ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコインの様々な使い方。ギフト券交換や実店舗での決済も可能に

ビットコインの様々な使いみち

昨今、話題のビットコイン(bitcoin)。投資目的で購入を検討されている方も多いかと思いますが、ビットコインには他の使い道もあるのです。

Visaのプリペイドカードにチャージすれば、Visa加盟店で使うことができますし、ギフト券などのアイテムに交換することもできます。また、ビットコインを支払いに使える実店舗も増えてきています。

本記事では私たちの生活に役立てたビットコインの使い方を解説します。まるで普段使っているお金のように、ビットコインを役立てみてください。

ビットコインの使い方と手順

ビットコインは、取引所などを通して購入したあと、ウォレットに保管されます。買い物にビットコインを使うときは、普通の財布のように、ウォレットから支払われます。

一般的な買い物と違うところは、支払うためのアプリが必要だったり、実際の店舗ではまだ支払いできる店が限られているということです。

それでは以下で、ギフト券やアイテムと交換する場合と、実施の店舗で決済に使う場合の手順をそれぞれ見ていきましょう。

ギフト券・アイテムへの交換

bitFlyer(ビットフライヤー)

大手取引所ビットフライヤーであれば、ビットコインを使用してAmazonのギフト券やアイテムとの交換が可能です。すでにビットフライヤーに口座をお持ちなら、ほかに登録が必要がない上、ビットコインを送金したり手数料を支払う手間が省けるので便利です。

手順としては、まず、ビットフライヤーの会員サイトにログインして、トップページの左サイドバーから「ビットコインを使う」を選択します。

するとビットコインで交換できる商品や、アマゾンのギフト券が表示されます。購入目的の商品をチェックして、「ワンタイムパスを送る」のボタンをクリックすると、ビットフライヤーに登録してあるメールアドレスにワンタイムパスが送られるので、それをビットフライヤーの画面に入力して「支払う」をクリックすれば、アマゾンギフト券の「ギフトコード」が表示されます。

あとは、アマゾンのサイトで、ギフトコードを使って買い物をするという手順です。

多少手間がかかりますが、ビットコインの活用法の1つとしてはいいのではないでしょうか。

また、アイテムの交換の場合は、注文した商品はビットフライヤーのアカウントに登録されている住所へ、一週間以内で届けられます。ただし配送は日本国内限定なので、ご注意ください。

amaten(アマテン)

アマゾン以外のギフト券もお求めの場合は、amaten(アマテン)がお勧めです。

アマテンは、日本で運営されている会社で、ギフト券を出品したい人と購入したい人の結ぶ仲介サイトです。ここで取り扱っているギフト券は、「楽天ポイントカード」「iTunesカード」「GooglePlayカード」「LINEプリペードカード」「DMMプリペイドカード」「WebMoney」など、数多くのギフト券を取り扱っています。

ただこのサイトでギフト券を購入するには、アマテンに登録しなくてはいけません。アマテンのサイトで個人情報を登録すると、仮登録のメールが届くので記載されてあるURLをクリック。その後、携帯電話認証を行うという三つのステップで完了です。

アマテンのメリットは、15%ほどの割引価格で買える上に、ビットコインだけではなくて、モナコインでも決済ができるところです。ギフト券のみを購入するなら、アマテンがお得で使いやすいでしょう。

実店舗での使い方

まだまだ数が多いとは言えませんが、ビットコインで支払いのできる実店舗も確実に増えてきています。

「生活で使えるビットコイン」を目指して、店舗決済システム「bitWire Shop」を開発したビットフライヤー。このシステムを利用することにより、ビットフライヤーのアカウントにビットコインの入金を済ませれば、実店舗での決済が可能になります。決済時には、ビットフライヤーのアプリを立ち上げ、QRコードを利用して支払いを行います。

実店舗の先駆けとして有名なのが、大手家電量販店のビックカメラでしょう。旅行業界では、旅行会社H.I.S.でも、ビットコイン決済を導入しています。それでは、各店舗での支払い方法を見ていきましょう。

