェックではロングポジションで「取引金額(円)×0.04%」、ショートポジションで「取引金額(円)×0.05%」が掛かります。

なので、レバレッジ取引を行う際はこの「スワップ手数料」をしっかりと考慮するようにしましょう。

Coincheck(コインチェック)でレバレッジ取引を行おう!

以上がコインチェックのレバレッジ取引についてでしたが、レバレッジ取引は自分の資金以上の取引が行える点が魅力的です。

特に「買い」だけではなく「売り」から入る事もできるので、下落相場に賭けて利益を得られる旨味も備わっています。

なので、レバレッジ取引が気になる方は、是非コインチェックにて検討してみてはいかがでしょうか。

coincheckの公式サイトはこちら!

【再開】Coincheck(コインチェック)の手数料や出金、口座開設について解説!本記事では、2018年10月30日に新規口座開設を再開した日本の仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」の取り扱い通貨や手...
Coincheck(コインチェック)アプリの使い方や売買、入出金の方法までを徹底解説!本記事では、国内大手の仮想通貨取引所である「Coincheck(コインチェック)」の提供しているアプリの使い方や売買、入金、出金について...
ABOUT ME
Kenta Fujii
Kenta Fujii
新卒で入社した大手金融機関では、主に広告の運用やマーケティングに従事。その後は11ヶ月で退職し、金融・フィンテック分野に特化したフリーライターとして活動中。
関連記事