仮想通貨

仮想通貨とトークンの違い。両者を分ける境界線とは

知識を深めるには「トークン」や「ICO」の理解は避けられない

仮想通貨への知識を深めていくと同時に、避けて通れないのが「トークン」や「ICO」といったキーワードです。

簡単に言えば、ICOにより発行されるものをトークンと呼びます。ただ、このトークン自体には明確な定義というものが存在しないため、理解しづらいところではあります。

そこで、トークンとは何なのか?ICOの意味やトークンと仮想通貨の違い、トークンのタイプについて分かりやすく解説していきます。

仮想通貨とトークンの違いはブロックチェーン技術にあった

トークンはICOによって発行されるものだと冒頭で解説しましたが、そもそもICOとは何なのでしょうか?

ICOとはIntial Coin Offeningの頭文字を取ったもので、主に企業や団体が新規事業の立ち上げに先立ち、資金集めとして独自の仮想通貨を発行することを表します。

言わば、仮想通貨版のクラウドファンディングといったイメージです。

そこで疑問になるのが、そもそも仮想通貨とトークンに違いはあるのか?という点です。

仮想通貨とトークンを分ける境界線とは?

結論から言うと、仮想通貨とトークンの違いはブロックチェーン技術にあります。ビットコインやイーサリアムを始めとする仮想通貨と呼ばれるものは、独自のブロックチェーン技術を持っています。

一方、トークンはこれらの仮想通貨で導入されているブロックチェーン技術を活用して発行している仮想通貨となります。

つまり、独自のブロックチェーン技術を持っているか、持っていないかが仮想通貨とトークンの違いを分ける大きな理由として位置づけられています。

これ以外にも仮想通貨とトークンの違いを分けるものがあります。それは、発行者と発行枚数の有無です。

発行者が自由に発行できるのがトークン

ビットコインとトークンを例に比較してみましょう。下記の表をご覧ください。

【ビットコインとトークンの比較表】

発行者

発行枚数

発行方法

ビットコイン

存在しない

発行枚数は決まった枚数が既にプログラムされている

マイニング(取引の承認作業)

トークン

企業や団体

発行者が自由に決められる

発行者への資金提供

上記の表の通り、ビットコインには明確な発行者は存在しません。さらに、発行枚数は定められており、プログラムに組み込まれています。

ビットコインを新規発行する方法は、マイニングのみに限定されていますが、トークンは企業や団体など発行者が決まっており、発行者への資金提供と引き換えに発行者が好きな枚数を発行することができます。

このように、発行者によって制限なく発行できるトークンは、一種の株式のようなものだと考えることができます。

仮想通貨とトークンを分ける2つのタイプとは?

仮想通貨とトークンの違いについて解説してきましたが、仕組み自体は大きな視点から見れば、仮想通貨と同じだとも考えられます。

仮想通貨とトークンの明確な違いについて理解したい場合は、この両者を分ける2つのタイプを把握しておきましょう。

カレンシータイプの仮想通貨

ビットコインを始めとする仮想通貨は、新規発行の手段としてマイニングのみと上記でご紹介しました。

このように、あらかじめ発行枚数がプログラムされていて、後から人間によって新規発行できないものを「カレンシータイプ」と呼びます。

また、カレンシータイプの仮想通貨の特徴として、通貨としての機能しか持っていないという特徴が挙げられます。

アセットタイプのトークン

カレンシータイプと相対的な位置づけにされているのがアセットタイプです。

アセットタイプは発行者が存在し、発行枚数を自由に決めることができるトークンの特徴を表すタイプです。

通貨としての機能しかないカレンシータイプとは違い、アセットタイプのトークンは通貨にプラスαした機能やサービス、アプリケーションが存在しているという特徴が挙げられます。

つまり、仮想通貨は純粋な通貨としての役割を目的として発行されているものであり、トークンは仮想通貨とは異なるサービスや機能などが付加されたものと考えられる訳です。

2018年おすすめの仮想通貨のトークンランキング

ここでは、日本国内で購入することのできるトークンを中心にランキング形式でご紹介していきます。

No.1 zaif(ザイフトークン)

国内大手の仮想通貨取引所の1つザイフを運営しているテックビューロ社が発行するトークンです。NO.5として後述するCOMSAとも強く関わりがあり、注目を浴びています。

20178月には大暴騰し、現在も下降気味ではありますが、ザイフ取引所が発行しているという信頼もあり、今後も期待できるトークンだと言えるでしょう。

Zaif(ザイフ )トークンとは?その将来性と今後の展開巷で話題のトークンとは仮想通貨関連のニュースでは、「トークン」という単語がよく登場します。代表的な仮想通貨にはビットコインやイー...