ビックカメラ

まずは、ビットフライヤーのアプリを起動して、表示された画面から「QRコード」をクリックします。

つぎに、買いたい商品を持ってレジへ進み、ビットコインで支払うことを伝えます。すると、店員がQRコードを見せてくれるので、それを読み取ります。支払い完了の表示が出て、支払い終了です。

QRコードを読み取ってから支払いまでの時間は、瞬時の業、あっという間の出来事です。

注意すべきことは、ビットコインの支払いに対応しているレジが決まっているので、それを事前にチェックすることと、支払い限度額が10万円までとなっているので、その金額を越す高額商品は買えません。

その点を考慮に入れて、bitFlyerのアプリを立ち上げるという手間さえ惜しまなければ、支払いはスムーズにできます。

旅行会社H.I.S.

旅行会社H.I.S.では、都内9拠点38店舗で、ビットコインでの決済ができるようになりました。決済方法は、ビックカメラと同じで、ビットフライヤーのアプリを起動して、QRコードを読み取り支払いを行います。

ビットコイン決済が可能な商品は、HISが取り扱う旅行パッケージのみで、一会計あたり200万円までと上限が決まっています。

H.I.S.は新たな市場の獲得と顧客に便利なサービスを提供する目的で、ビットコイン決済の導入に踏み切りました。旅行業界でビットコイン決済ができるのは、現在のところH.I.S.のみです。

ビットコインが使える店舗探しは「コインマップ」で

ビットコイン決済ができる店舗は、都内でも60店舗ほどと、まだ決して多くないのが現状です。しかし、その数は少しずつ増えており、前述した店舗に加えて、メガネスーパーやノジマ、天現寺ガーデンなど、飲食店や食品、インテリア雑貨などあらゆる業界で普及してきています。

どの店がビットコイン決済に対応しているのかをいち早く確認できるのが、「コインマップ」です。「コインマップ」なら日本国内に限らず、世界中のビットコイン決済のできる実店舗がわかります。

「コインマップ」のサイトを開くと、世界地図が現れます。ビットコイン決済ができる店が集中しているエリアは、赤く表示され、少なくなれば黄色へと変わり、どのエリアにお店が集中しているのかが一目でわかります。

また、目的の場所にカーソルを合わせてズームしていくと、かばんのマークが表示されるので、そこがビットコイン支払い対応の店舗となります。

英語表記というのは難ですが、店名から住所、その店のウェブサイトまで詳細に表示してくれるので、実店舗探しには便利なツールです。

ウォレットへのビットコイン送金の仕方

ビットコイン送金とは、あるウォレットから別のウォレットへビットコインを送ることをいいます。

ウォレットが持っている情報は、三つあります。

・秘密鍵(プライベートキー)

・公開鍵(パブリックキー)

・ビットコインアドレス

秘密鍵を元に公開鍵を作り、公開鍵からビットコインアドレスを作るのですが、そのビットコインアドレスが、銀行の口座番号と同じ役割をします。

ビットコインの送金は、まず、送金相手に、送金のリクエストを送ります。「自分のウォレットから、○○さんのビットコインアドレスに××BTCを送りたい」のように連絡するのです。

そして、その送金内容を秘密鍵を使って暗号化します。その暗号化された送金内容をP2Pと呼ばれるネットワークに送り、送金の実行を依頼すると、送金が完了します。

ビットコインの出金方法

ビットコインを換金する最も簡単な方法は、取引所でビットコインを売却することです。売却方法は取引所によって違いますので、ここではビットフライヤーでビットコインを売却する方法を説明します。

ビットフライヤーでビットコインを換金する手順

1.送金手続き

ビットフライヤーの会員サイトにログインして、トップページの左サイドのメニューから、「入出金」を選択します。新しいウィンドウが立ち上がるので、その中から「BTCお預入」をクリック。

