ニュース・速報

Waves(ウェーブス)が高騰し22位に!その最新情報とは?今週のアルトコイン(12/10〜16)

今週(12/10〜16)も様々なアルトコインが高騰を魅せましたが、中でも最新トピックが多く発表された「Waves(ウェーブス)」の高騰が目立ちました。
では、以下より今週の爆上げアルトコインについて紹介していきます。

今週の仮想通貨市場は1,000億ドル台へと下落

11月中旬以降一向に右肩下がりとなっている仮想通貨市場ですが、今週は更にその下落の幅が広がり、遂にその規模は2018年8月ぶりとなる1,000億ドル台にまで下落しました。


引用:coinmarketcap

2018年も残り2週間となってしまいましたが、今年の仮想通貨市場は現在にかけておよそ80%の下落となっています。


引用:coinmarketcap

これらの結果から、年内に昨年12月のような市場の盛り上がりが来る事への期待は夢のままで終わってしまうかもしれません。

【時価総額2位〜100位】今週のアルトコイン上昇率ランキング

なお、今週1週間(12/10〜16)は上位通貨のほとんどが下落を魅せましたが、その中でも一部の下位通貨で大きく上昇したものもありました。


引用:Coin360

また、今週上昇を魅せた時価総額2位〜100位のアルトコインをランキングで表すと以下の通りです。(※数値はいずれも12/10〜16 午前11時頃までの計測)

今週の上昇アルトコイン
  1. DEX(DEX) +87%
  2. TenX(PAY) +81%
  3. Waves(WAVES) +50%
  4. Dentacoin(DCN) +40%
  5. BitcoinPrivate(BTCP) +28%

では、その中でも上位に食い込んで来た期待の仮想通貨「Waves(ウェーブス)」の最新情報や価格推移などを紹介していきます。

仮想通貨Waves(ウェーブス)が時価総額22位にまで高騰

Waves(ウェーブス)は2018年12月以降右肩上がりの価格推移を魅せており、今週は+50%の高騰となりました。


引用:coinmarketcap

このWavesは分散型プラットフォームを構築し、ブロックチェーン上で独自のトークンを発行したり、分散型取引所(DEX)を利用したりできる機能を持っている事が特徴的です。

仮想通貨Wavesとは。 ICOやDEXを支える次世代プラットフォーム仮想通貨Wavesとは 引用:https://wavesplatform.com Waves(ウェーブス)とは、分散型ブロッ...

Waves(ウェーブス)のモバイルウォレットがアップデート


引用:Waves公式ブログ

12月3日、Wavesは専用のモバイルウォレットアプリのアップデートを発表しました。

同アプリは「仮想通貨のウォレット機能」と同時に「分散型取引所(DEX)機能」も兼ね備えており、資産の入金や交換、出金などを全て行う事が可能です。

なお、今回のアップデートによって主に以下のような改善が行われ、一層ユーザーにとって機能性や安全性の高いウォレットアプリとなりました。

  • セキュリティの強化
  • スパム保護の追加
  • 10の言語をサポート
  • UI/UXの再構築

このWavesのアプリはApp StoreGooglePlayからインストールする事が可能であり、実際にインストールしてみると、日本語にも対応されており、シンプルで使いやすい設計となっていました。

Waves(ウェーブス)のメインネットに「スマートアセット」などの新機能がリリース


引用:Waves公式ブログ

12月13日、Wavesはメインネット上で「スマートアセット」「スマートアカウントトレーディング」といった2つの新機能を発表しました。

「スマートアセット」とは、Waves上の「スマートアカウント」だけでは処理する事が不可能なトランザクションの転送などを行う事ができる機能であり、「スマートアカウントトレーディング」とは、スマートアカウント上から各通貨の取引が出来る機能です。

スマートアカウントとは?

Waves上の「スマートアカウント」とは、Wavesのアカウントに添付されたスクリプトの事であり、それによって各トランザクションの検証を行う事ができる。

もともとWavesのスマートアセットは2018年11月にテストネット版でリリースされていましたが、今回無事メインネット版でもそれがリリースされた事によってWavesプラットフォームの機能性向上が一層期待されるようになりました。

Waves(ウェーブス)のチャートと価格推移

Waves(ウェーブス)が現在最も多く取引されているのは世界最大規模の取引所である「Binance」ですが、以下のチャートの通り、Wavesのモバイルアップデートが発表された3日以降、そしてメインネットへの新機能追加が発表された13日以降はいずれも高騰している事が分かります。(※チャートはWAVES/BTC)


引用:Binance

なお、Wavesはトレンド転換を魅せた11月20日以降、およそ200%の上昇となっており、悲観的な全体の仮想市場とは相反的な動きが目立っています。


引用:Binance

 

Waves(ウェーブス)は進化を続けている

今週も引き続き悲観的な相場が続いた仮想通貨市場でしたが、一方でWavesのようなプロダクトのロードマップを着々と進めているプロジェクトは時価総額の底上げに成功しています。

なお、Wavesは世界各地でのミートアップも開催しており、11月はオーストラリア、カナダ、バルセロナ、ポルトガルなどでミートアップを開催しました。


引用:Waves公式ブログ

今後もWavesの新たなプロジェクト進捗やアップデート等が発表されれば、大きく価格が動くかもしれません。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。
関連記事