No.2 SBI(エスビーアイトークン:2018年度中に発行予定)

国内大手のSBI証券会社を抱えているSBI2018年度中にICOを実施することを発表しています。

SBI証券という知名度の高いブランドは、仮想通貨におけるトークン市場に大きな影響を及ぼすものと考えられるでしょう。期待を込めて、NO.2としてご紹介しました。

No.3 BNB(バイナンスコイン)

世界で最も知名度の高いバイナンス取引所が発行するトークンです。BNBを保有することで、バイナンス取引所における取引手数料が最大で50%割引になります。

さらに、仮想通貨全体の時価総額ランキングでは、トークンとしては異例とも言える25位(2018225日現在)にランクインしています。

引用:https://coinmarketcap.com/

BNBは今後も注目を集めるトークンの1つだと言えるでしょう。

バイナンスコイン(BNB)とは?その特徴とDEXによるBNBの将来性BINANCEの発行する取引所系トークンBNBとは?バイナンスコイン(以下よりBNB)とは、世界最大級の仮想通貨取引所BIN...

No.4 COMSA(コムサトークン)

COMSAを開発したのはZaifと同じテックビューロ社で、世界7位の調達額を短期間で達成したとして大きな注目を集めました。

また、日本ではお馴染みの堀江貴文氏がこのニュースについて発言したことで、価格が2日でおよそ4倍にも上がり、さらなる注目を浴びました。Zaifとの関わりもあり、今後ますますICOでの成功を収めていくことが期待されています。

国内でICOに成功したCOMSA(CMS)トークンの将来性と可能性ICOプラットフォーム「COMSA」とは?引用:COMSA公式サイトCOMSA(コムサ)とは日本発のICOプラットフォー...

No.5 NCXC(ネクスコイン)

NCXCは株式会社フィスコの関連会社であるネクスグループが発行するトークンです。

ネクスグループでは、「e-net」の国内外の旅行ツアーや、独自のファームで作られた野菜などの商品やサービスの購入が可能です。

こちらも今後期待が持てるトークンとして注目を集めています。

zaifトークンはどの仮想通貨のブロックチェーンを使用しているのか?

それでは本項より、No.1のZaifトークンに関して内容を掘り下げていきます。

zaifトークンは、ビットコインのブロックチェーンを使用して発行されている仮想通貨XCPの作成機能によって発行されています。

つまり、仮想通貨XCP(カウンターパーティー)の仕組みであるCounterParty(カウンターパーティー:仮想通貨とは別物)の独自で通貨を発行できる機能を使用して発行されたのがzaifトークンなのです。

この独自に通貨を発行できる機能を活用すれば、企業や団体でなくても個人でオリジナルの仮想通貨の発行が可能になります。

zaifトークンの入手方法に関してですが、トークンはそもそも発行者から発行されるものなので、ザイフ取引所でしか購入することができません。zaifトークンをザイフ取引所で購入すれば、売買やCOMSAのトークンセールで利用することが可能です。

今注目の仮想通貨のトークンセール

ここでご紹介するのは、今後注目を集めるであろうトークンセールを行う2つのICOです。

1つ目にご紹介するのは、先ほどのトークンランキングでNO.2に挙げたSBIで、もう1つはBlock Chain Store(ブロックチェーンストア)です。では、1つずつ解説していきます。

注目のICO① SBI

SBIは2018年の春に仮想通貨取引所「SBIバーチャルカレンシーズ」を開設することが決まっており、2018年度中にトークンも発行する予定です。

SBIは次の2種類のトークンを発行する予定です。

  1. サービスに裏付けられたトークン
  2. 資産に裏付けられたトークン

1つ目のトークンは、SBIの関連会社にあたる「SBIクリプトカレンシー」が運営するサービスや取引所などで利用することが可能です。

2つ目のトークンは、対象となる企業が持ち分を売却することによって得られた利益の一部を、配当金として分けることが検討されています。

SBI証券という大きなブランドがどこまで大きな影響力を持つのか、非常に注目が集まっているICOです。

注目のICO② Block Chain Store(ブロックチェーンストア:BCS

2つ目にご紹介するICOは「Block Chain Store」です。Block Chain Store」は201810月にVR(仮想現実)とAR(拡張現実)を駆使したブロックチェーンオンラインストアをオープンする予定です。

将来的にBCSトークンは、VRのショッピングストアでの決済が可能とも考えられ、VRARといった先進技術によってますますトークンの需要が高まっていくことでしょう。

どの視点から見るかによって仮想通貨とトークンの認識の仕方が変わる

仮想通貨とトークンの違いは、誰がどの視点から見るのかにもよって、認識の仕方が変わってきます。

例えば、マイニングを行うマイナーからすれば、トークンよりもマイニングによって新規発行できる仮想通貨の方が魅力的に思えるかもしれません。

一方、トークンの持つ様々な機能やサービスから新たなビジネスを始めようとする人にとっては、仮想通貨よりもトークンに魅力を感じることもあるでしょう。

仮想通貨にしても、トークンにしても、今後ますます発展していくことは間違いありませんので、両者への理解をより深め、その動向にも注目しておきましょう。

関連記事