ニュース・速報

ビットバンクが国内取引量シェア48%達成!国内現物取扱高1位に

仮想通貨取引所「ビットバンク」が本日、国内仮想通貨取引量の48%シェア達成を発表した。
一般社団法人「日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」公表統計資料より

ビットバンクがシェア48%達成!国内No.1取引所に

JVCEAでの資料では、2018年12月時点で、国内での現物取引高が7774億円と公表した。

そのうち48%にあたる3736億円の取引高が、仮想通貨取引所「ビットバンク」で取引された事を、ビットバンク株式会社が発表した。

また、仮想通貨交換業の国内18社(みなし業者含む)のうち、現物取扱高が事実上のNo.1であることも合わせて発表した。

ビットバンク株式会社 (代表取締役社長 : 廣末紀之、本社 : 東京都品川区) は、弊社が運営する仮想通貨取引所「ビットバンク」において、2018年12月の国内現物取扱高である7774億円のうち、48%にあたる3736億円の取扱高がございましたことをお知らせいたします。

一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の報告は、公表された内容において、ビットバンクの現物取扱高が国内18社(みなし業者含む)のうち事実上のNo.1であることを示しております。
引用先:プレスリリース

公式サイト:ビットバンク

JVCEAが発表した、現物取引高は以下になる。

現物取引高(2018年12月次)

順位仮想通貨名シンボル現物取引高
1ビットコインBTC4,051億円
2リップルXRP3,051億円
3イーサリアムETC300億円
4ビットコインキャッシュBCH/BCC213億円
5モナコインMONA76億円
6ライトコインLTC5億円
その他75億円

基準日:2018年12月31日

リップルはビットコインよりも大人気!国内での保有額をJVCEAが発表仮想通貨交換業の適正な実施、及び利用者の保護を目的とした一般社団法人「日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」は、国内の仮想通貨交換業者(...
関連記事