現在のビットコイン残高とともに、「お客様用ビットコインアドレス」が表示されますので、このアドレスに対してビットコインを送信します。

2.ビットコインの売却

次に、ビットフライヤーのトップ画面に戻り、メニュー表示から「ビットコイン取引所」を選択します。すると、取引所の売却画面が出てきますから、注文状況を示した表の下、発注画面に売却したい数量を「数量(BTC)」の部分に入力します。

注文状況を示す板情報には、価格が緑と赤で示されています。赤が買い注文の一覧になるので、赤文字の一番上の数字が、現在、ビットコインを売却する時の高値ということになります。

発注画面の売却したい数量と価格を確認した後、緑色の「コインを売る」をクリックすれば、売却が完了したことになります。

【売却時の注意点】

売却時に注意すべきなのは、板情報の一番右側のBid数量の部分です。売り手は板情報に買値と同時に、買い取れる数量も提示しています。その買い取れる数量がBid数量です。

もしも売りたいビットコインが、その数量よりも多い場合、残りのビットコインは、板情報の売り希望の欄、つまり緑文字で記載されます。

一人の買い手に希望するビットコイン数量のすべてを売り切れなかったら、板情報から別の買い手を選んで売るのがいいでしょう。

3.円を銀行口座に出金

最後に、円を銀行口座に出金する手続きです。ログイン後のトップ画面に戻り、メニューから「入出金」をクリックして、次の画面から「日本円ご出金」を選びます。

すると、登録済みの銀行口座の情報が表示されますので、銀行口座を選択します。「ご出金額」の欄に、出金額を入力して、「日本円を出金する(取り消し不可)」をクリックすると、指定の銀行口座に出金されます。

通常は、翌銀行営業日までに出金は完了しますが、平日の午前1130分までに手続きを済ませると、当日中に出金も可能です。

各取引所でのビットコインの使い方

ビットフライヤー

ビットフライヤーでは、ビットコインの売買の他にも増やしたり、もらったりと、様々な方法でビットコインを使うことができます。

ビットコイン建てのクラウドファンディングができますし、「ビットフライヤーライトニング」では、「ビットフライヤー FX」というビットコイントレードもできます。土日でも日本円や米ドルなどと取引ができるのが、FXと違う点です。

ビットフライヤーのマイページ内の特設ページでは、バナー経由で買い物したりサービスを申し込むことができて、支払い金額に応じて、ビットコインをもらえるサービスもあります。

bitFlyerウォレット

取引所のウォレットの安全性を心配する方も多いと思いますが、ビットフライヤーはセキュリティ面で万全の対策を練っています。

不正アクセス対策に、自社オリジナルのビットコインデーモンを開発しています。既成のセキュリティシステムの脆弱性を考えるのなら、オリジナルのセキュリティの方が安全というわけです。

また、アカウントの二段階認証設定をすれば、メールアドレスやパスワードをハッキングされて日本円で出金されても、最大500万円までビットフライヤーが補償してくれます。

ビットフライヤーのウォレットは、実店舗でのショッピングだけではなく、ビットコインの売買もでき、ビットフライヤーライトニングを使えば、現在のチャートの様子も一目瞭然。日本円の残高も同時に見られるので、売買のタイミングを見つけやすいのが特徴です。

その他の取引所

ZaifBitbankQUOINEXなどビットフライヤー以外にも、多くの取引所があります。

どの国内取引所も、ビットコインの売買やトレードなどのサービスを提供していますが、取引きにかかる手数料がやすかったり、取り扱いのあるアルトコインの種類が違うなど、それぞれ特徴があります。

ただビットコインの売買ができる上に、ビットコインをショッピングや決済で使える取引所は、今のところビットフライヤーだけでしょう。

ビットコインがより身近な存在に

ビットコインは売買にとどまらず、ギフト券などのアイテムに交換したり、実店舗で決済に使ったりと、私たちの生活の中に徐々に広がりを見せています。

ビットコインの利用率がさらに高まれば、ビットコイン決済ができる店舗などもさらに増えることが予想されます。そうなれば、ビットコインはより身近なコインになるでしょう。

いずれビットコインで、私たちの生活の仕方も変わっていくかもしれません。