ニュース・速報

リップルはビットコインよりも大人気!国内での保有額をJVCEAが発表

仮想通貨交換業の適正な実施、及び利用者の保護を目的とした一般社団法人「日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」は、国内の仮想通貨交換業者(みなし業者含む18社)の統計情報を公開しました。
JVCEA 統計情報

また、JVCEAの資料(2018年12月31日)の情報によると、2018年12月次で

  • 現物取引高:7774億円
  • 証拠金取引高:8兆4152億円

の取引高があると発表しました。

その中でも注目したいのが、現物での保有額です。

  • ビットコイン:656億円
  • リップル:989億円
  • イーサリアム:164億円

以上の保有額を見ても、国内ではビットコインよりもリップルが人気ですね。

現物取引高の情報を見ても

  • ビットコイン:4,051円
  • リップル:3,051億円
  • イーサリアム:300億円

リップルの取引高がビットコインに迫っています。

現物保有額に関しては、リップルの方が300億円以上も多いことをふまえると、リップルは国内で取引も活発、かつ中長期保有としても保有している人が多いことがわかります。

Googleトレンドの検索人気度を、日本と世界で比較してみました。

世界ではビットコインがダントツで検索結果が多い中、日本はリップルに関してビットコインと同じ程度検索されており、特に人気が高い通貨だということがわかります。

日本の検索人気度日本の検索人気度
世界の検索人気度世界の検索人気度

直近のリップルのニュースでは、アメリカのR3社が企業向けグローバル決済アプリ「Cordda Settler」の決済通貨として仮想通貨XRPを採用を決めました。

50を超える銀行がXRPによる取引決済の試験運用を行っているなど、XRPは金融機関のインフラ活用に期待が高まっています。

また、SBI北尾社長がリップルの展望を語るなど、日本でも今後活用されていくことに期待できますね!

【書評】SBI北尾社長著「これから仮想通貨の大躍進が始まる!」の要約と仮想通貨市場の今後本記事では、SBIホールディングスのCEOである北尾吉孝氏の著書「これから仮想通貨の大躍進が始まる!」の書評と要約、そして北尾氏の考える...

2019年度版のリップルの見通しや将来性を知りたい方はコチラをどうぞ。

【最新予想】2019年リップル(XRP)の価格はいくらになる?今後の見通しや将来性本記事では、専門家による仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の2019年の価格予想や将来性、そして今後の見通しまでを徹底的に解説して...

今回の国内取引所の統計情報のデータは以下の通り。

現物保有額(2018年12月次)

順位仮想通貨名シンボル現物保有額
1リップルXRP989億円
2ビットコインBTC656億円
3イーサリアムETC164億円
4ビットコインキャッシュBCH/BCC61億円
5モナコインMONA36億円
6ライトコインLTC14億円

基準日:2018年12月31日

現物取引高(2018年12月次)

順位仮想通貨名シンボル現物取引高
1ビットコインBTC4,051億円
2リップルXRP3,051億円
3イーサリアムETC300億円
4ビットコインキャッシュBCH/BCC213億円
5モナコインMONA76億円
6ライトコインLTC5億円
その他75億円

基準日:2018年12月31日

※注釈:以上情報については公開された現在での情報であり、変更・訂正される可能性があります

関連記事