フィンテック

AppleCard(アップルカード)とは?そのメリットや最新情報について紹介

米Apple社によって、新たなクレジットカードとなる「AppleCard(アップルカード)」が遂に発表されましたが、それには一体どんなメリットがあるのでしょうか?

当記事では、AppleCardの概要やメリットなどの最新情報を紹介していきます!

AppleCard(アップルカード)とは?

引用:AppleCard

2019年3月25日、米Apple社は米大手金融機関であるゴールドマンサックスと協力し、同社の新たなクレジットカードとなる「AppleCard」を発行していく事を発表しました。

今回発表されたAppleCardは、ApplePay内に搭載されたデジタルカードと物理的なカードとの2つに分けられています。

Apple製品が好きな方にとって、このようなシンプルなデザインのカードはたまらないのではないでしょうか。

なんとそこにはカード番号も無く、素材はチタン製。Apple製品らしいシンプルなデザインとなっています。

AppleCardの公式サイトはこちら!

AppleCard(アップルカード)のメリットは?

ではAppleCardの主なメリットを見ていきます。

  1. ApplePayを使ってiPhoneから利用可能
  2. 最大3%のキャッシュバックがある
  3. 支出額などをiPhone上で確認できる
  4. 不正利用対策も徹底されている

AppleCardはApplePayを使ってiPhoneから利用可能

AppleCardは、iPhoneからアプリを通してキャッシュレス決済を行う事が可能なApplePayでも利用できます。

以下のように、AppleCardをiPhone上に搭載させてスマホからサクッと決済する事も可能です。

AppleCardは最大3%のキャッシュバック還元がある

なんと、AppleCardでは支払いに応じて最大3%のキャッシュバック還元があります。

その内訳はApple社の製品を購入する際であれば3%、ApplePayを経由したiPhone決済であれば2%、そして物理的なカードでの決済であれば1%となっています。

なので、ApplePayにAppleCardを搭載して日々の決済を行えば、常時2%のキャッシュバックは堅いと言えるでしょう。

さらに、AppleCardの魅力はその還元がポイントではなく「現金」だという所にあります。

例えば日本ではTポイントや楽天ポイントなどといった様々なポイントが還元される事も多いですが、それだとその利用範囲がポイントを使えるお店などに限られていました。

ですがAppleCardは全てが現金で還元されるので、その点還元を受けた分の活用範囲が広がります。

AppleCardによる支出額をiPhone上で確認できる

 

AppleCardでは、iPhone上で毎週の支出額をグラフ形式で確認する事も可能とされています。

なお、その支出額の内訳はカテゴリ別に分類され、「いつどこで何に使ったのか」が可視化される、言わば「家計簿」のような設計になっています。

その機能性はもはやクレジットカードだけに留まりません。

AppleCardは年会費無料で審査も不要!

さらに、AppleCardは年会費が無料でカード発行時の審査も不要とされています。

それだけでは無く、国際料金やキャッシング手数料もかからないとのことであり、本来のクレジットカードと異なり、ユーザーにとってより優しい設計となっているのです。

AppleCardは不正利用対策も徹底されている

AppleCardでは不正利用対策も徹底されており、カードを使って何かを決済した場合は即座に通知が届くようになります。

また、クレジットカードで利用されるセキュリティコードも自動生成される他、ApplePay上からそれを利用する際はTouch ID、もしくはFace IDが用いられるので、第三者に不正利用されない仕組みが徹底されています。

AppleCard(アップルカード)の評判は?

次にAppleCardに対するTwitter上での評判を見ていきましょう。

https://twitter.com/iwatarisa/status/1116532893059178496

AppleCard(アップルカード)はいつ日本でリリースされる?

このAppleCardは2019年夏にアメリカでリリースされる予定となっていますが、現状日本での対応については何も発表されていません。

今後日本でも上述した内容の通りでAppleCardが利用可能となるのかは不透明ですが、詳細は最新の情報を確認するようにしてください。

AppleCard(アップルカード)のまとめ

以上がAppleCardについてでしたが、もしこのAppleCardが日本で利用できるようになれば、もうiPhoneユーザーはAppleCard以外必要無くなるのではないでしょうか。

それくらい利便性の高いクレジットカードだと言っても過言ではないでしょう。

今後日本でいつリリースされるのか、そして上述したルールでカードが発行されるのかは不明ですが、もしも日本でリリースされるようになった場合、カードの入手が困難となる可能性もあり得ます。

なので、常に最新情報を追っておくようにしておきましょう。

AppleCardの公式サイトはこちら!

ABOUT ME
Kenta Fujii
Kenta Fujii
新卒で入社した大手金融機関では、主に広告の運用やマーケティングに従事。その後は11ヶ月で退職し、金融・フィンテック分野に特化したフリーライターとして活動中。
関連記事