キャッシュレス

楽天が「楽天ペイメント」を新設し、Pay Edy POINTをシームレスに

4月1日に楽天はグループ内のキャッシュレス決済事業を促進するために、組織再編を行いました。

楽天ペイメント 組織図
引用:楽天グループIRより

4月1日付で「楽天ペイメント株式会社」を設立し、「楽天Pay」「楽天Edy」「楽天POINT」を集約する形となりました。

楽天Pay リニューアル
引用:楽天グループIRより

楽天ペイアプリでは、3月18日にアプリリニューアルし、アプリ内で楽天Edy、楽天キャッシュ、クレジット、楽天ポイントなど、総合管理できるようになりました。そのようなアプリ間を超えたシームレスな環境を作るためにも、楽天ペイメントとしてサービスを集約したのでしょう。

楽天ペイ
引用:楽天グループIRより

筆者も今まで溜まっていた楽天ポイントをどこで使えばいいのか迷っていましたが、楽天ペイアプリ上で簡単に利用できるようになったため、これまでの悩みは解消されました。(うれしい!)

楽天ペイメント株式会社の代表取締役社長は、楽天カード株式会社の代表取締役副社長として活躍していた、中村 晃一氏が就任した。

楽天ペイメントの人事に関するお知らせ

昨今の楽天グループでは、バーコード決済の「楽天Pay」や仮想通貨取引サービスの「楽天Wallet(19年6月予定)」など、一気にキャッシュレスへ舵をきってきた印象ですね。

みんなのビットコイン→楽天ウォレットに!3月1日から取引所のロゴも変更「みんなのビットコイン株式会社」は2019年3月1日より、商号を「楽天ウォレット株式会社」に変更し、コーポレート・ロゴも変更したことを発...

LINE PayやPayPay、メルペイなど競合が立ちはだかる中、楽天グループ総出で力を入れている楽天Payは、ペイメント戦国時代を勝ち抜くことが出来るのでしょうか。楽天グループの今後の展開に期待しています。

スマホ決済は本当に安全?仕組みから読み解くメリット・デメリットスマホ決済は新たな選択肢へ普段のお買い物の決済方法に現金だけでなく、クレジットカードやデビットカードを使用する事がもはや常識とな...
関連記事