キャッシュレス

LINE Payとメルペイが提携 加盟店の相互開放し、QR決済促進の一歩に

LINE Pay メルペイ 提携

LINE Payとメルペイは3月27日、キャッシュレスの普及促進を目的とした業務提携に関する基本合意書への締結を発表した。本提携を通じ、今後は、LINE Payとメルペイにおける加盟店の相互開放、および、両者参加による加盟店アライアンス「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮称)」を推進していく。

業務提携の背景

現在、スマホの拡大とともに、急速に決済サービスが増え、キャッシュレス社会へ進んではいる。しかし、乱立に伴う加盟店の負担やオペレーションの煩雑化、ユーザーも複雑化した決済サービスで混乱を招く原因となっている。日本のキャッシュレス社会実現の大きなハードルとなっているのが現状だ。

そのような中で、LINE Payとメルペイは競合関係ではあるが、業務提携を行い、加盟店の負担軽減やユーザーにとって利便性の高い決済サービスとなるよう普及促進を進めていく。

提携合意内容

今回の業務提携を通じ、2019年初夏を目途にLINE Payとメルペイの加盟店を相互開放し、各サービスのユーザーが双方の加盟店で利用出来るようになる。

加盟店側としては、LINE Payかメルペイのどちらかを導入していれば、LINE Payとメルペイ、両サービスのユーザーを見込むことができ、導入負担軽減と多くの潜在的利用者の獲得が見込める。

利用ユーザーとしては、決済サービスを使える場面が増え、よりキャッシュレスが出来るようになり良いことづくめだ。

今後も、他の決済サービス事業者の参加を促し、パートナーシップを拡大していくとのこと。決済規格が統一され、今後も利用できる場面が増えることを期待してる。

プレスリリース

関連記事